ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

<   2017年 02月 ( 33 )   > この月の画像一覧

雑感 いろいろ。

きのう、菅野完さんのことを書いたのですが、菅野さんについては、何十年ぶりかで「生きている」男 「生(ナマ)」の男を見たという印象です。
みんな、社会の奴隷か、女性(妻)に飼い馴らされた奴隷のように、おとなしくお行儀のよい男ばかりの中にあって菅野さんは違っているように感じました。
同じように、品が無いというか乱暴な物言いをする人間はゴマンといますが、どれだけの裏打ちがあるか、どれだけの覚悟があるかでその言葉は「玉」にもなり「石」にもなるということではないでしょうか。

きのう、総理が各メディアのキャップを「赤坂飯店」によんで話したことはおいおい表に洩れてくるのでしょうが、多くの人が「もう詰んでいる」と思っているこの期に及んでのこの行動はまるで命乞いをしているようで哀れを誘わずにはいません。
一方、アメリカのトランプ大統領とメディアの抗争?は熾烈を極めています。
何も分かっていない人々がメディアの肩をもっていますが、どこまで騙されたら目が醒めるのかと溜息がもれます。
メディアを閉め出したことを、こんなことは初めてのことだと驚いてみせた人がいますが、選挙で選ばれた大統領をかくまで叩くメディアや一部国民がいるのも初めてのことではありませんか。
なぜ、余程の裏があると思えないのでしょう。
マスコミを飲食や甘言で懐柔するわが総理と、意地悪くフェイクニュースを流して個人攻撃をするメディアと戦うトランプ大統領との違い、落差に括目すべきではありませんか。

夜明け前
c0243877_1059534.jpg


きのう、予算が通った後、自民党役員室?に戻ってきた総理を、たくさんの自民党議員が満面の笑顔と拍手で迎えていましたが、かれらは最後まで総理を守るつもりなのでしょうか。
総理に辞任を決意させるもっとも簡単で早いのがかれら自民党員の離反なのですが。

籠池さんも迫田さんも、出てきて本当のことを話すのが身を守る唯一の方法です。
ぐずぐずしているとほんとうに口封じされますよ。
2015年9月4日に、総理が国会を休んでも大阪に行かなければならなかった理由を、国会でぜひ追及してほしい。
テレビ出演のためとは言わせませんよ。

飯山一郎さんが安倍晋三は平成の大石内蔵助だと言っているようで、笑ってしまうよりもその勇気に感心しました。
自分と妻を守るためには切り捨て、掌返しを平気でする人間、、
あのシドロモドロの錯乱状態も演技だとすると凄いです。
そう言えば、飯山さんも掌返しや切り捨てが得意でした。
でも、あんまり総理を庇うと背景や正体がばれますよ。
(あくまでも、わたしの個人的分析によるもの)


c0243877_1102330.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-02-28 11:06 | Comments(2)

「かっこよかった大阪 返せよ。」

きのう、「日本会議の研究」の著者 菅野完さんのツイッターを始めて見たのですが、その中に次のようなカキコミがあって、わたしはひさしぶりに感情が激しく揺さぶられるのを感じました。
そのせいか、けさは3時に目が醒め、結局そのまま起きているはめになりました。
(ツイッターを上手く貼れませんので省略して)

>横山ノック、全然まとも。まともすぎて怖いぐらい政策はめっちゃまとも。

>かっこよかった大阪、返せよ。

>「野党は共闘」と言う掛け声は正しい。
しかし諸君、大阪を如何せん。大阪を如何せん。


横山ノックさんのことを何も知らず、知ろうともせずに、お笑い芸人だからそんなもんだという先入観でノックさんを語る人の賢しら顔をわたしはどんなに憎んできたことでしょう。
わたしは、セクハラのこと、一度も疑ったことがありません。
ノックさんは嵌められたのだと一貫して思っています。
なぜか? それはノックさんが悪いことが出来なかったからです。
松井知事のように、中央の言うことに唯々諾々と従うような人ではなかったからです。
従わないということは、自分たちへの謀反だとかれらは受けとって憎んだのです。

菅野さんは42歳ですが、「かっこよかった大阪」とはいつ頃のことなのでしょうか。
わたしは、ノックさんの失脚、退場のころから大阪は徐々に変わっていったように思うのですが。
そして、橋下徹の登場で、大阪は最悪になりました。
どこの馬の骨かも分からないような人間(出自のことではありません)が突然トップになって、大阪をメチャクチャにしました。
橋下、松井、足立などを大阪を代表する人間だと思わないでほしい。

