ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

<   2016年 12月 ( 41 )   > この月の画像一覧

稲田防衛大臣が総理に同行した目的。

ハワイに発つとき、総理が夫人ではなく稲田防衛大臣を同伴しているのを見て、アメリカ側もカーター国防長官が出席するものだと思っていました。
しかし、パールハーバーにカーター長官の姿はありませんでした。

きのう、稲田防衛大臣は靖国へ行きましたが、総理と相談したのかというマスコミの質問には「していません」とにべもありませんでした。
ゴルフに行っていた総理も「ノーコメント」でした。
ハワイから帰った翌日に、はや総理はゴルフに出かけ、防衛大臣は靖国へ行きました。

わたしは、二人の様子から総理が防衛大臣を同行させたのは、最初から靖国が目的だったのだと確信しました。
総理はプーチン大統領との会談で、成果が無かったうえに、もう北方領土返還も言えなくなり、支持基盤である(偽)保守や右翼を大いに失望、落胆させました。
その失墜した信用を挽回するのが、今回の真珠湾訪問だったのだと思います。
総理はプーチン大統領との会談のあと間髪置かずにオバマ大統領に会うという綱渡り外交、二股外交をしなければならないほど追い込まれていたのでしょう。
しかし、アンダーコントロールに始まる、その場しのぎの政治がそう長続きするとは思えません。


c0243877_114586.jpg


総理が、パールハーバーの戦没者記念館を訪れたのは、稲田防衛大臣を靖国へ行かせるためだったのだと思います。
ここまでしたのだからアメリカも文句はないだろうと踏んだのだと思います。
アメリカを虚仮にし、戦没者を冒涜してまで、支持者のご機嫌を取る必要に迫られていたのです。
憲法改正を急ぐ総理にとって、ここで支持者の気持を離反させるわけにはいかないからです。

すでに、アメリカは不快感を洩らしています。
この問題は、これから日米両国だけではなく周辺国も巻き込んで大きな火種になるかもしれません。

因幡の白うさぎではありませんが、そのときは騙しおおせたと思っても、かならず後で全身の毛を毟られることになります。


c0243877_115162.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2016-12-30 11:10 | Comments(0)

残酷過ぎる事実。

パールハーバーでの総理の演説を、わたしは何か長々と喋っているなと思っただけで、中味に耳を傾けようとはしませんでした。
ところが、評論家の保阪正康さんが、総理は戦争をポエムのように語っていたと言われていたのを知り、まさにそういうことだと思いました。
そこに、どれほどの悲しみ、苦悩、恐怖があるかを想像する能力が総理には欠けているからです。
その保阪さんが、特攻機の整備兵だったという老人のことを書いておられます。
突然訪ねてきた老人が語ったのは、飛び立つ日の隊員の真の姿でした。

「失神する、失禁する、泣きわめく。きれいなことを言って飛んで行った人もいたが、ほとんどは茫然自失だった。
それを私たち整備兵が抱えて乗せたんです。」


この話に衝撃を受けたのは、わたしもまた人間の真実から目を逸らして、特攻を一編の美しい民族の詩のように思ってきたからなのでしょう。
それにしても、なんと残酷な話でしょうか。


c0243877_115242.jpg


こういう事実が表に出てくるのには、やはり70年という年月を必要としたのです。
つまり、主に遺族の気持ちを慮ってこれだけの時間が必要だったのだということだと思います。
親として、それが息子の真実の姿だと知ることは耐え難いことです。
余りにも残酷です。

そういう残酷な事実を隠して、特攻を美化してきたのが戦後から始まった特攻神話でした。
美化したのには、為政者の罪滅ぼしの気持もあったでしょうが、やはり、国として神話を必要としたのです。
遺書の多くは、父母を悲しませたくないという気持ちで貫かれていました。
逃れられない運命だとすると「笑って逝きます。」と書くしかないではありませんか。
いままで伏せられてきたのは、そういう隊員と遺族の間の美しい黙契を壊すことが憚られてきたからに違いありません。
もう、遺族も死に絶え、戦争経験者もごくわずかとなった今でないと話せないことがこれ以外にもたくさんあるはずです。

戦争がポエムでしかない総理は、特攻隊の世界記憶遺産への登録を考えていました。
稲田防衛大臣は、戦争は魂の進化だと言いましたが、わたしは、かれらの魂が鎮まり浄化されんことだけを祈ります。


c0243877_1154442.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2016-12-29 11:12 | Comments(0)

