ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

<   2017年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

大人と子どものプーチン大統領と総理。

この時期に、総理はどんな案件があってロシアのみならずイギリスに行ったのでしょうか。
プーチン大統領とは、今回で17回目の会談だそうですが、そのたびにプーチン大統領の表情がこわばっていくように見えます。
逆に、わが総理の顔はますます締まりがなくなり、何べん会ってもプーチン大統領の凄さが分からないようです。
日本では、笑いながら近づいて肩を叩くだけで、みんな自分の虜になって、人たらしとまで言われているのに、というそんな調子でプーチン大統領と相対しているのではないかと想像させるような表情です。
アメリカには、一生ついて行きますと言って安心させ、その合間にプーチン大統領に会うのは、やはりわたしは対米自立の野望を胸の奥に秘めているからだと思っています。
新聞が、総理はアメリカとロシアの橋渡しをしたいと思っていると書いていますが、それを聞いたらアメリカとロシアは呵呵大笑することでしょう。
プーチン大統領は開口一番?北朝鮮を挑発するなと釘を刺しました。
対米自立を願うのなら、ロシアもですが、中国と仲良くするしかないのに。

電車から
c0243877_112952.jpg


きのうの「朝生」で、司会の田原さんが、総理から直接聞いた話だとして、集団的自衛権を通したら、アメリカは憲法改正を言わなくなったと言っていたそうです。
この話から分かるのは、アメリカがそれまで改憲をせっついていたということ、集団的自衛権を通したらアメリカが何も言わなくなったという当然のことを総理が分かっていないということです。
アメリカにとって、自衛隊を自由に使えるようになるのが目的であって、安倍政権の改憲には警戒感や嫌悪感しか持っていないのです。
北朝鮮の脅威を煽って兵器を売り、自衛隊を自由に使えるようになったら、アメリカにそれ以上の望みはないでしょう。
望むらくは、安倍政権の憲法改正に反対して、せめてもの罪滅ぼしとしてほしいところです。

稲田朋美さんは、東京裁判の見直しに言及し、総理は、A級戦犯を、「今日の平和と繁栄のため、自らの魂を賭して祖国の礎となられた」というメッセージを発しました。
最近、そういうことを言わなくなったのは、対米自立が本気だから、気付かれないように、その思いを深く潜行させているということかもしれません。


c0243877_1134621.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-04-29 11:04 | Comments(0)

安倍昭恵さんのこと。

まさかと思っていたのですが、そのまさかでした。
昭恵夫人が夫に同行したことです。
タラップの上ではにこやかに元気に手を振っていました。
それを見ていてふっと脳裏に浮かんだのが、
「この世をばわが世とぞ思ふ望月の欠けたることもなしと思へば」
のうたをでしたが、それは権勢のことではなく、昭恵さんの顔からの印象でした。
やったことの内容から言えば、昭恵さんのほうが重いと思うのですが、今村大臣はあんなに頬がこけてしまったのに、昭恵さんの顔は望月のようにまんまるで輝いていたからです。
凄いなというか、やっぱり別種の人間なのかもしれません。
わたしなら、きっと死んでる、、

海外出張には夫人が行きたいと言えば行けるのでしょうか。
それとも、夫の総理が連れて行くと言うだけでできることなのでしょうか。
荻生田さんは危機管理はバッチリだと言っていましたが、そこに国益や国民感情が入っているとは思えません。
国民不在の危機管理って、、、
世界的にスァーストレディが夫に同行することは、公式な行事とか招待は別としてほとんど見なくなりました。
昭恵さんが同行する理由が分かりません。


c0243877_11361649.jpg


わたしは、最初、昭恵さんが籠池淳子さんに送った「もう遅い」「祈っています」とのメールを知って、昭恵さんは困惑、混乱の極にあって苦しんでいるのだなと思い同情しました。
だから、昭恵さんを水に落ちた犬だと思って証人喚問もすることはないと思っていました。
しかし、甘かったようです。
わたしは、昭恵さんは夫や義母へ身の潔白を証明するために嘘をつくしかなかったのではないかと想像しました。
夫と義母さえ納得させれば、(騙し通せば)他人や国民のことなんかどうでもよかったのではないかと想像しました。
総理の「しつこい人」発言は昭恵さん経由ではないかと。
つまり、名誉校長を引き受けたのも、籠池さんが余りにもしつこくて断りきれなかったということにしたのではないかと想像しました。
あくまで想像です。
昭恵さんは、このままで済むと思っているのでしょうか。
たとえ、森友が終わったとしても、あなたの中では終わらないと思うですが、そうでもないのでしょうか。
やっぱり、わたしたちとは違う人間なのでしょうか。