森友学園の件が浮上してきたのをきっかけに、大阪の行政の大掃除が出来ないものでしょうか。

以前はよく耳にした疑獄、汚職事件をこのごろ聞かなくなりました。
まさか汚職がなくなったわけではなく、おそらく、広く、浅く潜行しているのだと思います。
トップがアレですから、なんでもし放題なのでしょうが、司法が腐っていることがいちばん大きな原因かもしれません。


c0243877_11811.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-02-27 11:06 | Comments(2)

総理の間接的関与はあった。

安倍総理大臣という存在なくして、森友学園の問題は起こり得ませんでした。(と言い切ります)
直接的、間接的関与とはどこで線が引かれるのか分かりませんが、たとえば、総理が関係官庁のお役人に「森友の件、よろしく頼むよ」と言ったとしたら、聞いた役人はそれを無視できるでしょうか。
どこから考えても、これだけのことをするのに総理の関与がなくてできることではありません。
しかも、あれだけ親密な関係にあった森友学園のことです。
政治家としてそこに関わっていたのは総理であり、あとは維新の会の雑魚ですが、維新の会だけでできることではありません。

2015年9月4日の総理の動静がクローズアップされています。
その日、総理は国会を欠席して来阪 「ミヤネ屋」に出て集団的自衛権の説明をしていたのを、わたしも見ていました。
総理は来阪の理由を何と説明するのでしょうね。
その前日、総理は迫田理財局長に会っているのです。
総理の秘書である今井という人物は非常に高圧的、強権的な人間だということですが、総理が動かずとも、この秘書が動けば、相手は総理の代理人、総理の意向だと思うのではないでしょうか。


c0243877_118618.jpg


きのう、塚本幼稚園の運動会で園児が宣誓で、個人崇拝に当たる言葉や政治的な言葉を叫んでいる動画が流されて、多くの国民が驚いたことでしょう。
いったい、総理夫妻は何を考えているのでしょう。
先日、わたしは幼稚園に飾られていたご真影は偽装であり、ほんとうは自分たち夫婦の写真を飾りたかったのではと書きましたが、その勘は当たっているかもしれません。

総理は日本人として生まれたとしても、「生みの親より育ての親」というように、「統一教会」に育てられたから、あのような日本人離れをした感覚や思想が身に付いたのかもしれません。
あと一歩で日本は北朝鮮になるところまで来ていたのです。
共謀罪を成立させて、国民を恐怖で縛れば、そのまま北朝鮮国です。
日米同盟を言うとき、総理は、中国に当てつけるように、われわれは自由と民主主義という価値観を共有していると言うのですが、裏でやっていることは独裁国家という国づくりです。

自分を崇拝し偉人だとまで言ってくれる籠池さんを、総理は非常にしつこい人だと言って手のひら返しをしました。
小泉元総理はどうか分かりませんが、いままでの総理大臣で自分の熱心な支持者を、たとえ自分に不利になるとしてもこのように冷酷に切り捨てた人はいなかったと思います。
この一事だけでも、いかにいま日本が日本でなくなっているかが分かるのです。
なにが礼節を重んじる国ですか、、、!


c0243877_1193792.jpg









×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-02-26 10:57 | Comments(0)

逃げる、逃げる、

総理夫妻はそれぞれプレミアム.フライディを祝うイベントに出席していましたが、昭恵さんはマスコミの問いかけに無言で立ち去りました。
いつだって都合が悪くなると逃げるのです。
三宅洋平さんの手引きで高江に行ったときだって、反対住民の拠点の小屋まで行きながら住民から話を聞くでもなくそそくさと逃げ帰りました。
三宅洋平さんを潰すためだけにそこまでしたのですか。
それほど官邸にとって三宅洋平さんは脅威だったのですか。

総理だって、土地取引に関与していないと言うだけで良かったのに、なぜあれほど素晴らしいといっていた塚本幼稚園を見放すようなことまでしたのでしょうか。
総理は、籠池と言うのさえ噛み気味に言うという芸の細かさで、関係を薄めるのに必死でした。
古いお付き合いなのに、あまりにも無情ではありませんか。
また、講師として名を連ねていた桜井よし子、百田尚樹、青山繁晴、竹田恒泰、曽野綾子などなどの保守陣営の錚々たる論客も、総理に「右にならえ」で逃げるのですか。
総理は、妻が名誉会長から降りたのは、子どもや父兄の迷惑を考えたからだと言いましたが、逆ではありませんか。
迷惑を考えるのであれば降りてはいけなかったのです。
ほんとに、ついていけないほどの逃げ足の速さです。
「変なおじさん」ひとりが取り残されて哀れをとどめています。
かく言うわたしも、多分逃げるでしょう。
しかし、良心の呵責に耐えながら、いちばん後ろから下を向いてトボトボとした足取りでその場を離れるでしょう。

