人気ブログランキング |
ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

戦前の空気が戻ってきた。

政権が揺らいでいるようです。
二階幹事長が、記者会見で河井事務所への一億五千万の選挙資金調達に自分は関与していないと言いました。
同席の林幹事長代理が、選挙を仕切っていたのは当時の選挙対策委員長だと言いましたが、その人物こそ甘利元経産大臣でした。
一億五千万は安倍事務所の秘書がキャリーバッグで運んできたという当時の噂が事実なら実によく分かる話です。
安倍さんは甘利さんの斡旋利得罪を強権を使って不起訴にしたように二人は悪事を共有する一蓮托生の関係にありました。
安倍さんが広島の選挙に異常な関心を寄せたのは、同じ党でありながら対立候補の溝手さんがかって自分に言った発言を根に持っていたからだと言われています。
二人には阿吽の呼吸で通じるものがあって、それが一億五千万になったということではないでしょうか。
政治の実体なんて概ねそんな(恨み、妬み 嫉妬)ものでしょう。

政府が赤木ファイルの存在を認めたのも安倍封じではないかと言う人がいますが、いよいよ本丸に梯子がかかったということでしょうか。
ようやく年貢を納めるときがきたということならどんなに嬉しいか。


戦前の空気が戻ってきた。_c0243877_10141565.jpg


過日、なんで反ワクチンのデモがないのかと書きましたが、イギリスでは去年の9月ころから起きていました。
ニュースではロックダウンやマスクに反対するデモは報じましたが反ワクチンのデモを伝えることは禁じられていたのかもしれません。
イギリスはワクチン接種に異常なまでの情熱を注いでいます。
日本では考えられないのですが、女王や王子を接種キャンペーンにかり出しています。
さすが、DSの本場です。
安全性や効果に疑問を抱く人による反対運動が活発化していることにジョンソン首相は神経を尖らせています。
「反対論は筋が通っていない、議論に耳をかさないように」と言っていますが、議論もしてはいけないと言っているようなものです。
反対論者でなくても、異例の速さでできたワクチンの安全性に不安を覚える国民も少なくないということですが、日本ではそんな声も聞こえてきません。
デメリットや不安材料は完全に封じられています。
話題や議論になることもなく、戦争中に政治や戦争を批判できなかったの同じ空気になっています。
わずかに、接種して強い副反応がでた医療従事者がツイッターにそのことを投稿しているくらいで、その医療従事者もまた仕事なので他者に接種しなければなりません。
アメリカでも、オバマ、ブッシュ、クリントンの三人が自分たちが接種しているところを公開してワクチン推進に寄与したいと言っています。
まだ自分たちに影響力があると思っているようです。
ほんとうにイギリスはワクチン接種に血眼になっている感さえあります。
故フィリップ殿下やジョンソン首相が早々とコロナに感染したのも怪しく思えてきます。
ロイターなんかが、日本は接種率が低いと文句を言ってくるのには腹が立ってなりません。

英政府は誤情報や陰謀論には耳を貸すなと呼びかけています。
ワクチンの安全性に疑問を呈する意見は誤情報=デマらしいのです。
政府がメディアに誤情報の対策強化を要請したことに対して、なんと野党労働党はそれでは手ぬるい削除を義務付ける緊急立法が必要だと主張しているのです!
怖ろしい話です。
日本でも法律がないことを言い立てる人間(橋下徹など)がいますが、いまわたしたち国民は戦前戦中を追体験していると言ってもいいのではないでしょうか。



戦前の空気が戻ってきた。_c0243877_10164274.jpg









# by michi-no-yuri | 2021-05-18 10:22 | Comments(0)

宮内庁には無能な人間しかいないのか。

いまも小室親子を取り上げて批判するユーチューブが複数ありそのどれもがかなりの再生回数になっています。
それだけ関心があるということですが、わたしにしたら、もうそれだけ叩けば気が済んだでしょうという気持ちです。
マスコミもこの秋にでも結婚かとか、いつまでも結婚を前提に記事を書いていますが、そう書く方が面白いし売れるからでしょう。
わたしは初めからこの結婚はないと思っていましたから、どのような報道を見ても何とも思いません。

