ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

<   2016年 06月 ( 39 )   > この月の画像一覧

三十日 その二 亀井さん、昼寝をしている場合ですか。

亀井静香さんが、今回の選挙期間は「カメの昼寝中」ということでどこにも応援に行かないそうです。
「さくらの木」構想が挫折したことが堪えたのでしょうか。
小泉進次郎がこの参院選を「天下分け目の関ヶ原」と言って応援に駆けずり回っているというのに昼寝をしていていいのですか。
もし、自公が三分の二をとったら一気呵成に憲法改正に進むと思われるのですが、亀井さんに言わせると、マスコミが自公圧勝を予想したから、振り子現象が起きる、雪崩れ現象が起きて野党が勝つのだそうです。
これほど嬉しいことはないのですが、ちょっと楽観的過ぎませんか。
亀井さんは応援したい候補者がいないそうですが、そうでしょうか。
三宅洋平さんはどうですか。
こんどこそ裏切られることにはならないと思いますけど、、

小沢さんのような政界のキーマンだった人、亀井さんのような派閥の領袖や歴代内閣で要職にあった人が、今や小沢さんには数人の党員がいるばかりで、亀井さんは一人になって昼寝(ふて寝?)するしかないところまで追い込まれてしまいました。

みんなお金とポストに釣られて離れていきました。
志に殉じるような高邁な精神はとっくに姿を消しました。
言葉通りに、小沢さんが年老いてなお一兵卒となって戦っておられる姿を見ると熱いものが込みあげてきます。
亀井さん、起きてください。
手を貸しますよと言いたいところですが、、まだ一人で起き上れるでしょう?


c0243877_1422173.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2016-06-30 14:24 | Comments(4)

三十日 その一  魂を入れて「政権打倒」を。

「野党は「野合批判」を恐れるな。
後ろめたいような顔でやっていたのではダメだ。
統一候補という形ができたのだからそこに魂を入れてやることが大事なんだ」


と小沢一郎さんが言っています。
わたしも、与党からの野合だという批判に、なぜもっと魂を入れて、「打倒安倍」だと言えないのかともどかしく思っていました。
まったく、魂が入っていないのです。
それにしても、 山口那津男という人はどんな人間なのでしょう。
なんだか恥ずかしくて見ていられないのですが。
総理の女房みたいで、主人が批判されるとムキになって反論し庇っていましたね。
野党を野合というのなら、自党が長年、金魚のフンとか下駄の雪とか揶揄されてきたことにきっちり反論してほしい。
金魚のフンのままで、他党の批判をするのはおかしいです。

むかし、わたしは組織票というものが分かりませんでした。
なんで事前に票読みができたり当落の予想ができるのか不思議でなりませんでした。
また、分かってからも、その組織に属しているだけで、なぜ組織の推す候補者に投票するのかが分かりませんでした。

「生長の家」が、あらためて、自公だけではなく、「おおさか維新」「日本のこころ」「新党改革」を教団として支持しないことを表明した上で、各個人の投票は、本人の自由意思に基ずくものだという声明を出しました。
こういう当たり前のことが日本では当たり前ではないのです。


c0243877_11162478.jpg


子どもが急病になったとき、近くの学会信者の家の人に車で病院まで送ってもらったことがありました。
それからというもの、そこの家族が入れ替わり立ち代わり訪ねてきて学会への入信を勧誘したのですが、、わたしはどうしても「うん」とは言えませんでした。
選挙のときにはご主人が車で迎えに来て、記名するわたしの後ろにぴったりくっついて、肩ごしにわたしの手元を見ているのを感じましたが、わたしは学会の推す人の名まえは書けませんでした。
わたしは決して頑なな性分の人間ではなく、当たり前のこととしてそれができなかっただけなのです。

「日本会議」は憲法の三大理念に加え、個人主義を敵視していますが、日本のどこに個人主義がありますか。
それを理解しているのは「生長の家」だけではありませんか。
個人主義もそうですが、主権在民も基本的人権も利己主義を助長するものとしか理解できないような人間が憲法を改正しようとしているのです。
高い税金で国民を苦しめた上に、公への奉仕ということで兵役の義務まで課そうとしているのです。
日本に、個人主義は100年早い。
いえ、100年でもムリでしょう。
個人に個がないから、自民党が安泰なのだということも分からないのですね。


c0243877_11164746.jpg










×
[PR]
by michi-no-yuri | 2016-06-30 11:20 | Comments(0)

