ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

<   2017年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

八日目の蝉。

先週の「バイキング」で、東国原さんの爆弾発言がありました。
馳浩前文科大臣がゲストで出ていたのですが、その馳さんに向かって、文科大臣を退任になったのは、官邸の指示に抵抗したからではないか、それで何でも言うことに従いそうな松野さんに代わったのではないかと。
司会の坂上さんが大袈裟に驚きの声を上げスタジオは騒然となったのですが、馳さんは表情一つ変えることなく何も言いませんでした。
(もしかしたら、事前の打ち合わせがあったのかも?)

去年の8月に馳さんは退任したのですが、その引き継ぎ式でかれは堪えきれないように涙を見せました。
同じ時期に退任した中谷さんも涙を見せました。
こんなことは異例で、男の涙はほとんどが悔し涙だろうと思っているわたしは、ただ、ナニゴトがあったのだろうと想像するしかありませんでした。

引き継ぎ式で、馳さんが「つひにゆく道とはかねて聞きしかどきのうきょうとは思わざりし」のうたを引用したのは、この退任が意に添わない唐突なものだったことを匂わせたかったのかもしれません。
さらに、馳さんは、当時事務次官だった前川さんが送った「仰ぐ空名残惜しくも蝉の声」の句に応えて「八日目の蝉になるとも文科省」という一句を残して文科省を去って行ったということです。


c0243877_9415195.jpg


官邸の言うことに唯々諾々従う人間に「蝉の声」とは言いません。
蝉は、何かを訴えるように、ここをせんどとばかりに全身で声を限りに鳴きます。
その声は、聞くものによってはこころを抉らんばかりに哀切です。
絶唱のように胸に迫ります。
前川さんは馳さんをそのように見ていたということでしょうか。
馳さんが官邸に抵抗したのか、或いは抵抗しそうだということで切られたのかは分かりませんが、去年の八月と言えば、総理と加計幸太郎さんが頻繁に会っていたころであり、前川さんに早く事を進めよとの圧力が強まっていた時期です。

わたしは「八日目の蝉」とは古くからの諺かと思っていたのですが、(「十日の菊」との混同があったのでしょう)角田光代さんの小説の題名でした。
小説の中に、それを説明している個所が以下のものです。

「七日で死ぬよりも、八日目に生き残ったほうがかなしいってあんたは言ったよね。私もずっとそう思ってたけど」
「それは違うかもね。8日目の蝉はほかの蝉には見られなかったものを見られるんだから。」


8日目の蝉となった馳さんが何を見たかは言うまでもないでしょう。
しかし、それを自分の口からは言えません。
わたしは、東国原さんの爆弾発言に微動だにせず一言も発しなかった姿に、8日目の蝉となった馳さんの怒り、かなしみを見たように思いました。


c0243877_9423817.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-07-31 09:47 | Comments(0)

二十九日 その二  北朝鮮への抗議はカモフラージュ。

きのう0時少し前という異例の時間帯に北がミサイルを発射しました。
EEZ内に着弾したそうで、けさのニュースが、菅官房長官が官邸内を慌ただしく走っている姿を流していましたが、カメラがなかったら走ることもなかったでしょう。
すぐに、総理も緊張した面持ちで駆けつけましたが、大変だ、大変だ、オオカミが来たぞという演出のためにご苦労なことでした。
国民はしらけているのに、いつまでこの茶番劇を続けるのでしょう。
危機感を持ってほしいのならすぐに原発を止めることです。
それをしたら、国民も初めて「大変だ」となるのです。
総理は飽きもせずもっとも強い言葉で抗議すると言いましたが(これは北朝鮮独特の言い回しですが)だからどうなん?というのが、大方の国民の感想でしょう。