安倍総理にとっては、天皇も国民も敵なのです。

けさ4時前に目が醒めたのは、天皇が新年の「ご感想」を取り止められるという宮内庁の発表が、あまりにも悪意と敵意に満ちたものであったことがいまだ信じられずに鬱々としていたからです。
思い出してほしい。
たとえば、2016年の新年の「ご感想」は以下のものです。

「昨年は戦後70年という年に当たり,多くの人々が先の戦争に思いを致した1年でした。新年を迎え,改めて国と人々の平安を祈念します。
東日本大震災から間もなく5年を迎えようとしています。未(いま)だそれまで住んでいた地域に戻れずにいる人々や,仮設住宅で苦労の多い生活を送っている人々があることが案じられ,こうした人々が寒さの厳しい冬を健康に十分気を付けて過ごされるよう,そして,被災地域の復興が少しでもはかどるよう,願っています。
私どもの住む日本は誠に美しい自然に恵まれる一方,自然災害を受けやすい環境にあり,今年も日本人一人ひとりが防災の心を培うとともに,お互いが気を付け合って,身を守る努力を続けられることを心より希望しています。
本年が日本と世界の人々にとって幸せな年になることを祈ります。」



c0243877_1021380.jpg


この短いお言葉が天皇の負担になるのだそうです!
負担とは、主にこころに添わないことをするときに生じるものですが、天皇がそうだとでも言いたいのでしょうか。
新年に、世界の平和と国民の幸せを願うことのどこに、天皇は負担を感じられるというのか説明してほしい。
信じ難いことです。
そこまでやるか、という驚愕の思いが脳裏を去りません。
しかし、総理と宮内庁はそこまでやったのです。
天皇への敵意と憎悪を剥き出しにしたのです。
それは、とりもなおさず、国民への敵意です。
もし、国民への愛が少しでもあれば、天皇をこのように扱うことはできません。
安部政権にとっては、天皇も国民も敵なのです。

総理は、真珠湾で不戦を誓いましたが、戦死者の眠る船の上で、よくもそんな嘘がつけるものです。
憲法改正は9条の撤廃です。
戦争のできる国にするのが、その目的にほかなりません。
日米同盟の深化だって、、、プーチン大統領は、つくづく日本はもうダメだなと溜息まじりに憫笑したのではないでしょうか。

天皇が、新しい年の初めに、国民の幸せを願う言葉を述べられることを封じる(禁じる)ことは、冒涜どころか象徴天皇の否定です。
だったら、天皇制廃止を掲げなさい。
しかし、ゼッタイにそれが出来ないのは、戦争するための錦の御旗にどうしても天皇が必要だからですね。


c0243877_1023021.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2016-12-28 10:08 | Comments(2)

奸賊どもに天罰が下らんことを。

きのう、天皇陛下が新年の国民へのお言葉を取り止められるという驚くべきニュースが飛び込んできました。
なにか、急に体調を崩されるようなことがあったのかと思いきや、宮内庁は国事行為の負担軽減だと言いました。
よくもこんなことがヌケヌケと言えるものだ!
天皇は、直接国民に語られる数すくない機会をいちばん大切に思っておられるはず。
負担軽減を言うのなら、もっと他に、例えば叙勲制度などもっとも要らないことでしょう。
他の行事へのご負担には言及せず、天皇がもっとも大事に思っておられることを政府の権限を行使して中止させるとは言語道断です。

政府はこれからできるだけ天皇を国民の目に触れさせないように、戦跡や被災地への慰霊やお見舞いも取りやめていくのではないでしょうか。
ここまで露骨なことをする意図は何でしょうか。
いよいよ憲法改正に取り掛かるのでしょうか。
真珠湾では不戦の誓いをするそうです。
出発に当たっては、日本を世界の中心で輝く国にするのだと言っていましたが、国はますます衰退に向かい、国民も生活苦と過重労働で疲弊しきっているのに、どうやって輝かせるのでしょうか。
もう、完全に狂っています。
日本スゴイデスネだけで日本を元気にすることも限界です。
一方で軍事費を増大させ、対中包囲網作りに余念がない総理が不戦の誓いとは、、もう笑う力もありません。


c0243877_12364386.jpg


イブの夜、総理は菅官房長官と橋下徹と松井知事と会談しました。
薄汚い顔ぶれには反吐がでそうになりましたが、秘密裡にするのならまだしも、予告まで流して堂々と会談をするところに、総理の狂気があります。
もう何ものをも(天皇も)恐れない傍若無人の狂気があります。
だれ一人それを止める者もいません。
みんなどうなってしまったのですか。