天皇陛下も秋篠宮殿下も、「多くの人が納得し喜んでくれるような状況になること」と同じことを言っておられます。
わたしは「結婚はできない」ということを婉曲に遠回しに言われたのだと受け取りましたが、宮内庁はそうではなかったようです。
だから、圭さんのあのような長い文書を書かせたのではありませんか。
長官が丁寧に書かれていて、よく理解できたと言ったことでも分かるように、天皇のお言葉を圭さんが説明を尽くし借金を返せばクリアできるとでも思ったようです。
なんと浅はかな考えでしょうか。
天皇がノーと言えないことや何もできないことも分らないのでしょうか。
天皇は、国民が納得し喜んでくれる状況ではないし、今後もそれはないと言われたのではありませんか。

真子さまと圭さんの婚約記者会見は唐突でしたが、当然国民は圭さんの人となりや家族関係も調べたうえで宮内庁はOKを出したと思うのではありませんか。
学生のときから始まっていたということですから、4年くらいの交際期間があったはずです。
宮内庁はその間何もしていなかったのですか。
あるいは秋篠宮殿下は自由な考えを持っておられてあくまで本人の意思を尊重されるだろうから大丈夫だとでも思ったのでしょうか。
天皇陛下(上皇陛下)が婚約を裁可されましたが、宮内庁は天皇にどんな報告をあげていたのでしょう。
申し分のない好青年でこれといった問題はありませんとでも報告したのでしょうか。
報告があがってくれば、たとえ疑念があったとしても天皇は裁可せざるを得ません。


宮内庁には無能な人間しかいないのか。_c0243877_10415109.jpg


誤解している人がたくさんいますが、天皇に拒否権はありません。
昭和天皇が東京大空襲を指揮したルメイ准将に勲章を授与したと悪意で拡散する人がいますが、昭和天皇が最後まで抵抗し、手渡しが通例の授与式をボイコットすることで反対の意思を貫かれたことをなぜ言わないのですか。
どこに行くか、だれと会うか、だれに勲章を授けるかはみんな内閣府で決めることです。
(個人的に会いたい人は別です)

昭和天皇のときには、侍従の口を通して天皇のエピソードが語られることがありました。
記者会見ではユーモアを交えて話されている姿をニュース映像で見たこともあります。
昭和天皇には、こころをひらいて気軽に話ができる臣がいたということです。
君臣水魚の交わりの関係があったということです。
しかし、平成の御代にはもうそんな臣はいませんでした。
そのことが真子さまの一件で露になりました。

天皇のお気持ちを推察して何かを言うということは畏れ多くて憚られることですが、だれかが言わないといけないことです。
だれも言う人がませんでした。
宮内庁長官には民間人がいいのではないかと思いましたが、名のある民間人にそのような適任者がいるとは思えません。
やはり、希望があるとしたら、それは名もなき人の中にあるということでしょうか。
上級国民の多くは、天皇制廃止を言う人以上に有害な存在です。
名もない人によって皇室が存続していくことを祈らずにいられません。


宮内庁には無能な人間しかいないのか。_c0243877_10425580.jpg











# by michi-no-yuri | 2021-05-17 10:45 | Comments(0)

人にはそれぞれ「やくわり」があるそうです。

産経新聞の社名の横に「朝の詩」という読者参加のコーナーがあります。
いつもはほとんど見ないのですが、きのうはたまたま目に入りました。
8歳の少年の「ぼくのやくわり」という詩です。

女子は
先生の味方やから
みはってくるし
すぐ「先生にいう!」
つていうし
おこられたら すぐなくし
メッチャはらたつ

でも
男の子は女子をまもらなあかん

ママにいわれた

わたしはこのお母さんはいい教育をしているなと思いました。
男は女を守り、大人は子どもを守り、若者は老人を守るという不文律が壊れた世界をわたしは想像ができません。
動物ですらありません。
わたしは災害のたびに男の人が救助に当たっている姿をたのもしいな、かっこいいなと思っていつも感謝の気持ちで見ているのですが、いくらジェンダーの世とは言えこれが変わることは考えられません。
女性にも怪力の持ち主はいますが基本的に女性は非力です。
夫は若いころから折れそうなへなへなな体をしていますが、それでも力はわたしの何倍もあります。
女性が戦闘機や潜水艦に採用されるのは、体力とは別の能力に優れていたからではないでしょうか。