北のミサイルはアメリカに向けられたものなのに、なぜ日本が滑稽なまでに過剰反応するのでしょう。
逆に、安倍政権がいかに北と特殊な関係にあるかが、だんだんと国民の知るところとなりそうです。


c0243877_10383412.jpg


稲田さんの大臣就任には防衛省内で強い反発があったそうです。
それを総理が感じていなかったとすれば、国家にとっては由々しき問題です。
総理はかわいい子におもちゃを与えるような感覚で稲田さんを大臣に据えました。
稲田さんは外の椅子がよかったようですが、総理はしばらくここで我慢すればもっといいおもちゃ(総理の座)がもらえるからとでも言ったのでしょうか。

稲田さんの辞任後の記者会見で、総理は、任命責任は自分にあると神妙な顔で言いました。
責任が「ある」ということは責任を「とる」(辞任)ということだということを総理は知らないようですからだれかが教えてあげないといけません。
「ある」と言ったことで責任を果たしたと思われたらたまったものではありませんから。

政府は28日、北への独自制裁として、中国企業2団体の資産凍結を閣議で了承しました。
当然、中国は強く反発しています。
わたしはこれを聞いて、そうなんだ、北への抗議はカモフラージュで、真の狙いは、中国を怒らせ亀裂を深めるのが目的なんだなと思いました。
どうしても中国と戦争がしたいらしい!?


c0243877_10385881.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-07-29 10:34 | Comments(0)

二十九日 その一  「問題」が分からない困った人たち。

蓮舫代表の辞任を受けて、聞きたくない名前、見たくない顔の人が
名乗りを挙げました。
枝野さんはともかくとして、前原さんのことです。
しばらく姿を見ませんでしたがどうしていたのですか。
橋下徹なんかと会ったりしていませんでしたか。
わたしはテレビに映るその顔を見ながら、出てくるな!出ていけ!(党から)とこころの中で罵りました。
といって、外にだれがいいのか分かりません。
鳩山さんに帰ってきてほしいけど、或いは、党が割れて小沢さんのところと合体というのはあり得ない話でしょうか。
ほんとうに、真の野党をつくってほしい。

きょうの「産経抄」で執筆者が、有効求人倍率が高水準を維持し、大学生の就職率が過去最高を記録し、株価は倍増し、自殺は減少したという「結果」がでているのに、なぜ支持率が低下するのだろうと嘆き、その原因をこう書いています。
「既得権益を手放したくない守旧勢力が、安倍政権を貶めるために仕掛けたレッテル貼りと印象操作は具体的成果さえ見えなくしてしまう。」

きのうの「極言御免」で阿比留瑠比記者が、小川栄太郎さんが森友、加計に関する朝日の記事の全部(半年で1000件を超える分量)に目を通したが、いくら読んでも「問題」がまったく見えてこなかったということを書いています。
「証拠が全くないのに、安倍晋三氏という『個人』を風評で貶めるーこれは権力批判ではなく、深刻な『人権妨害』だ」と。


c0243877_951279.jpg


産経抄の執筆者や小川栄太郎さんに問題が見えないのは当然です。
乱視の上に色のついたメガネをかけているようなものだからです。
思想と言えるかどうかは別として、自分たちが思想上の既得権益を頑固に守っている守旧派だということが分からないのです。
かれらに色つきのメガネを外すことはゼッタイにできません。

それよりも、いっしょに写真に写っていたからお友だちなのだと思いますが、山口敬之さんはいまどうしているのですか。
同じように、総理のヨイショ本を出した仲ではありませんか。
総理を吉田松陰に並ぶ偉人のように書いていたのではありませんか。
(籠池さんも以前は総理を「偉人」と言っていましたが、どこをどう見たらそう見えるのか、偉人も安っぽくなったものです。)
レイプ事件では、やはり、乱視の目でみると悪いのは山口さんではなく女性の方だということになりますか。


c0243877_952228.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-07-29 09:53 | Comments(0)

