ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

<   2016年 11月 ( 35 )   > この月の画像一覧

時代の方が間違っているのです。

先日、憲法審査会が開かれましたが、森英介が会長でいることが、改憲が「悪党と愚か者」によって為されようとしていることを象徴していませんか。
かれらの主張は「押し付けられた」と「時代にそぐわなくなった」という2点ですが、「押し付け」については、天皇が日本人が主体であり、それに知日派の米国人が協力してくれたと言っておられます。
天皇も人間ですからたとえ過ちをおかされることがあっても、真実を歪曲したり嘘をつかれることはありません。
知識の浅いわたしでも、民間から募集した憲法草案が参考にされたことくらいは知っています。
(北一輝の『日本改造法案大綱』の思想のほとんどが盛り込まれていると聞いたこともあります。)
戦争放棄の条項も幣原喜重郎の発案だったことも分かりました。
また、8日間でつくられたというのは、どこを起点にした8日間なのでしょうか。
8日間でつくれるわけがありません。
改憲派が時代にそぐわなくなったと言っているのは戦争放棄の条項です。
それほど戦前回帰して戦争がしたいのです。
そのための中国脅威論です。
そのためには、必然的に、憲法の三大原則の主権在民、平和主義、基本的人権が障害になるのです。
しかし、人類の理念を掲げた憲法の精神が時代の制約を受けるようなことはぜったいにあってはならないことです。
言うまでもなく時代が間違っているのです。
改憲を言うのなら、余裕を持った時間の中で、現行憲法がそうであったように民間から広く草案を募ってほしいと思います。
その前に、改憲ではなく現行憲法の賛否を問うべきではありませんか。


c0243877_1135445.jpg


国民は、いかに安倍政権の戦前回帰や歴史修正主義が世界から危険視されているかを知るべきです。
世界はそれを許しません。
総理は自分の野心と言うか、趣味程度の信念で国民を地獄への道ずれにしようとしているのです。

以下は、「五日市憲法草案」について皇后陛下述べられたお言葉です。

「五月の憲法記念日をはさみ,今年は憲法をめぐり,例年に増して盛んな論議が取り交わされていたように感じます。主に新聞紙上でこうした論議に触れながら,かつて,あきる野市の五日市を訪れた時,郷土館で見せて頂いた「五日市憲法草案」のことをしきりに思い出しておりました。明治憲法の公布(明治二十二年)に先立ち,地域の小学校の教員,地主や農民が,寄り合い,討議を重ねて書き上げた民間の憲法草案で,基本的人権の尊重や教育の自由の保障及び教育を受ける義務,法の下の平等,更に言論の自由,信教の自由など,二〇四条が書かれており,地方自治権等についても記されています。当時これに類する民間の憲法草案が,日本各地の少なくとも40数か所で作られていたと聞きましたが,近代日本の黎明期に生きた人々の,政治参加への強い意欲や,自国の未来にかけた熱い願いに触れ,深い感銘を覚えたことでした。長い鎖国を経た19世紀末の日本で,市井の人々の間に既に育っていた民権意識を記録するものとして,世界でも珍しい文化遺産ではないかと思います。」


c0243877_1129568.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2016-11-30 11:36 | Comments(0)

二十九日 その二  水が低きに流れるように。

ASUKAさんの逮捕の件など、どうでもいいつまらないことです。
それを、きのうからニュースはトップで報じ、きょうもそのことで番組が埋まるのかと思うと、ほんとうにうんざりします。
かれのことなど、国民の生活とは何の関係もないことです。
おそらく、言われているようにその裏で、何かが進行しているでしょう。
一つ気になったのは、ASUKAさんが自ら警察に電話して盗聴、盗視を訴えたのはクスリによる幻覚症状だといわれていることが事実だとしても、わたしが危惧するのは、往々にして警察の不都合や警官が理解できないこと、或いは何らかの目的で、言っていることを意味不明とされて精神病人扱いされることです。
警察の気にいらないこと理解できないことが、意味不明とされるのは恐怖です。
(わたしなんかそういう恐怖をひしひしと感じていますw)