人にはそれぞれ「やくわり」があるそうです。_c0243877_10080943.jpg


男性にとって弱い者を助けるのは喜びではありませんか。
守ることは喜びであり、守られることに幸せではありませんか。
わたしはこの不文律が壊れることはないと思ってきましたが、LGBTが法で認められるとどうなるか分かりません。
最近、映画「タイタニック」が放映されていましたが、もしジェンダーが言うように性は自分が決めるということになれば、助かるために自分は女だと言いだす男が表れないとも限りません。
なぜ、女子どもを優先して助けるかと言えば、弱いからの一言に尽きます。
この不文律がなくなると世界は崩壊します。
いのちの選別が始まり、地位の高い者、富裕な者、才能のある者(ナチスではそうでした)が優先されることになります。
バカな女を助けるよりその方が社会にとって有益であり合理的だということになれば世界はどうなるでしょう。

雪山で遭難した人間を助けるために、吹雪のなかヘリから降下した救助隊員が遭難者に「こっちだっていのちがかかってるんだ」と𠮟りつけるように言っていましたが、それでも救助に行かなければいけないのです。
見捨てることはできないのです。
そうでない母親もたくさんいると思いますが、母親は命懸けで子どもを守るものということになっています。
そういう「タテマエ」になっています。
この「タテマエ」が倫理の根底を支えているから、なんとか社会は持っているのだと思いますが、LGBTはそのタテマエに挑戦状を突き付けているように思います。
なんで世の中から喜びや幸福感や感謝がなくなっていったのでしょうね。


人にはそれぞれ「やくわり」があるそうです。_c0243877_10083803.jpg











# by michi-no-yuri | 2021-05-15 10:13 | Comments(0)

この狂気を止められるのは

世界がどんどん狂っていくようで怖くなる。
国民が信頼を寄せる者が国民を裏切るのです。
関東軍の例を持ち出すまでもなく、政治家も軍人も学者も商売人もいつも国民を見捨てます。
良心など初めからないのかもしれません。
過日問題になった「日本学術会議」には、臨床医学、基礎医学、薬学初め各分野の権威がたくさん在籍していますが、何もコメントがありません。
いま、声明を出さずにいつ出すのですか。
「学術会議」はあなたたちの権威づけのためにあるのではありません。

けさ、ニュースでバイデンがいい知らせがあると言っていてなんだろうと思ったら、ワクチンを打った人はマスクをしなくてもいいということでした。
前にも言いましたが、打ったという証明は自己申告でいいのですか。
こういうところから人間の選別が始まり世界が狂っていきます。
一旦狂いだしたら歯止めが効かないことは歴史が証明ししています。
そのためにも一刻も早い感染の収束が待たれるのですが、おそらくそうならないような工作がされるのではないでしょうか。
アメリカがほんとうにおかしくなっています。
二回目の接種をしない人が多いということですが、一人の男性が一回目のワクチンの副反応が酷くて、二回目を打つ気にならないのだと言っていました。
きのう、見たのですが、医療従事者の若い女性二人がそれぞれ副反応の辛さを動画にあげていました。
高熱、頭痛、吐き気、寒気、関節痛で辛かったと。
4日目にそういう症状は消えて元に戻ったと言っていましたが、ほんとうに元の体に戻ったかどうかは分からないのです。
それがこのワクチンの恐いところです。
若い自分でもこんなに辛いのだから高齢者はどうなるのかと言っていましたが、もしかしたらこのワクチンは若い女性にとくに強い反応(効果)がでる種類なのかもしれません。


この狂気を止められるのは_c0243877_09581535.jpg


どこかの市長が市民に先駆けてワクチンを打ったということで叩かれています。
マスコミがどんな気持ちですかとか訊いていました。
わたしはそれよりキャンセルした人の理由が知りたい。
アメリカでも医療従事者の半数がワクチンを打たないそうですが、その理由を聞いてほしいものです。

「正気」の声を聞きたいといまほど思ったことはありません。
このワクチン狂騒曲に一石を投じる人はいないのですか。
ジェノサイドが始まっているかもしれないのに。
敵がどんなに強大だとしても。
下級国民が奮起しなければそれまで。
それとも伊丹万作が言ったように、また騙されていたというのでしょうか。
しかし、今度は騙されていたという機会は永遠に訪れないかもしれないのです。