総理に付いて行ったらどうなるか肝に銘じて分かりましたよね。
総理と一心同体の稲田防衛大臣は自衛隊員を南スーダンに派遣して、ゼッタイに撤収させないでしょうが、それは戦争に繋げるためです。
どこかで戦争が起きればすぐに駆けつけられるようにするための南スーダンです。
関東軍がよく引き合いに出されますが、いつも置き去りにされるのは国民です。
いま、日本人の誇りだとか礼節だとかきれいごとを言っている人間はイザというときには真っ先に逃げる人間です。
立派なこと、勇ましいこと、断定的な物言いをする人を信じてはいけないというのが、いままで生きてきたなかでわたしが得た人生の教訓です。

これでもまだ総理を信じますか。
自分と妻を守るためなら平気で人を使い捨てにし裏切るような人間を。


c0243877_10524214.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-02-25 10:55 | Comments(0)

見苦しい総理とその妻。

小学校の校名に自分の名を使うことには、なんども、なんども、なんどもお断りしたそうです。
妻については、講演会の前に籠池園長からぜひ名誉校長になってくれるように言われたが、それもなんども断ったのに、講演会上で突然籠池さんが、総理夫人に名誉校長になってもらいましょうと言って拍手が起こり、しかたなく笑っているしかなかったということでした。
しかし、ほんとうにその気がないのなら、後で夫に反対されましたとか言って断れば良かったのですが、それをしていないということは、自身も盛んに言っているように、ここの教育方針に共感し、ぜひ広告塔になってもその良さを喧伝したいと思ったからに違いありません。
総理もそこまでムキにならなくてもいいのにと思いますが、なんだか自分たち夫婦さえ助かればいいという感じで、とても一国の総理大臣の言動とは思えませんでした。

多くの国のメデイアも取り上げているようですが、かれらの関心は土地取引の異常さもさることながら、総理夫妻が愛国(軍国)主義教育に共鳴してそれを広めたい意図をもっていたということにあるのではないでしょうか。
戦争のできない国、戦争をしない国日本は、いったいどうなっているのかという驚きだと思います。

土地の取得経過の不可解さは、政治家の関与なくしては考えられないと多くの人が言います。
わたしもそう思いますが、政治家の名前はいつ出てくるでしょう。
むかしは、こういう場合、秘書や小役人が自殺することがあったそうですが、今はどうなのでしょうか。
籠池さんは、だれからも見放されてしまったようですが、自殺してはいけませんよ。
関係官庁の人も自殺なんかしてはいけませんよ。
あんな連中(おそらく維新の会)のせいで死んではつまらないです。
それよりお国のためだと思って名前を出すことです。


c0243877_163313.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-02-24 15:37 | Comments(0)

二十三日 その二  日本の中にある別の国。

総理夫人の昭恵さんが、塚本幼稚園主催の講演会で、せっかくここで芯ができても公立へ行ったら揺らいでしまうと言っていますが、関係者のそういう心配が小学校の建設を急がせたのでしょう。
教育勅語を唱和し、軍歌を歌うような教育方針に総理夫妻は感動し共鳴したということですが、総理が日本をどういう国にしたいと思っているかがこれでよく分かりますね。
それにしても、「ナニ!この下品な変なおじさん」とだれもが思うような籠池という人物を、総理夫妻は人格者だとでも思ったのでしょうか。
息子たちとの関係も出ていますが、教育者と言われる人間の家庭が概ね崩壊状態にあるのはよく見聞きすることです。

総理は安倍晋三記念小学校にするなら総理を止めてからにしてほしいと言っていたそうですが、総理には、この学校を平成の「松下村塾」にしてレガシーにしようという野望があったのかもしれません。
個人名を冠した学校は、世界的にはいくらでもあるのかもしれませんが、わたしが知っているのは、「金日成総合大学」くらいです。
やはり、総理のメンタルには北朝鮮的なるものが濃厚にあるようです。
どれだけおだてられたら、自分の名を学校名にしようなどという気持ちになるのかとわたしには理解できませんが、おそらく「統一教会=日本会議」に、いずれは日本の総理大臣にと大事にというか甘やかされて育てられてきたからではないでしょか。
このごろ思うのが、日本の中に「統一教会=日本会議」という国があって、安倍晋三がそのトップにいるということです。
まったく別の国がこの日本の中にあるという感覚です。
それほど異質で異常な感覚なのです。