健全な政治とは、与党の中に抵抗勢力が存在し、活発な議論が行われることです。
そういう政治には国民も大いに関心をもつのですが、いまのように犯罪者集団のような政権では、怒りを向けるのではなく、逆に、無関心になっていくようです。
政治の腐敗に比例するかのように、国民は政治から離れていくようです。


c0243877_1332622.jpg


稲田防衛大臣は、白紙領収書の件といい、何万何十万という飲食費を政務活動費から支出している件といい、大臣になればそういうことが許されるとでも思っているのでしょうか。
すべて、総理の影響です。
みんなが総理の真似をするのです。
水が低きに流れ、人が易きに流れるように、みんな総理の悪事の真似をするのです。
小沢さんが、稲田さんを防衛大臣にしたのは総理の趣味だと言われました。
悪趣味も極まれりといったところです。
これも小沢さんがよく言われることですが、これほど権力を恣(ほしいまま)にした総理もいません。
しかも、その権力を握っているのは統一教会です。
「日本会議」は、当人たちが気が付いているかどうかはともかく、日本、日本と言っているのは統一教会の日本のことです。

安倍総理と日本は関係ないのです。
わたしは、たまに亡命政府や別の政府を空想することがあります。
そんな空想でもしてガス抜きしなければやってられないからです。
でも、ちょっと気が晴れることがありました。
女性が嫌いな男性のトップが安倍総理だったことです。


c0243877_15124118.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2016-11-29 13:09 | Comments(0)

二十九日 その一  「人のいのちには限りがある。」

産経が、「北方領土 屈辱の交渉史」を連載しています。
きょうで5回目ですが、わたしは「抑留者の命には限りがある」という見出しに興味をひかれて初めて記事を読みました。

鳩山兄弟の祖父、鳩山一郎はそのとき、もう生きて帰れないかもしれないと家族が思うほどの重篤の身でありながら日ソ交渉のためにモスクワに向かったのですが、当時(1956年)はプロペラ機でモスクワまで6日を要したとあります。
交渉の基本方針は、「戦争状態の終結」などの5条件でしたが、出発直前に、自民党が二島の即時返還と択捉、国後は引き続き協議するという2項を党議決定したので、それを共同宣言に明記したいと要求したところ、
フルシチョフは、約束が違う、北方領土を返せと言うが、米はいまだ沖縄を返していないではないかと激怒したそうです。
わたしは、北方領土の問題が解決しないのは、沖縄のことがあるからではないかと思っています。
日本に返還されたとはいえ実体は何も変わっていないのですから。
だから、択捉にミサイル基地が建設されても日本は抗議できないのです。
日本には米軍基地がたくさんあるではないか、それでも日本は主権国家といえるのかと言われたら、日本は黙るしかないからです。
プーチン大統領の苛立ちは、主権の無い国と交渉することの虚しさからくるのだろうとわたしは想像しています。


c0243877_11204381.jpg


わたしは、鳩山一郎の次の言葉をぜひ総理に読んでもらいたい。
(読んでも何も感じないでしょうが)

「一部に、択捉、国後を取らないうちは断じて日ソ復交はすべきではないなど言っている人のいることも知っていたが、それこそ抑留者のことなど少しも念頭に置かない非現実的な考え方だ。
領土は何年たってもなくなることはないが、人の命には限りがある。」


総理の考えやしていることに「人のいのち」は入っていません。
拉致の解決が政権の一番の優先課題だと言いながら、棚からぼたもちが落ちてくるのを待っているように、ただただ何もせずに待っているのです。
よく拉致の国民集会に顔が出せるものだと感心します。
そして、まだ総理に期待している家族にも感心します。

鳩山一郎に限らないと思うのですが、むかしの政治家の中には国民への愛情を持っている人がいたのです。
ところが、安倍総理は国民が生活苦に喘ごうが死のうがまったく関心がありません。
小泉純一郎は冷血だと言われていましたが、安倍総理は自分に関係があること以外はまったく「無関心」です。
愛の反対は無関心だと言いますから、まだ小泉純一郎のほうが良かった??


c0243877_1121017.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2016-11-29 11:31 | Comments(0)

二十八日 その二  日本分割もあり得る?