稲田朋美さんと松居一代さんの違い。

きのうは「激動の一日、歴史に残る一日」(ネットゲリラ)でした。
なぜ、そう言えるかというと、後世、あれが安倍内閣が倒れる序曲だったと分かるからです。
しかし、ネットゲリラさんが「実は、これが今日一番のNEWSです。」と言っているように、加計問題で、今治の市議が市長と加計幸太郎さんから一人1000万円!づつ賄賂を貰っていた証拠が出てきて、貰ったという市議がマスコミの前でそれを認めたということが、ほんとうに一番のニュースでした。

富山市議会で政党交付金の不正取得が問題になり、それを認めた12名の市議が次々とドミノ倒しで辞任していったことがありましたが、今治の件はそれどころか賄賂を貰っていたというのですから、なぜそれを認めた時点で辞職しなかったのかが不思議です。
安倍政権は内閣改造まで持つのでしょうか。

稲田さんの辞任は当然で、かの女のような人間は政治家になってはいけないのです。
政治家の仕事は、戦争しないこと、国民を飢えさせないことだと菅原文太さんが言っていましたが、かの女はその逆のことしか考えられない人間です。
国民の生活が大事だとは思わないと言うような人間が総理候補だとは、わたしは冗談でも聞きたくない。
総理と稲田さんは政治家以前に人間として失格なのです。
人間の基礎としての常識や感覚、感情を備えていないからです。


c0243877_10331316.jpg


過日、テレビで、田中角栄と森光子さんの屋外での対談を途中から見ました。
家族のこと、お母さんのことに話が及んだときだったでしょうか、角栄さんは涙せきあえずという状態になり、堪りかねて椅子を立ち後ろ向きになって必死に感情に耐えていた姿に、わたしはその後の運命を重ね合わせてこころが痛みました・
マドモアゼル愛さまが書いておられたように、こころの冷たい人がトップになるのは国民の不幸なのです。
親から愛され、家族を愛しているような人は、国民を愛し、国民からも愛される人間なのだと思います。
血も涙もないような稲田さんのような人間は政治家になってはいけないのです。

松居一代さんのことを異常だとか病気だとか言いますが、稲田さんはそれ以上です。
松居さんは、いつかふと我に返ることがあるでしょうが、稲田さんには帰れる「元の場所」というものがありません。
それにしても、テレビで松居さんのことを笑いものにしている人々のなんと醜いこと。


c0243877_10333693.jpg










×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-07-28 10:46 | Comments(0)

前川さんとお釈迦さまの言葉。

総理と麻生さんが完全に離反したようです。
質疑の場ではいつもいっしょになって怒ったり嗤ったりしていたのが、いつごろからかそれがピタッと止みました。
二人の境界に冷たい空気が流れています。

きのう、森友と近畿財務局の間での土地価格について協議した詳細が明らかにされました。
財務省からのリークだという噂ですが、総理と麻生さんの離反と関係があるのでしょうか。

産経がきょうも前川さんの証言を「加計さりき」だと言ってイチャモンをつけています。
だったら「加計ありき」でないことを証明すればいいのですが、それが出来ないから、前川さんをスケープゴートにしようとしているのでしょう。
総理の一言で全てが崩れるというかすっきりするのですが、その一言が死んでも言えないのすから、どうしたものでしょうね。

きのう、岩下さんのブログのコメント欄で、「自灯明、法灯明」という言葉を見たのですが、お釈迦さまの有名な言葉だったようですが、わたしは知りませんでした。
同じお釈迦さまに、「犀の角のように、ただ独り歩め」という言葉がありますが、同じ意味だと思っていいのでしょうか。
今あらためてこの言葉を思い出し、わたしは、前川さんはそれを実践されたのだろうと思いました。
生きていく上で、ただ独りで歩むことは不可能なことであり、お釈迦さまもそんな意味で言っているのではないと思います。
あくまで、精神の自由と独立を指して言ったことだと。


c0243877_116342.jpg


前川さんが言った、面従腹背にはリミットがあるというのは、即ちここぞというときには犀の角のように独りで歩まなければならないということだったのではないでしょうか。
(前川さんの言った面従腹背を悪意で解釈している連中にリミットの意味が分かるはずはありません。)
少年のときから仏教に惹かれていたという前川さんにとって、お釈迦さまの言葉がこころから離れることはなかったでしょう。
法や教えは、知識として持つものではなく、実践するためにあるのですから。