国民は知らなければなりません。
明治も昭和も天皇は利用される存在だったことを。
内では天皇をないがしろにし、外(国民)へ向かっては、天皇を敬えと言ってきたのは、天皇の名において、天皇のためと称して戦争をするためでした。
そうして、自分たちに責任が及ばないようにしたのです。
天皇のデマを流す人は、フリーメーソンとそれに魂を売った日本人が作った偽の歴史(替え玉説など)にまんまと騙されているのです。


c0243877_12375949.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2016-12-27 12:39 | Comments(0)

天皇を補佐するのは国民。

きのうの記事 「天皇は国民にSOSを発しておられた」を投稿したあと、さまざまな思いが頭を駆け巡り、それがいまに続いています。
天皇が、ご自身のことだけでSOSを発せられることはないと思ったからです。

ところで、政府は2013年に4月29日を「主権回復の日」として式典を開催しましたが、そのとき、出席を求める政府側の人間の説明に対して、陛下は「その当時、沖縄の主権はまだ回復されていない」と指摘されたそうです。
いかに政府が、沖縄をないがしろにしているかということですが、式典がその時一回限りで終わったのは、やはり天皇の指摘があったからではないでしょうか。
天皇の国事行為は「内閣の助言と承認に基ずく」と憲法に規定されているのですが、天皇には一切の拒否権がなく、政府の誤りを指摘することも政治介入になるのだとしたら、まさに天皇は鎖につながれた奴隷です。
象徴とは奴隷の謂いでしょうか。
象徴天皇が、内閣の助言と承認に従わなければならないとしたら、ナチスの手法を真似ればいいと考えているような内閣にも従わなければならないということです。
天皇を憲法で雁字搦めに縛り、自分たちは数の論理で簡単に憲法を無視するような政権に対して何ができるかといえば、国民の覚醒しかないのです。


c0243877_10422879.jpg


今回のことだけではなく、天皇はず~っとSOSを発しておられたのです。
現憲法が日本人の手に成るものだと言われたのは、実に大胆なご発言でした。
戦争を忘れてはならないというのも、天皇のSOSでした。

しかし、内閣の助言と承認に従うというのは、明治天皇も昭和天皇も同じだったのです。
立憲君主として、内閣の決定に従わなければならなかった昭和天皇は、開戦の決議にたいして、異例のことだそうですが、明治天皇の御製である

四方のうみみなはらからとおもふ世になど波風のたちさわぐらん

を二度声にだして詠まれたのだそうです。

明治天皇も戦争を嫌い、日露開戦に際しては「朕の戦争にあらず、大臣の戦争なり」と言われたそうですが、おそらく昭和天皇も内心「軍部の戦争なり」と思っておられたのではないでしょうか。
今上天皇は、あるいは、いま政府が画策しているのは、「外来(外部)勢力による戦争推進」だと思っておられるかも。
天皇には、戦争を止める力も仕組みありません。
それができるのは国民しかいないのです。


c0243877_10424852.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2016-12-26 10:46 | Comments(0)

二十五日 その二  天皇は国民にSOSを発しておられた!

天皇が、天皇誕生日のお言葉に安倍政権への不満、怒りの気持をにじませられるのではないかと期待した人もいたようですが、わたしはあり得ないことだと思っていました。
天皇が、国の中に対立を煽るようなことを言われるわけがありません。
先の記事で、問題は国民にあると書きましたが、天皇が「生前譲位」や誕生日のお言葉に込められたのも国民への願いと感謝の気持だったのではないでしょうか。
山崎雅弘さんが次のように言っておられることに、わたしははっとさせられました。

「「今回のメッセージは、過去のしきたりに従ったというようなものではない。今上天皇が自らの新しいスタイルとして行ったことだ。憲法上のもろもろの制約を十分に配慮してのことだった。その宛先は明らかに国民に対して語りかけていた」