小沢さんが「今選挙が無いと言われているが、そういうときが一番危ない」と言われています。
わたしも、なにもかも詰んでしまった後は選挙で大勝して独裁体制を確立するしかないと総理が思っているような気がします。
トランプはプーチン大統領と話し合うと言っています。
北朝鮮にも飛ぶかもしれません。
二回目の小泉訪朝から12年という無為な時間が過ぎました。
その間、何もしてこなかった日本政府と総理はトランプの訪朝の噂を聞いてさぞ焦っていることでしょう。
米、露、中が組もうとしている今、日本にはそこに入れてもらうか、孤立して地獄への道に進むかの二択しかありません。
ロシアが択捉にミサイル基地を建設します。
わたしの脳裏に悪夢が甦ります。
敗戦時の日本分割案です。
あのときは力で勝るアメリカによって分割は免れましたが、力が均衡している今は、分割もあり得ない話ではありません。
それほど日本は異常な国になっているのです。
「戦前回帰」しか頭にない総理によって日本は世界から見放されたのです。
なぜそれを分かろうとしないのですか。


c0243877_16564919.jpg










×
[PR]
by michi-no-yuri | 2016-11-28 12:00 | Comments(0)

二十八日 その一  自衛隊員の死を待っている人間がいる。

総理がお土産に持っていったゴルフのドライバーですが、安倍晋三個人が私人のトランプに贈ったものなら文句は言いませんが、総理大臣として費用が官房機密費からでているとなると話は別です。
植民地の総督が国民の税金で宗主国に朝貢したということです。
ほんとうに恥ずかしいことです。
先進国のリーダーにこういう感覚は理解できないでしょうね。

このごろ、韓国で検察が検察として存在し機能していることに、わたしは新鮮な驚きを感じています。
日本の検察は政権(或いはCIA)の下僕になっているからです。
それが、国家を不毛な存在にし、これ以上の「国家の腐敗」はないと言っていいくらいなのに、日本の国民はまだ韓国より日本が民主主義国だと思っています。

プーチン大統領の訪日ドタキャンの噂が流れています。
天皇との会見は不要だと言ってきたのにはその伏線だったのでしょうか。

プーチンはあきらかに総理を軽蔑しています。
オバマには嫌悪され、プーチンには軽蔑されているような総理をそれでもよくやっている、外交上手だと褒める人種がいます!
総理一人が軽蔑されているのならまだしも、属国でいることに何も感じない日本国民も軽蔑されているのです。 
世界中の人が日本はアメリカの属国だと思っているのに、当事者の国民はどこ吹く風で、それでいいではないかと言う人までいます。


c0243877_11181331.jpg


きょうの「正論」は防大名誉教授の佐瀬昌盛さんの「南スーダン派遣を名誉にしたい」というものです。
南スーダンへ行くことのどこに名誉が有るというのでしょうか。
このごろ分かってきたのは、政権側の人間が自衛隊員の死を望んでいるということです。

ドイツで海外派遣に反対の議員が「最初の『亜鉛の棺』がボスニアから到着したら?」という質問に、外相は「その場合は、国防相とわたしが棺の傍に立つ」と答え、その言葉に万座は水を打ったように静まり返ったという。
佐瀬さんはそれを「感動的ではないか」と書いています。
かれら政権側の人間はそういうセレモニーを期待しているのです。
なんと、国家の名誉とか国威発揚に利用するために自衛隊員の死を密かに待ち望んでいるのです。
いまから、総理や稲田防衛大臣は棺の傍らに毅然として立つことを夢見ているのかもしれません。
自衛隊員はぜったいに死なないで帰ってきてください。


c0243877_11265425.jpg







×
[PR]
by michi-no-yuri | 2016-11-28 11:29 | Comments(0)