むかしは、「人生(人間)いかに生きるべきか」という類いの本を本屋さんの棚でよく目にしたように覚えています。
しかし、いつごろからかハウツーものがそれにとって代わりました。
いかにしたら頭がよくなるのか、いかにしたら競争に勝ち抜くことができるか、そんな本ばっかりになりました。
嘘をついても恬として恥じない政治家や官僚はそういう本をバイブルにして生きてきたのかなあと思う、きょうこのごろです。


c0243877_1174255.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-07-27 11:11 | Comments(0)

「則を超えた」のは加戸さんの方です。

加戸さんが、前川さんの証言を虚構だと言い、精神構造を疑うとまで言いました。
脚光を浴びていると思っているからか、見得を切りますね。
それに対し、前川さんは「加戸先輩が事実を捏造すると思わないから、誤解であり自分の証言をチェックしていただければ分かる」と否定しました。
前川さんが、自分が直接聞いたこと以外に、「そう思った」と言ったことには、だれもが納得する論理的、合理的な根拠がありました。
一方、加戸さんはゼッタイにやってはいけない人格攻撃に出て、自ら論理性と正当性を放棄しました。
完敗したのです。
先日加戸さんは前川さんの行動を「則を超えた」と評していましたが、どちらが則=矩(のり)を超えたかは一目瞭然です。
加戸さんは、どこが則を超えたのかを自分では分かっていないようですから、ぜひ後輩の前川さんに教えを乞うてほしい。
年寄りの嫌なところは、人から学ばないことです。
前川さんがいかに人間として則を超えないことに細心の注意を払っているかを加戸さんは学ぶべきなのです。
もしかしたら、権力者に阿ることが「則を超えない」ことだと思っていませんか。

しかし、世間の多くは、石原慎太郎や橋下徹がそうであるように、加戸さんの個人への人格攻撃を無批判に面白がるのです。
(わたしは「面白がる」という心理ほど醜いものはないと思っています。)


c0243877_1147252.jpg


FNN(フジサンケイ系)の「次の首相にだれがふさわしいか」との世論調査で、石破20.4%、安倍19.7%、と両者の間は0.7%の差しかなかったということでした。
これだけ、支持率が下がり、国会で嘘だと分かる嘘をつき続けている総理にまだ期待する人がいるとは思えません。
FNNはどんな調査をしたのでしょう。
それはともかく、いつも総理候補として小泉進次郎や橋下徹の名まえが上がってくるのが耐え難く不快です。
年金受給年齢を75才に引き上げると言っているのは小泉進次郎です。
聞くところによると社会保障に関心があるそうですが、ちがうでしょ?
アメリカ(戦争屋)の指示でしょう?
農協の解体と年金受給年齢の引き上げと同時に受給額の減額も指示されているのではありませんか。
こういう、自分たち国民の首を絞めて殺そうとしている人間を、まだほとんどの国民は知らずに期待するのです。
どうなったら目が覚めるのでしょう。


c0243877_10412195.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-07-26 10:48 | Comments(0)

「丁寧な説明」とは、しおらしい態度で声色を変えて嘘をつくことでした。

国民に「分かった」と思ってもらえるような丁寧な説明とは、殊勝でしおらしく、弱々しく、いかにも反省したかのような態度で国民の目を欺いて嘘をつくことでした。
わたしは「オオカミと7匹の子ヤギ」の寓話を思い出していました。
声色を変えたり、黒い足を小麦粉を塗って白くして子ヤギを騙すお話です。
それで総理は成功したと思っているのでしょうか。
ほとんどの人はより疑惑が深まったと思ったのではないでしょうか。
ほんとうに、総理といい稲田さんといい、国民が初めて知るような異種、異常な人間です。