さくらが散って田植えが終わるまでの、目に青葉、山ホトトギスのこの季節がいちばんいいですね。
カツオはありませんが、ホトトギスの声はよく身近でします。


c0243877_11363743.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-04-28 11:25 | Comments(0)

やっぱり日本人なんだな。

「純烈」が日本を元気にすると書いて、その理由についていろいろ考えていました。
子どものころ、両親の郷里に、旅回りの一座の興行が来たのですが、わたしは、お芝居や踊りを見ていて子供こころに性的な強い感興を覚えたものでした。
お芝居のセリフなど分からなくても、それが卑猥なものだということくらいは分かります。
みんなもそうだと思いますが、性的なものへの感受性は子どものころがいちばん強いのではないでしょうか。
振り返って、男の人を男として意識したのも小学生のころがもっとも強かったように覚えています。
だから、男性(の一部)が小さい女の子を性的な対象で見るのも、そういう女の子の意識に反応するのかもしれないと思ったり、、、

唐突ですが、エロ、グロ、ナンセンスは必要ではないでしょうか。
それというのも、これから、自分自身がエロでありグロでありナンセンスな人間が、文化としてのエロ、グロ、ナンセンスを理解せず厳しく取り締まるようになるのではないかと思うからです。
もっとも不道徳な人間に、そういうことをされたくありません。
国家権力が庶民の娯楽にまで介入するのを許してはいけません。
しかし、残念ながら現実にはそうなってきています。
その内、「純烈」のボーカルは腰をふり過ぎるからダメだとか。
わたしが言わんとしたのは「純烈」に、人はプリミティブな感情を刺激されて(これを劣情というのかどうかわかりません)生きていることを実感し、それが日本の元気に繋がるということです。
旅回りの一座という庶民の演芸が内包する性的なおおらかさ、泥臭さ、懐かしさを「純烈」は思い出させてくれたのではないでしょうか。
また、「純烈」の功績は、だれでも知っている歌(若い人でも耳にしたことはあるでしょう)をカバーしていることです。
いま、何よりも必要なのは、老いも若きも男も女もみんなが口ずさめる歌なのです。
連帯しないようにと、意図的に国民はバラバラにされているのですが、そういう中にあって、やっぱり日本人なんだなと感じさせてくれたのが「純烈」の存在でした。


c0243877_11123998.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-04-27 11:16 | Comments(0)

「純烈」でいこう。

今村地方再生大臣が辞任しました。
頬もこけ落ち、以前の顔とは様変わりしているのはどこか悪いのかもしれません。
これをきっかけに、稲田、金田と辞任ドミノになってほしいとは思うものの、そうはさせずに総理の辞任まで一直線にいってほしいものです。
いちばん腹が立ったのは、また総理がしゃしゃり出て今村大臣の謝罪をしたことです。
今村さんも怒ったほうがいい。
子どもではないんだから、いちいち親の顔して出てくるなと。
総理の狡いところは、そうやって自分の任命責任を問う声を封じるのです。
どこまでも卑劣な人間です。
このごろつくづく思うのが、嘘はいいけど失言はだめだということです。
総理の言っていることは100%嘘と言ってもいいくらいで、国民も慣れたせいで何も感じなくなったようです。
熊本地震でも、全力で復興に取り組むと言いましたが、復興というには余りにもお粗末で、山崩れや通行不能の道路もそのままです。
相模原障碍者施設襲撃事件では、真相解明に全力で当たると言っていましたが、まだ何も分からないと言っても過言ではありません。
その場その場の言い逃れやつじつま合わせですべてが誤魔化されていっています。
今村大臣を追及したフリーの記者のように、あの調子で総理を問い詰めていったら、総理はたちどころに立ち往生して辞任に追い込まれるのではないかと思うと、マスコミの不甲斐なさに泣けてくる。


c0243877_1054499.jpg


あんなののどこがいいのと言っていたのに、いつしかすっかり「純烈」にはまっていました。
嘆いたり怒ったりしてばかりいては身が持たないと言い訳しながら、きのうは夜遅くまで「純烈」でした。
ムード歌謡が姿を消して久しかったところに、国民が待ちに待ったムード歌謡の再来ですから、人気がでるのは当然です。
ボーカルの甘い声はまさにムード歌謡の神髄を体現しています。
なによりも、みんなが知っている歌を歌っているのがいい。
それに、ネーミングが最高です。
純は純愛の純、烈は秋霜烈日の烈。
勝手にそう思っているのですが、こういう精神で政治をしてほしいものだと儚い夢でも見たいのです。
いまの、寂寥感、空洞感漂う日本を蘇らせ元気にするのは、「純烈」 つまりムード歌謡しかないのではないかと、わたしは真剣にそう思っています。
きっとそうですよ。


c0243877_10542077.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-04-26 11:01 | Comments(0)