再び、浜ちゃんのこと。

ダウンタウンの浜ちゃんが番組内で「京都の人間は根性が汚い!」と吐き捨てるように言ったことに、わたしが驚いたのは、ゼッタイといっていいほど人の悪口、批判、批評をしない人がなぜそこまで言ったのかということでした。
こすい(狡い)ことが許せない任侠浜田にとってはよほどのことがあったのだろうと想像するしかありませんが、そこで、どこにでもいい人もいればそうでない人もいると言ってしまっては話が終わってしまいます。
わたしは、やはり京都は特別だと思っています。
バイトをしていたとき、その職場には男性二人、女性がわたしを入れて三人でしたが、男性一人を除く三人は根っからの京都人で、その意地の悪さは想像を絶するものでした。
普通シカトと言えば相手を無視することですが、相手を見ながらシカトするという老練なテクニックは、歴史の風雪にたえて鍛えられたものなのかと感心したものでした。
男性の一人の小狡さは同じ人間とは思えないほどでした。
しかし、これら下級京都人ともいえる人たちに比べると、上級京都人の意地悪は奥が深く、素人や外の人間にはなかなか分かるものではありません。
わたしは一年以上経って、あああれがそうだったのかと気が付いたくらいです。
(自分が笑い者になっていることも分からずに、一緒になって笑っていたのですw)


c0243877_1091415.jpg


きょう書きたいのはそのことではなく、わたしが浜ちゃんのどこに任侠を感じるかということでした。
いままで、わたしの考えが受け入れられることはほとんどなかったのですが、たとえば、わたしが人と違うこと、過激なことを言って周りから叩かれ白眼視されるというような場面を想定したとき、あくまで想像ですが、浜ちゃんはこう言ってくれるように思うのです。
「ええ、ええ、考えの違うもんがおってもええ」と。
わたしの考えと相いれなくても、そう言ってくれそうに思うのです。
これが、わたしの思う任侠のいちばんの条件です。
わたしの考える最高の人間像です。
考えの違いが何だっていうのですか。

小沢さんが言われた「共感力」とは、同じ考えに対する共感ではなく、人間の本質、根源への共感です。
考え方、感じ方が同じであることは喜びですが、そうでなくても共感できるということが、わたしは人間の条件だと思っているのです。
とはいえ、総理を初めとする政治家に共感できるかと言えば「ノー」です。
私人としてならともかく、かれらは公職にある公人です。


c0243877_1093028.jpg










×
[PR]
by michi-no-yuri | 2016-11-27 10:13 | Comments(0)

国民はこうしていつも騙される。

野党が言うところの年金カット法案が強行採決されました。
総理は「現役世代の負担を抑え、年金財政の安定や将来の年金水準確保につながるものだ」の一点張りで押し切りました。
いくら将来の安定とか確保とか言われても「100年安心」の年金がこのザマです。
すべて、その場しのぎの言い訳なのです。
現役世代の負担軽減というのなら、なぜ保険料引き下げとセットにしないのでしょう。
若い人の多くには保険料を払う余裕がありません。
もう行く行くは生活保護に頼るしかないと開き直るしかないのです。

国の借金と言われたとき、わたしは日本は債権国なのに不思議なことを聞くものだと思いました。
その疑問に答えてくれたのが麻生さんでした。
「国の借金とは政府が国民に借金しているということですから誤解なきように。」と麻生さんが言ったのですが、この人はウソがつけない人なので言っていいことか悪いことかの判別も出来ずに喋ってそのつど物議をかもしているのですが、この件は怪我の功名とでもいうのか、言ってくれて良かったことでした。
しかし、ほとんどの国民は借金のツケを子や孫にまわしてはいけないと、小泉純一郎の言う、より良い明日のために、少々の痛みに耐えようと思ったのです。
こうして国民はいつも騙されるのです。