加計では「一点の曇りもない」と言っている総理ですが、加計幸太郎さんの参考人招致は拒否しました。
都合が悪くなるとそれは国会が決めることだと逃げるのですが、野党からの白紙に戻してはどうかの提案に、なぜそのつもりはないと言えるのですか。
それは総理が決めることですか。


c0243877_7533054.jpg


しおらしい態度で国民の同情を引き、それでまだ乗り切れると思っていることが命取りになるでしょう。
子ヤギを食べたオオカミは、母山羊によっておなかに石を詰め込まれ井戸に落ちて死にました。
嘘をつくということは、腹に石が溜まって行くようなことなのです。
それでなくてもおなかの具合のよくない総理は、自分のついた嘘で自滅する運命しか残されていないということに早く気付くことです。

和泉補佐官はやはり前川さんがキーパーソンというように、絵に描いたような「能吏」でした。
こんな人間とはだれも太刀打ちできそうにありません。
言っていないと断言しましたが、たとえ証人喚問でも断言するでしょう。
だって証明できることではないのですから。
みんな嘘をつくのは、総理を庇っているというより、単に身についた習性なのかもしれません。
そういう生き方しか知らないということです。

きょうは、これから出かけるので国会中継は見られませんが、自民党が青山繁晴を出すのは、詐欺師に一世一代の芝居をさせるためなのでしょう。
言っていることはメチャクチャでも、いかにも相手を責めているような追い込んでいるような「図柄」で国民は騙されると思っているのでしょう。


c0243877_754572.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-07-25 08:00 | Comments(0)

産経の終わりが始まる。

(以下の記事は午前中に書いたものですが、国会中継に気をとられてUPするのを忘れてしまっていました。)

産経新聞は面白い。
産経の阿比留記者によると、平成29年はメディアが自分たちの存在価値、理由を自ら否定し自殺した年として記録されるのだそうです。
(わたしには産経の終わりの始まりの年に思えるのですがw)
森友、加計には何の違法性もないのに、ただ安倍政権へのダメージを創出するために、延々と貴重な時間を浪費しているのだと。
浪費感、不毛感を感じるのは事実ですが、それは野党にとっては質問して終わり、自民党にとってはウソを答えて終わりということの繰り返しだからです。
たとえば、石原慎太郎に対しては百条委員会を設けて証人喚問を行いましたが、それっきりです。
なんだったのでしょう。
あれで石原慎太郎は無罪放免となったのでしょうか。
森友については、自民党は証人喚問でもなにも新事実は出てこなかったではないかと言っていますが、2万トンどころかその100分の一もなかったゴミのために8億円値引きされたのは厳然とした事実で、これについての解明にはまだ手がつけられていません。
きょうもまた同じことの繰り返しになると思いますが、それでいいのだと思うようになりました。
総理や官邸の嘘が国民の目により鮮明に写ることでしょうから。
その効果が漸く仙台市長選の結果に表れています。


c0243877_20291974.jpg


きょうの「正論」ですが、「安倍内閣の『失速』がもったいない」と某筆者が書いています。
かれによると内閣評価の基準は第一に外交と安全保障政策、第二に経済だそうで、第一の外交は、つつがなく展開されてきたのだそうです。
笑ってしまったのが、元防大校長の五百旗頭真さんが「とりわけ大きな業績は、対米関係の高水準化である。」と言っていることです。
自衛隊をアメリカに差し出すことが「高水準化」になるそうで、さすが元防大校長です。
でも高水準化とはどういう意味でしょう。
いったい、安倍外交にどんな成果があったのか、わたしには何一つ思い浮かびませんが。
ひたすらアメリカのご機嫌を取り結んできただけではありませんか。
いっぱしの知識人でも、総理の派手で空疎な外交している「フリ」に騙されているのです。


c0243877_20323934.jpg










×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-07-24 20:33 | Comments(0)