「最後には頭を下げて『国民の理解が得られることを切に願っています』とおっしゃっていた」

「今上天皇は主権者である国民を信じている。そうした形で呼び掛ければ考えてもらえるのではないか、と」

「お言葉は、天皇から国民に向けて発せられたSOSなのではないか」

「この(天皇を拘束する)鎖を誰が外せるのか。憲法上、それは国民に他ならない。いま問われているのは私たちの『主権者としての自覚』だろう」


皇后陛下が、「五日市憲法」を引用されたのは、安倍政権への批判というよりも、国民に日本人としての誇りと自恃の精神を思い起こしてほしいという願いからだったのではないでしょうか。
(なぜ安倍政権への批判だと思う前に、自分のこととして受け取らないのでしょう)
安部政権を批判しているだけでは何も始まりません。
天皇の「譲位」のお気持ちを尊重すべきと思った国民は80%を超えていたのですから、思うだけではなく、その気持ちを選挙で示してほしい。
せめて選挙にだけは行ってほしい。
国民の関心が高まれば不正選挙なんてできないのです。


c0243877_1214523.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2016-12-25 12:04 | Comments(0)

二十五日 その一  すべては国民が問題なのです。

わたしたちはいつも政府に対して売国だとか従米だとか非難しているのですが、それでいいのだろうかとつい最近になって思うようになりました。
イラク、リビィア、シリアの悲劇からわたしが考えたのは、もし、日本が従米しなかったら、確実にそれらの国と同じ運命に見舞われていたのではないかということです。
嫌な言い方ですが、従米のおかげで日本は戦禍を免れてきたのではないだろうかということです。
イラク、リビィア、シリアはユダ金の思いのままにならなかったから攻撃されてのです。

日本は小泉政権以前まで、宗主国の要求、脅迫、恫喝に耐え、ときには面従腹背でなんとかやり過ごしてきたのではないでしょうか。
その証拠に、自立を目指した田中角栄をかれらは許しませんでした。
小沢さんが、むかしの自民党はそれでも国民のために頑張ったと言われるのには、そういう含意があったのだと思います。
その上で、国民はもっと怒らなければいけないと言われるのも、政治は国民の後押しがなければできない、それが民主主義だということでしょう。
国民の願いや意志を政治に反映させるのが政治家の務めなのに、国民が無関心では政治家が好き勝手しても咎めることはできません。
国民の政治への無関心が安倍政権を暴走させたのです。
為政者は潜在的に、国民、大衆、民衆 群衆を恐れています。
だから、アメリカは日本人の抵抗を恐れて、3S政策で徹底的にマインド.コントロールしました。
その手法を踏襲したのが、小泉政権であり、現政権です。
かれらはアメリカの代理人として総理になったのですから。

国民の問題なのです。
政治に無関心で選挙にも行かない国民は、経済が破綻しようが、戦争になろうが文句は言えません。
すべては国民の問題なのではないでしょうか。


c0243877_11325620.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2016-12-25 11:37 | Comments(0)

二十四日 その二 少女を使ったプロパガンダ。

シリア内戦は、ロシア、イラン、トルコの3国による協力で和平工作が進められているようです。
そうはさせじと焦っていろいろ破壊工作を仕掛けているのがだれかは言うまでもないでしょう。
しかし、イラク、リビィア、シリアで、有志連合が垂れ流してきた嘘やデマが限界にきているとはいえ、いまだ反政府軍を民主化勢力だと信じている人は多い。

先日、シリアの7歳の少女が突然クローズアップされましたが、戦争状態にある戦場で、少女のツイッターでの声が取り上げられることはほぼあり得ないことです。
少女は、アレッポは地獄だったと言い、戦争は怖い、かれ(アサド)はわたしたちを殺そうとしていると言いました。
対立する国、戦闘状態にある国で、子どもが急にクローズアップされるのは、100%プロパダンダだと思って間違いはなく、かれらは湾岸戦争でやった工作をまだ性懲りもなく繰り返しているのです。

オバマ大統領はまだアサド退陣を要求していますが、他国のリーダーを武力で引き摺り下ろさなければならないどんな理由があるのでしょうか。
その理由をオバマ大統領は言いましたか。
もし、独裁政権というのが理由なら北朝鮮はどうなのですか。
北がミサイルを発射したときだけおざなりの非難をしますが、独裁政治を非難したことはないのです。

オバマ大統領は、ノーベル平和賞を受賞しましたが、後一か月を切った任期中に、たとえかりそめの賞であっても、名誉を裏切るようなことはしないでしょうね。
世界がどうか穏やかな新年を迎えられますように、、


c0243877_10563468.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2016-12-24 10:58 | Comments(0)