森友学園の件は、日本が本来の日本に帰る最後のチャンスではないでしょうか。
この機を逃してなるものですか。


c0243877_11564074.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-02-23 11:58 | Comments(2)

二十三日 その一  憂うべき私刑(リンチ)の横行。

このごろ万引きをした人の顔写真の公開が流行っているようです。
それについては賛否があるのですが、わたしはこういうところにも安倍政権の驕り、腐敗が影を落としているのを感じないではいられません。
上が好き勝手やっていることが、知らず知らずの内に国民のこころから順法精神を削いでいったのだと思います。

ある店では、万引きした人に、一万円出せば許すが出せないのであれば顔を公開するということで、店の奥の壁に3人の男性の、わたしは万引きしましたと書かれた大きな顔写真が貼られていました。
店側は本人が了承したと言っていましたが、一万円なければ了承するしかないではありませんか。
買い物客のなかには眉を顰める人もいましたが、それが正常な反応ではないでしょうか。
多分、この店からは客足が遠のいていくことでしょう。
万引きは店にとって大きな損害なのは分かるのですが、わたしは店の判断でこういうことをするのは私刑(リンチ)に当たるのではないかと思います。
警察に届けるべきところを、自分たちで勝手に法を執行しているからです。
このごろつくづく感じるのが法体系の崩壊です。
法体系のトップにある憲法を総理は憎み、踏みにじりました。
そのことが国民のこころにどう影響したでしょうか。
大臣が何を言っても、何をしても官房長官の「何ら問題ない」の一言で済んでしまうことが、どれだけ国民のストレスになっているかということです。
それが、こういう万引きをした人の顔を晒す行為に繋がっているのです。
政府を信じていないからです。
もう、メチャクチャなのです。
森友学園の件は、来るところまで来たということです。
いつの間にか日本は無法国家になっているのです。


c0243877_10545653.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-02-23 10:56 | Comments(0)

盛者必衰の理。

百条委員会設置が決まったようですが、官邸はこれで森友学園の問題を隅に追いやろうと考えているかもしれません。
ここは、石原慎太郎に国民への罪亡ぼしに一肌脱いでもらいたい。
要するに、本人も考えているのかもしれませんが、1.2ヵ月入院してほしい。

毎日、自宅で車に乗り込むところをカメラにとらえられていますが、車の中での表情には追いつめられた人間の焦りと寄る辺なさと絶望の色が漂い、ついこないだまで権勢を誇っていた人間の零落を目の当たりにしてわたしは無常感を覚えずにはいられませんでした。
もう、だれも手を差し伸べてくれる者もいないのか、自ら橋下徹に電話して相談したと、橋下が番組でばらしていたそうです。
友人関係にある亀井静香さんではなく、橋下に電話したというのは、やはり、ワルはワルに頼るということなのでしょう。
逃げているように思われているのが悔しいと言ったそうですが、その通りではありませんか。
いまだって、どうして逃げようかと思っているくせに。
もしかしたら、橋下に相談したということは、かれが小池都知事と近しい関係にあることから暗に命乞いをしたのかもしれません。
しかし、いま人気の絶頂にある小池都知事にしたって、いつどうなるか分かりません。
禍福は糾える縄のごとしだからです。
党を出て、小池さん側についた自民党の都議会議員がいますが、安倍総理と小池知事が同じ穴のムジナだということがどうして分からないのでしょうね。

猪瀬さんは百条委員会の設置と同時に辞任しましたが、都議会ではカメラの前で鞄に5千万円が入るかどうかの実演までさせたのはやり過ぎではなかったでしょうか。
舛添さんのときは、飲食費から支那服の購入まで追求されましたが、知事に対して節度も温情もない冷酷な追及にわたしは目を背けました。
かれらは世論が味方に付いていると思って自らのアリバイ作りのためにあのような非情なやりか方をしたのです。

わたしは、石原、猪瀬、舛添という人たちは大嫌いでした。
しかし、好き嫌いの問題ではありません。
どんな人にも、どんなときにも、「惻隠の情」と節度を忘れないでほしいのです。
それを失った社会が、ファシズム国家であり全体主義社会だからです。


c0243877_11492028.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-02-22 11:55 | Comments(0)