寝屋川中一少年少女殺害事件から2年になります。

寝屋川中一少年少女殺害事件からこの8月に2年を迎えます。
当初、容疑者は黙秘しているという情報が警察からでていましたが、それも最初だけで、以降、ピタッと情報が途絶えました。
音に聞く大阪府警の荒っぽい取り調べにも黙秘を貫ける容疑者とはいったいどんな人物なのでしょう。
黙秘をしているから調書がとれず、裁判にも掛けられないということでしょうか。
容疑者が弁護士を拒否しているのならともかく、弁護士は容疑者と接見できる唯一の人間ですから、メディアはなぜ弁護士を取材しないのでしょうか
遺族や学校、地元からどうなっているのかという声は上がっていないのでしょうか。

容疑者の衣服から少年の皮膚片とみられる微物が採取され、鑑定の結果少年のDNAと一致したということですから、それに自信があるのならなんで裁判ができないのかと思います。
また、少年の遺棄現場の近くのコンビニで容疑者がガムテープを買うところが防犯カメラに写っていたということですが、こういう場合、弁護士か第三者が立ち会ってそれを確認できるような制度にならないものでしょうか。
ほんとうに疑問だらけの事件なのです。
第4の権力を持ち、情報収集力もあるメディアが動いてくれないと、真実が闇に葬られかねないのです。

このままだと少年少女の霊が浮かばれません。
むごい殺され方をした上に、犯人も特定できずに人々から忘れ去られるとしたらこれほど不条理なことはありません。
メディアと弁護士はいったい何をしているのかと。


c0243877_13172061.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-07-23 13:18 | Comments(2)

わたしたちはトンデモナイ国に生きている。

産経が二日に亘って、先日死去した中国の民主活動家劉暁波さんを取り上げています。
それも、劉さんへの共感や追悼のためではなく、ただ中国を批判したいがために取り上げているのです。
そもそも、平和とは真逆のことばかりしてきたオバマ元大統領(この人爽やかな見かけとは違いほんとうに性格が悪い)が貰うようなノーベル平和賞に何の価値があるのでしょう。
ノーベル委員会は非常に政治的に偏向しているというより、それが本来の性質であり目的なのだと思います。
劉さんに平和賞を授与することで起きるだろう摩擦やトラブルを織り込んでの授与であることは明らかです。
平和賞は、平和に寄与したことを評価するのではなく、反目や対立を作り出すのが目的だとわたしは思っています。

きのうは文化部の桑原聡という人が書いていました。
劉さんはモンテーニュを愛読していたそうですが、その随想録の中から、桑原さんがとってつけたように「公益のためには裏切ることも嘘をつくことも、また人殺しも必要である」という言葉を抜書きした意図は何だったのでしょうか。
安部総理の嘘は公益のためだと言いたかったのでしょうか。

また、中国の報道官のつっけんどんな態度を見て腹を立て、画面に罵声を浴びせていると書いていますが、日本の菅官房長官の答弁は納得なのでしょうか。
なんでも中国が悪いのです。


c0243877_1162627.jpg


先日も、阪大名誉教授の加地伸行という人が、獣医学の必要性を書いていましたが、その一つに、中国による海洋汚染で、これからは動物性蛋白源を牛や豚に依存しなければならなくなるが、そのための安全性を担保するために獣医学部は必要だと書いていました。
日本が海に放出している放射性物質のことはご存知ないのでしょうか。
何でも中国が悪いのです。

きょうは古森義久さんが書いています。
民主主義や法の支配、人権尊重などの普遍的価値観を持たないどころか敵視していることが劉氏の悲劇で立証されたと書いていますが、まだこんなことが恥じらいもなく書けるのかと悲しくなります。

日本の政治はまるで総理一人が行っているようです。
総理が毎晩のように出かける料亭やレストラン、そこで大方の政治が決まっているということです。
わたしたちはいつの時代に生きているのかとあらためて驚愕するのです。
民主主義? 法の支配? どこの国のことを言っているの?


c0243877_11204983.jpg










×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-07-22 11:16 | Comments(0)