c0243877_10363944.jpg


年金の減額も、自分たちの失政を隠蔽するために、若い世代を引き合いに出しているのですが、もう一つの目的は、若者の不満を年金受給者に向けさせることにあります。
それにしても、安倍総理は何か一つでも国民の生活に資するようなことをしたでしょうか。
わたしはこれほど国と国民に愛情のない為政者もいないと思っています。
まさかとは思いますが、総理は、内に「破滅願望」でも持っているのではないでしょうね。 
日本は特攻機であり、自分の操縦で最後は華々しく散りたいという欲望を秘めているということはないでしょうね。

韓国で、安倍総理の福島沖地震の迅速な対応を賞賛する声が上がっていたそうです。
セオゥル号のときのパク大統領の7時間の空白と対比させて、安部は地球の裏側にいても、その1時間後には記者会見を開いて、「全力で取り組むよう」と指示を出していたということが称賛に値するのだそうです。
でも、韓国の人だって知っているでしょう?
総理は口だけだということを。
そのときだけだということを。
後は何もしないことも知っているでしょう?
日本の総理が褒められることなんかなかったので、産経が欣喜してこのニュースに飛びつきました。


c0243877_10365739.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2016-11-26 09:49 | Comments(0)

二十五日 その二  日本の一国グローバリズムw

わたしは以前から難民は国境をなくすためにNWOが故意につくりだしていると書いてきましたが、「ネットゲリラ」さんが、より具体的にその目的について書いておられます。

「アメリカはトランプ大統領でグローバリズムにNoを突きつけた。イギリスはEU離脱で、グローバリズムにNoを突きつけた。次に控えるのは、EUの難民排斥だろう。あの中東難民というのは、グローバリズムの金融資本が安い労働力を国際的な労働市場にひきずりだすためのプロレスです。ささやかに自給自足の貧しい生活をしていた連中を、国際的な労働市場に強制的に参加させる。そのためのシリア戦争だ。結果として、EUというブロック経済が破壊され、欧州は貧困を輸入させられる。こりゃたまらん、というので、EUもグローバリズムに決別せざるを得なくなるだろう。残るのは日本だけです。一国グローバリズムw 」

一国グローバリズムw 一国対中包囲網wです。
ということで、わたしは日本包囲網が静かに狭まってきているように思えてなりません。
日本が戦前回帰なら、世界もまた戦前と同じことをするということです。
安倍政権は宗教に乗っ取られていますから、理性や冷静な判断など望むべくもなく世界を相手に戦争も辞さないというところまで突き進むしかないのです。


c0243877_11224188.jpg


総理は、TPP離脱は保護主義への道だと、暗にトランプを牽制していますが、非保護主義というか棄民政策をとっている総理が何を言ってもだれも真に受ける人はいません。
自国の産業を守り雇用と賃金を安定させることが、なぜ保護主義だと非難されなければならないのでしょうか。
国民の生活を守ることが、なぜ自由貿易の障害になるのでしょうか。
二つを両立させることはいくらでも可能ではありませんか。
家にお腹を空かせて泣いている子どもがいるのに、外で見栄を張ってサツビラを切っているのが安倍総理です。
地球儀を俯瞰する外交とは、お金をばら撒くことでした。
外交とは、お金でするものだと思っているというか、それしかできないのです。

トランプの真意はAIIBに参加することだと田中宇さんが言っているそうです。
そうなれば、総理は何のためにTPPを推進してきたのか、何のために対中包囲網に全精力を注いできたのか分からなくなって錯乱し、日本は非常に危険な状況になります。
TPPでもいまだ日本が世界を牽引すると言っています。
いかに、周りが見えていないかということです。


c0243877_1123057.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2016-11-25 11:24 | Comments(0)