このタイミングで再稼働容認とはふざけている。

北朝鮮がミサイル発射か核実験かと報道されているさなかに、佐賀県の山口知事が玄海原発3.4号機の再稼動を認める考えを示しました。
このタイミングでの再稼動発表が、何よりも危機が演出されたものであることを物語っています。
政府は、きっと、北が日本を攻撃したり原発を狙うことが無いのを知っているのでしょう。

総理はこの27日にロシア、イギリスを訪問します。
先月の訪欧は何だったのでしょうか。
「やってる感」を国民に見せるためだけに海外出張するみたいです。
稲田防衛大臣も東南アジア視察に行くようです。
国民に危機感を煽ることはできても、自分自身はそれに合わせてお芝居をする誠実さもないのです。
ほんとうに国民を舐め切っています。

自民党執行部が、選挙の地盤が弱い若手議員の大型連休の海外出張を禁止するようです。
どうせ、採決のときの数合わせ要員としてだけの存在で、名前も顔も必要ないのですが、不祥事だけは困るということでしょう。
それにしても、子どもでもあるまいし、外出禁止とは笑ってしまいます。
自民党執行部に危機感があれば、若手が海外に行くことはないのです。
よほどタガが緩んでいる証拠です。


c0243877_12554990.jpg


きのうの産経「単刀直言」は萩生田副官房でしたが、この人、見るだけで腹が立つような顔をしています。
たとえば、道に迷ってもこの人にだけは訊きたくないという感じ。
その荻生田さんが、官邸の危機管理はしっかりしていると自慢しています。
しかし、それは総理を守るためだけの危機管理であって、国民とは全く関係がありません。
第一次安倍政権の時は、だれも総理に厳しい意見は言わなかったが、いまはみんながガンガンものを言うということですが、わたしには、身内で忖度を交えながら談笑しているイメージしかありません。
だったら、なぜ石破さんは党内ではものが言えない空気があると言うのでしょうね。
1.2年生議員には、海外出張も禁止するくらいですから、よほど党による統制が行きわたっているのではないでしょうか。
何か言うと「逆らうのか」と言われるような空気はほんとうに異常です。
衆議院には300人近い自民党議員がいるのですが、何か不祥事を起こさない限り名前や顔を知ることはありません。


c0243877_12552719.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-04-25 12:56 | Comments(0)

「森友」は終わらない。

昭恵夫人がフェイスブックを再開したそうです。
夫婦して、「森友は終わったことにしよう作戦」に励んでいるようですが、わたしは森友は終わっていないし、終わることはないと思っています。
自身は気付いていないでしょうが、籠池さんの証人喚問はボディブローのように効いているはずですし、とくにお腹のユルい総理にとってはダメージが大きいのではないでしょうか。
籠池さんの証人喚問に「ゴー」を出したのは総理自身だと言われているのは事実だろうと思います。
竹下国対委員長にそんな決断ができるわけがありません。
100万円のことで怒った総理は、その勢いで籠池さんをお白洲に引きずり出して恥をさらさせようとしたのでしょうが、逆に返り討ちに会うというブザマな結果となりました。

わたしが、籠池さんを最初は胡散臭いオッサンだと思っていたのが、途中からアレ~?となったのは、証人喚問もさることながら、籠池さんの子どもたちの言動に触れたことが大きい。
結婚相手のことで5年ほど疎遠だったという長男は、両親の一大事に、取るものも取りあえず駆けつけました。
長女の町浪さんは、父親が瑞穂の国小学校を作るのに駆けずり回っていたことを語りました。
(町浪さんには、信義や恋のためなら命も捨てようという風情がある。)
籠池夫婦には欠点も目立ちましたが、ほんとうは真っ正直な人間ではないだろうか、そうでないとあのような子どもは育たないのではないかと思いました。
欠点が目立つというのも、真っ正直だからでしょう。
(教育者の子弟に問題児が多いのは、嘘や偽善を隠し、上辺だけで教育にあたっていることを子どもが嗅ぎ取っているからだと思います。)


c0243877_103597.jpg


籠池さんは一途に小学校作りに走り回っていたのです。
だから、8億円値引きのことも、多くの人の熱意が神風を吹かせたのだろうというくらいの認識だったのではないでしょうか。
わたしが早くに、森友は寄付の窓口になっていただけではないだろうかと書いたのは、そう外れてはいないと思います。
籠池さんが、この小学校は「みんなのご意志で、、」と言っていたその「みんな」は蜘蛛の子を散らすように逃げました。
影で味方をしてくれた人もいたようですが、公に味方になった人はいませんでした。
森友の教育方針への共感、感動は何だったのでしょう。
瑞穂の国小学校の完成を心待ちにしていたのではないのですか。
すべては他人事だったのですね。
思想も信念もなく、ただ安倍総理に付和雷同していただけだったのですね。
感動だけなら猿でもできる、、、