マリエさんの告発で出川さんの仕事がゼロになったと言われていましたが、そんなことはありません。
ダウンタウンの番組に出ていたということで分るではありませんか。
吉本の力です。
吉本といっても紳助さんと松本人志さんの権力です。
紳助さんは否定し、出川さんも100%言ってないと断言していました。
しかし、出川さんはもしかしたら個人的には、その場のノリで言ってしまったかもしれない、悪かったと言いたいのかもしれないなとわたしは思ったのですが、それは吉本が許さないでしょう。
吉本は紳助さんを守るのです。
マリエさんは紳助さんのバックにいる人に殺されるかもしれないとまで言っていました。
結局、言った言わないの水掛け論でうやむやになっていくのですが、正義は権力側にあるということです。
モリ、カケで嫌と言うほど見てきた構図です。
官僚たちは見苦しく嘘をつきました。
わたしはとくに和泉洋人首相補佐官のそのときのヤクザまがいの表情が忘れられません。
吉本と維新は社会の癌です。
親亀の菅総理がこけて子亀孫亀の維新や吉本もこけることをひたすら待っています。


この狂気を止められるのは_c0243877_10035192.jpg









# by michi-no-yuri | 2021-05-14 10:12 | Comments(0)

なんで竹ヤリになるのですか。

テレビは朝から晩までワクチン、ワクチンで、戦前戦中も新聞ラジオでこんな感じで防衛、防災の心得を連呼していたのではないかと想像します。
戦前と違うのは、敵の姿が見えているか見えていないかです。
コロナでは真の敵 真の悪が人々の目から隠されています。
だから、マスクをつけていない人に敵意を向けるしかないようなのですが、これもかれらが意図していたことです。
かれらは必ず人々を対立させ混乱させ相戦わせるように仕組んでいるのです。

宝島社の「クスリもない、ワクチンもない、竹ヤリで戦えというのか」の広告が評判になっていますが、わたしには不安を煽っているようにしか思えませんでした。
ワクチン接種を煽っているようでとても人が言うような秀逸な広告とは思えません。
なんで急に竹ヤリが出てくるのですか。
その前に冷静になりませんか。
日本政府を責めて済むような問題ではありません。
DSが何年も何十年もかけて計画してきたことです。
政府やマスコミが真実が言えるわけがありません。
だから、一人一人が真実を探し、それを拡散していくしかないのです。

DSに逆らえるのは、ロシアやキューバくらい?
ベラルーシのルカシェンコ大統領がDSの取引を蹴ったのは、おそらくプーチン大統領からいろいろ情報を得ていたからだと思われます。
プーチンがついているということで強く出られたのかもしれません。


なんで竹ヤリになるのですか。_c0243877_09435121.jpg


トランプの不在が原因とは言いませんが、はやパレスチナで火が噴きました。
国連が全面戦争になることを懸念すると言っていますが、白々しい。
国連の言うことは反対に解釈して正解です。
台湾有事にもワクワクしていそうです。
中國包囲網も有事を作りたいからでしょう。
世界を回って中國包囲網を取り付けていた安倍さんはなぜかもう中国のことを言いません。
だから降ろされてのでしょうか。
国際政治なんかだれにも分かりません。
みんな上辺しか見ていないというか見ることができません。
国には国益があり歴史があり文化があり、それを横に置いて政治はできない筈なのに、なぜか日本政府は国益も歴史も文化も忘れたかのように平気で国を売ります。
それでも戦争はしたいようです。

バイデン政権はもうなりふり構っていられないようにワクチン接種に憑りつかれています。
マリファナやドーナツやチケットなどの餌に国民が食いつかなくなったのか薬局や野球場のスタンドに押し掛けて行って買い物客や観客にワクチンを打っています。
接種に来ないので行くしかない状態のようです。
オハイオ州にいたっては、一回ワクチンを打った人の中から抽選で5人に100万ドルを出すということです。
ワクチンに拒絶反応を持つ人がそれだけ多いということですが、それに比べて予約に殺到する日本は世界からどう見られているのでしょう。
逆に、日本人はアメリカ国民は守られていると思うのでしょうか。
怖ろしいのは、人は何かのきっかけで簡単に狂気を発することです。
人間はほんとうに弱い生きものです。

システム障害でワクチンの予約が停止しています。
天祐であってほしい。
政府におかれましては、コロナが収まるまでお家芸である「後手後手」「のらりくらり」でワクチン接種をかわしてほしいものです。
(そうなると俄然「維新」が有利になりそうですが)
冗談ではなく、ほんとうにワクチンは止めてほしい。


なんで竹ヤリになるのですか。_c0243877_09444193.jpg











# by michi-no-yuri | 2021-05-13 09:49 | Comments(0)