二十五日 その一  プーチン大統領に見限られた安倍総理。

プーチン大統領の訪日が迫ってきました。
わたしは、会見が山口になったと聞いたときに、おそらくアメリカに気を遣ったのだろうと書いたのですが、やはりというか、なんとプーチンも同じことを考えていたようです。
(袴田茂樹の「正論」への寄稿文より)
プーチン大統領が9月6日の記者会見で、ロシアの記者から出た「なぜ、東京でも伊勢志摩でもなく山口なのか」という質問に、「詮索したくないが、日本は米国追随だからだ」と答えていました。
それに、日程に東京が加わったことの経緯は分かりませんが、プーチンがわざわざ「天皇との会見は不要」と伝えてきたそうです。
しかし、わたしは天皇に会ってほしい。
ロシアの大統領が天皇と会見するのは、ニコライ2世以来の歴史的な出来事になります。
(明治天皇と会ったのは、会見ではなく、大津事件で負傷したニコライ2世を見舞うというものでしたが)
そうなれば、長きに亘って両国の間を阻んできた永久凍土のような関係にも春が訪れるかもしれないのです。
しかし、天皇との会見は不要と言ったのは、総理の負担を考えてのことかもしれませんが、もしかしたら、天皇に会ってしまったら、せめて2島返還くらいはしないといけなくなるかもという懸念があったのかもしれません。
それは困るということでしょうか。
プーチン大統領はもう安倍総理を見限っています。
それが、エイペック会場ではっきり態度に出ていました。
アメリカとの対話がみえてきたからには、もう直接日本と話し合うこともないということかもしれません。
日本がこれから一国主義になっていくことも、プーチンは見通していることでしょう。


c0243877_10351542.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2016-11-25 10:39 | Comments(0)

 トランプは「情の人」?

トランプが全米のメディアをトランプタワーに召集したことを孫崎享さんが

「内容はすべてオフレコ。大統領権限で圧力をかけてくる。米国はメディアの暗黒時代に入って行く。日本の安倍政権は先取りしていますが。記者会見せず、一本釣りで情報提供の手法を取っていく。」

とツイートしておられることに、わたしは「え!?」と思いました。
もちろんわたしはトランプのこれからのメディア戦略を知る由もありませんが、仮に百歩譲ってそうなるとしても、暗黒時代に入って行くということは、いままではそうでなかったのかという疑問が残るのです。

トランプとクリントンの支持率がず~っと拮抗していたことの不自然さ。
メディアがいっせいにトランプのネガキャンを張っていたことの不自然さ。
トランプはそのつど、「メディアによる偏ったフィルター」「メディアは不誠実で、そして腐敗している」と非難してきました。
主要メディアの57社がクリントン支持を打ちだし、トランプを支持したのはわずか2社だけでした。
今回、嫌というほど分かったのが、日本以上にアメリカのメディアがユダ金の洗脳下にあるということでした。


c0243877_10354457.jpg


大分前のことになりますが、イランのアフマデネジャフ大統領が欧米のマスコミを招いて会見をしたことがありました。
そのときわたしは、欧米の記者から発せられる質問の程度の低さ、無知に唖然としたものでした。
かれらは、なにも知らない、知らされていない、そして知ろうともしない迷妄の中にいるようでした。
今回、世界のメディアが茫然自失したそうですが、ぜひこれを真実を知ろうというきっかけにしてほしいものです。

トランプは、就任式まで待てずに、所信をビデオメッセージにしてユーチューブで流しました。
メディアは反発しましたが、メディアはこれからはトランプがユーチューブで流すメッセージをテレビや新聞で取り上げるだけの存在になるかもしれません。

選挙期間中、「ヒラリーは刑務所に入るだろう」と言っていたトランプですが、クリントン一家を傷つけたくないからと訴追を求めない方針だそうです。
トランプが分裂を好まず、国民の融和を図ろうとしているところにも、いままでの「分断して統治する」という政治手法への強い不満や批判があるように思います。
「情の人」「思慮深さと同時に決断できる人」と言ってはトランプ観を誤ることになるでしょうか。


c0243877_10364121.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2016-11-24 10:32 | Comments(2)