二十四日 その一  「連合」の存在意義。

産経が「単刀直入」のコーナーで、神津連合会長に言いたいことを言わせています。
「民共共闘はあり得ない」「走る道が違う」のだそうですが、その違う道の一つが原発政策で、連合は再稼動賛成なのです。
(賛成する理由の裏にはいろいろありそうですね)
いずれは原発に依存しない社会を作るべきだというのは賛成派のみんなが言う言い訳ですが、本音はまったく違います。
先ずは、エネルギー安全保障も含め安定的なエネルギー供給を図る必要があり、安全性が確保されたにも関わらず再稼働反対というのは、国富を垂れ流すに等しいことだと神津会長は言っています。
しかし、100%の安全性などあり得ません。
未曾有の天災が襲わないという保証はなく、そういうときはまた「想定外」で言い逃れるつもりでしょうか。

会長はフクシマのことにはまったく触れませんが、20兆円を超すと言われる廃炉、賠償費用は国富の垂れ流しではないのですか。
しかし、国富の損失とはいっても、起きてしまったことを収束させるためには、否も応もなく対応しなければならないのであって、それを無視、放置しての再稼動はぜったいに許されないことです。
しかも、事故が起きたときの対応マニュアルも技術もないというのですから驚きます。
対応と言えば、住民の避難だけです。
とにかく国も国民も一丸となってフクシマに向き合わなければならないというのに、何を寝言を垂れているのかと怒り心頭です。
アンダーコントロールの嘘が国内ではなく外から暴かれることになるのも時間の問題でしょう。

神津さん、フクシマはどうするのですか。
民進党の政策が気に入らないからって、自民党にすり寄る理由にはならないと思いますけど、、
「連合」の存在意義は、労働者の権利を守ることですが、それについては何もしていないに等しい。


c0243877_1051532.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2016-12-24 10:55 | Comments(0)

山尾志桜里さんの「尊皇」

「米軍北部訓練場返還式典」という茶番劇を翁長知事はオスプレイの事故が無ければ出席したのでしょうが、米側の返してやるのだから喜べという態度と、それと一緒になって返してもらうのだから喜べという日本政府の態度は主客転倒もいいとこで、どこまで自虐なのかと腹立たしい限りです。
沖縄の土地ではありませんか。

こういう売国、従米しながら、自虐史観を正せとか愛国教育(という名の軍国教育)を企図しているのですから、かれらの頭の中はどうなっているのかと思います。
さらに、あろうことか、政府は辺野古移設を迅速に進めるために翁長知事の権限の無力化を検討するのだそうです。
これで、まだ日本は民主主義国家、法治国家と言うのですから、国民も舐められたものですが、その前に日本が世界からバカにされていることになぜ気が付かないのでしょうか。
日本スゴイデスネと外国人に言わせて国民をいい気にさせていますが、世界は日本がアメリカの属国であることをみんな知っています。
それに文句ひとつ言わない国民も軽蔑されているのです。


c0243877_10391647.jpg


ところで、民進党の山尾志桜里さんがブログに天皇の「生前譲位」について正論を述べています。

「今上陛下が大切に深めてこられた象徴行為、慰霊の旅や被災地激励のお姿などに、国民一人ひとりが心動かされ、自然と皇室に対する敬意へと結びついていく内的体験の共有は、天皇が「国民統合の象徴」であるための核心を担っている、と私は思います。」

「そして、この象徴天皇の永続性を大切に考えるならば、「今回に限りとりあえず退位を認める」という特例法はあまりに無責任であり、どの天皇にも適用される皇室典範の改正という本丸に正面から取り組むことが是非とも必要なのです。」

「今回特例法で対応すれば、時の天皇陛下の地位が、法律成否の手綱を握る時の政権の意向に左右される前例を作ることになります。天皇の地位が時々の政権の影響下におかれてよいとは思えません。」


これを読んで、わたしがかねて思っていた、なぜ野党は天皇を推戴しないのかという疑問、不満に微かに希望の光を見たように思いました。
いまこそ野党は、売国しながら保守を騙る自民党を追い落とすチャンスではありませんか。
90%近い国民が天皇のお気持ちを重く受け止めたことを野党が汲みとらないでどうするのですか。
天皇を推戴すれば、政権なんか簡単に取れるのです。

わたしは、革新と保守を対立概念だとは思いません。
一人の人間の中に、保守と革新があるのが本来の姿だと思っています。


c0243877_10453728.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2016-12-23 10:44 | Comments(0)