その思想や教育方針に多く問題があったとはいえ、教育に賭ける「情熱」だけはホンモノだったようです。
ドン.キホーテの系譜でしょうか。


c0243877_1065331.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-04-24 10:09 | Comments(0)

「恐怖の男」

北朝鮮のミサイルに備えて政府が発表した国民への警告と対処法について、後から後からフツフツと怒りがこみ上げてきます。
今の日本のどこに危機があると思っているのでしょうか。
フクシマの真実を徹底的に隠蔽し、国民も、それほど危険なら、政府が言わない筈はないだろうというくらいの感覚で日々を送っています。
これは平和ボケというより、生物としての防衛本能が鈍磨していると見るのが正解ではないでしょうか。
オオカミ少年が自分の身を守るためにいまさら危機を煽ったところで、眠っている危機感覚が目覚めるとは思えません。

さきほど、20数年前の松原照子さんの予言を思い出していました。
「恐怖の男、安倍氏」というものです。

「その人こそ、わが国が『戦争』の言葉を身近に感じる流れを作る人物であり、操り人形である。」

余りにも予言が当たっているので、この一事をもって予言というものを信じる気持ちになるくらいです。
わたしは、総理は究極のところ、何をしたいのか、なにを望んでいるのかと考えて、やはりそれはアメリカからの独立ではないかということに行き着きました。
しかし、どんなに国民が独立を渇望しても、それを安倍総理にさせることはまかりならぬのです。
なぜなら、それは八紘一宇の思想のもと、再び戦争―敗戦を繰り返す道だからです。
そのための独立だと思うからです。


c0243877_11133232.jpg


春の例大祭に合わせて国会議員が多数靖国神社に参拝しました。
「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」というのだそうです。
わたしなら、恥かしくて行けません。
行くときは一人で行きます。
拝殿の前では、祀られている英霊がどんな思いで死んでいったか、どんな死に方をしたかを想像して、とても尊崇の念など浮かばないでしょう。

靖国を封印してほしい。
戦争に利用させない為に。

総理が参拝しないのは、中韓への配慮だとマスコミは言っていますが、違います。
配慮しているのはアメリカに対してです。
単に、中韓が嫌がるというだけのことなら、総理は喜び勇み、これみよがしに参拝することでしょう。
北朝鮮危機だと総理は一人騒いでいますが、わたしにはどうしても日本が「蚊帳の外」の気がしてならないのです。


c0243877_11151964.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-04-23 11:05 | Comments(0)

総理が稲田朋美を防衛大臣に抜擢したことで自民党のタガが外れた。

政府が北朝鮮ミサイルの着弾への対応を発表したのですが、地面に伏せて頭を守れだって、、w 笑ってしまいます。
フクイチもアンコンできたのですから、それに比べたら北をアンコンするのは容易ではないかと思うのですが、、
北朝鮮は緊迫しているが、99.9%戦争にはならないという確信で自国民を韓国から呼び戻すことはしないとしたカンボジアを、韓国政府は「日本とは対照的だ」と評価しました。
韓国のネットユーザーからは「安倍と違って賢いね」とか「日本よりカンボジアが上」といったコメントが多く寄せられたとのこと。
みんな、安倍総理が戦争に前のめりになって煽っているのを知っているのです。
総理は、もう本心を隠す必要もないと思うのか、危機だと煽る一方で、花見を楽しんだり、ロシアへの訪問は予定通りだそうです。
嘘に整合性を持たせるには相当なIQが要求されるようです。

王毅外相が、外交的手段による解決が第一の選択肢であるのはすべての国の共通認識である。
戦争はいつでも起こり得るが、結果は全員が敗けるという状況で誰も勝者はいない、と言っています。
わが総理は最初から、すべての国の共通認識を放棄し、だれも勝者はいないという高等な認識、想像力を持ち合わせていません。


c0243877_11133715.jpg


李国強、王毅といった政治家は優秀ですね。
日本人でありながら、中国の政治家を尊敬し信頼する自分が悲しく寂しくなります。
ネットゲリラさんが言っていました。
中國には世襲もいるが、庶民のなかから頭脳だけでのし上がる道があるので、超優秀な人間が国家の運営に当たっていると。
十何億人という中から選ばれたというかのし上がってきた人間なのです。
もう、日本のことは言いたくありません。