 風邪薬は恐い。

むかし、三日にあげず通っていた喫茶店で、ときどき顔を合わせる男性がいたのですが、あるとき、その男性が真剣な表情で言ったのが「薬は飲んではいけない」ということでした。
男性が薬科大学を出ていたのを知っていましたので、わたしは真面目に受け取ったのですが、ほかの人たちは薬への信仰が強いのか半信半疑の様子でした。
しかし、全国の薬科大学や薬学部を出た人は何万人もいるわけで、そういうなかで、かれがそういう本音を言えたのは就職もせずニートの身分だったからに違いありません。(小説でも書いていたのかも)
卒業生のほとんどは薬剤師になったり、製薬会社に就職するのでしょうから、薬を飲んではいけないなどとは言えるわけがありません。

先日、男子中学生がインフルエンザ治療薬「リレンザ」を服用後、マンション4階の自室の窓から飛び降りて死亡するという痛ましい事故がありました。
これは事故によって人の知ることとなりましたが、知られることがないままに死亡した例もかなりあるのではないでしょうか。


c0243877_10445456.jpg


20年以上も前のことですが、近所の女性から、風邪薬を服用後に瞬間目が見えなくなったということを聞いたことがありました。
再び見えるようになったのが何秒後だったのか何分後だったのか聞き漏らしましたが、とにかくあんな恐怖はなかったということでした。
わたしは、この年になるまで風邪薬を服用したという記憶がありません。
そもそもあまり風邪をひかないからでもありますが、元来風邪の薬というものはないのだと言われていたことや、自分でも薬で治るように思えなかったからです。
わたしがほとんど風邪をひかないのは、言われているようにバカだからではなくw、おそらくストレスも少なく、無理もせず、のんびり生きているからでしょう。(やっぱりバカですねw)
しかし、現代のようなストレス社会で過重労働を強いられる環境では望むべくもないことです。
風邪かなと思ったらすぐ会社や学校を休んで、熱いものを飲んで寝たら治ってしまうのにと思うのですが、それができれば世話はないわけですね。
自然治癒力を信じて、それを高めるような生活をしようと思うのは贅沢な望みのようです。


c0243877_10484023.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-02-21 10:52 | Comments(4)

「維新の会」はならず者の巣窟。

テレビはいつまで金正男さんのことを引っ張るつもりなのでしょう。
所詮、真相はヤブの中なのに。

森友学園の件、やはりマスコミは腰が引けてしまっているようですが、ここで諦めるわけにはいきません。
告発したのが、一人の市会議員だったように、原点に戻って豊中から、そして大阪から攻め上っていくというのが正攻法ではないでしょうか。
大阪で起きたことは大阪で、ということで、いきなりトップを責め、知らぬ存ぜぬではぐらかされて雲散霧消させられてしまうことをわたしは危惧します。
上西小百合さんが、4年前、維新の党から塚本学園に視察に行って、その良さを拡散するように言われたということですから、当初から維新は深く関わっていたようです。
国会で引き続き追及されるのかどうかわかりませんが、いまごろ、官邸は民進党のトロイの木馬要員を召集して、国会で質問をしないように頼んでいるのではないでしょうか。

ほんとうに、今止めないと大変なことになります。
政府は幼稚園に日の丸、君が代の義務化を考えていて、この幼稚園は翼賛体制のモデルとしての位置付けを与えられているのです。


c0243877_1135397.jpg


愛国心とはならず者の最後の拠りどころとはよく言ったものです。
まさに「維新の党」や「日本会議」がそのならず者の巣窟です。
尊皇精神など持ち合わせない人間が、天皇、天皇と言うことのおぞましさ。
戦前の日本に、嫌というほど見てきた光景です。
尊皇を言うのなら、天皇が日の丸、君が代は強制でないのがいいと言われたことや、平和憲法を守りたいと言われたことをどうして無視できるのですか。
「生前譲位」のことでも、憲法改正の気運が盛り上がってきたときに水を差した憎むべき発言だと、例えば八木秀次などは思っているのです。(否定しても顔にかいてある)

ロイターが塚本幼稚園を取材してトップニュースとして配信したのは、なにも日本の未来を心配したからではありません。
北朝鮮と同じ扱いなのです。
また、日本が孤立し、暴走し、かってと同じ自滅への道を進んでいるのを面白がっているのです。
それを、世界が見えなくなっている塚本幼稚園の関係者は、いい宣伝になったと喜んでいるのですから救いようがありません。


c0243877_1165618.jpg









×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-02-20 11:08 | Comments(0)