中川俊直さんのことで、自民党執行部は、若手の議員の気の緩み、たるみを言っていますが、それを言うなら自分たちであり総理でしょう。
自分たちの役目には総理への苦言、助言は入っていないのですか。
いちばんの不届き者は総理ではありませんか。
わたしは、ゆるみ、たるみの最大の原因は、総理が稲田朋美さんを寵愛して防衛大臣に抜擢したことにあると思っています。
それで、自民党の箍(たが)だけではなく国家の道義的箍が外れました。
総理は国家の道義的な箍を外す一方で、国民への締め付けを強めています。


c0243877_1114048.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-04-22 11:10 | Comments(0)

頭のいい人とは。

きょうの「酔生夢人のブログ」に、地頭がいいとはどういうことなのかについて書かれています。
地頭とは生まれもった頭のことでしょうか。
わたしは、「頭のいい人」というのは、何でもこなせる器用な人のことではないかと思っています。
子どものころに、そのことで強烈に印象に残っている女性がいるからです。
近くに住む二十歳を少し過ぎたくらいの女性でしたが、いまでもわたしは、その女性を天才だと思っています。
なんでもできる人でしたが、わたしがイチバン驚いたのは、服を作るのに、生地に直にハサミを入れたことでした。
習ったわけでもなく、それが仕事でもなく、数をこなしたわけでもないのに、そういうことができたのは、多分、作ろうと思う服を想像しただけで、どこがどうなっているかをコンピューターのように頭の中で製図が出来たからではないでしょうか。
若いのに料理も編み物もなんでもできました。
踊りも人に教えるほどの腕前でした。
なによりも手の早さが鮮明に記憶にあります。
わたしなんか天地が引っくり返っても真似ができません。

頭がいいということの条件の一つに、計算ができるということがあると思います。
自慢ではありませんが、わたしは数字の計算はもちろん人生における損得勘定もできません。
つなぎ融資の女王といわれて逮捕された女性はきっと頭が良かったのでしょうね。
つなぎ融資、なんど聞いてもわたしには理解できません。

こういう頭の良さとは別の次元で頭がいいと思うのは、知情意、つまり、賢くて情があってやる気のある人のことです。
どの一つが欠けても駄目なのですが、最近とくに思うのが、情の無い人は地頭が良くても賢いとは言えないということです。
実際、わたしにはバカにしか見えません。
情がなければ、知も意も意味がないというか存在価値がないように思います。
(この問題、またよく考えてから書いてみたいと思います。)


c0243877_11195125.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-04-21 11:24 | Comments(0)

二十日 その二  曽野綾子さんは極右の差別主義者。

山本幸三地方再生大臣の
「一番のがんは文化学芸員だ。観光マインドが全くなく一掃しなければだめだ。」
という発言に対して、曽野綾子さんが
「少し気に食わない言葉を口にしたからといって、すぐ非難する社会的風潮にはついていけない」
と書いて擁護しています。
あれが、少し気に食わない程度の言葉だとしか思えない曽野さんは完全におかしい。
あの発言をそのまま通してしまうと、日本はまさに恐怖政治の独裁国家になります。
日本の一番のガンであり一掃すべきは学芸員ではなく、安倍内閣の総理と閣僚です。

曽野さんが言いたいことは「表現の自由」でも何でもなく、政府の言うことにいちいち文句をつける人間への嫌悪、蔑視なのです。
優生思想の曽野さんにとって、大衆は軽蔑すべき対象であり、そういう大衆がお上に楯突くことが許せないのです。
差別主義者が曽野さんの本当の顔です。
「愛」について語っても、本質は極右の差別主義者です。

次のガンについて書かれている部分は意味不明です。

「ガンを病みながら回復にむかって以前より濃密な日々を送っている人もいるのだから、ガンをいちがいに悪いものだと決めつけるのもどうかと。」
「会社や役所のような所では、がんと言われるほど頑固な人が、組織の中核を揺るぎないものとして支えていることはよくある。」


ここに書かれていることと山本大臣の発言の中のガンとどういう関係があるのですか。
まったく関係がありません。
なにがなんでも安倍政権を擁護したいようです。
なにしろ、安倍総理を誠実な人だと言うような人ですから。


c0243877_1528296.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-04-20 15:30 | Comments(0)