山本太郎さん、三宅洋平さんに続こう。

「中国では、上にいけばいくほど聡明な人が出てくるが、日本は反対に上にいくほどバカが出てくる」とある中国人が言ったそうですが、理由は簡単で、日本が属国だからです。
マイケル.グリーンは「バカにしか総理はさせない」と言ったそうですが、わたしは最近内閣の人事権はアメリカ(CIAと言えばいいのかCISIと言えばいいのか、、)が握っているのではないかと思うようになりました。
内閣の顔ぶれをみると、どうしてかくまで品性、知性に欠けるのか、やっぱり、総理がアレだからそうなるのも自然かなのかなと思っていたのですが、ちょっと違うような気がしてきました。
CIAの持っている情報は質量ともに他を圧しています。
かれらはたくさんの日本人の個人情報のリストをもっているのでしょう。
その中から、日本への愛がないばかりか恨みを持っているような人間、脛に傷持つ人間、どこまでもアメリカに従順な人間をかれらは優先的に抜擢するのだろうと思います。
だから、一介の大学教授やテレビタレントの竹中平蔵や橋下徹、それにあろうことか下着泥棒の人間もが異例の出世をするのです。


c0243877_10545019.jpg


三宅洋平さんが街宣で矢部宏治さんの二冊の著書の宣伝をしていました。
わたしは、特に保守派の人に読んでほしいと思います。
こういう事実を知らないで国際情勢を語っていると後世の人に笑われますからね。
総理だった鳩山さんもその存在を知らなかった「日米合同委員会」が日本の政治を決めているのです。
国会なんかなんの権限もありません。
「日米合同委員会」は日本国憲法の上にあるのですから。
G7などに日本が入っているのは、日本国民をいい気にさせるためのガス抜きなのだと思います。
日本は最低の国です。
これに反論できる人がいますか。
矢部さんは日本が独立するためのモデルを提示しています。
バルト三国では、総人口800万人のうちの200万人がかれらの言う「バルトの道」640キロを人間の鎖で繋いで独立をかち取りました。
独立をかちとるのは政治ではなく国民です。
宗主国や為政者がもっとも恐れるのが国民の覚醒、国民の蜂起です。
(EU離脱派へのネガキャンにもかれらの焦りを感じます。)

山本太郎さんや三宅洋平さんと同じテンションを持っている人が1万人いれば、日本は変わると思いませんか。
三宅さんが、動物の殺処分(30万)を0にしたい、生きとし生けるもの、命あるものを守りたいと言いました。
泣きましたね。


c0243877_1027140.jpg










×
[PR]
by michi-no-yuri | 2016-06-29 10:33 | Comments(3)

二十八日  その二  天皇を「日本会議」から守らなければなりません。

おとつい、両陛下がラグビーを観戦されたニュースをみて、そのときは、珍しいこともあるもんだなという気持ちと、後ろに立っていた森嘉郎をみて嫌な気分になっただけで終わったのですが、きのう、就寝したあと急に気になりだしたことがあり、頭が冴えたまま朝を迎えました。

天皇は終始厳しい表情をされ、皇后は萎縮されているような感じでした。
天皇がラグビー観戦を望まれるはずはありません。
わたしはラグビーを盛り上げるために、森嘉郎が企画し、権力にものをいわせて宮内省にねじ込んだに違いないと思いました。
実際、そのような顔をしていました。
自分はいつでも天皇を動かすことができるのだという勝ち誇ったような顔をしていました。

「日本会議」は天皇を担いで戦争しようとしています。
日本人がつくった憲法を守ろう、戦争を忘れてはいけないとことあるごとに言われてきた天皇の言葉をかれらは故意に無視したのです。
戦前もそうだったのだと思いました。
天皇を担ぎ出して戦争をし、負けたらみんな自分たちの責任に「ほっかむり」したのです。
「ほっかむり」したまま70年を過ごし、いま突然時機到来とばかりに「ほっかむり」をとってむかしの顔を出してきたのです。

かれらは天皇を囲い込んでしまったのでしょうか。
「日本会議」から天皇をお守りする手立てを持っていないのが、ただただ悔しく申し訳ない。
本来ならリベラルが天皇を救出しなければならないのに、それもせずにどうして「日本会議」と戦うのですか。
天皇が革命の象徴にもなるのだということがどうして分からないのでしょうか。
宗教が政治に介入したら世は乱世です。
宗教ってなんだ!?
結局、政治家と同じで、権力志向体質がその本質なのです。


c0243877_1143647.jpg










×
[PR]
by michi-no-yuri | 2016-06-28 11:07 | Comments(0)

二十八日 その一  「英雄かDQNかサイコパスか」

「酔生夢人のブログ」より。 

「英雄かDQNかサイコパスか」
ある種のサイコパスは、こうした「どこかで人間としての節度を踏み越えた」ところから生じるように思う。「なぜ人を殺してはいけないのか」と疑問を持つのはいいが、「人を殺していけない理由はない」と「人を殺す」の間には巨大な間隔がある。その間隔を平気で飛び越える人間がサイコパスであり、だからこそ時には超人的な事業を成し遂げることもある。
織田信長は天才だが、現代の貧困家庭に生まれたら、少年院から刑務所、ヤクザの道をたどったのではないか。

また、ある種の若者の間では、「お地蔵さんを蹴れる奴」や「おにぎりを踏みつぶせる奴」が英雄扱いされるものである。

(以下引用)

はぁとふる売国奴 日曜日 西れ57aさんがリツイート
幸福太郎 ‏@koufukutarou9 13時間13時間前

今日、伊集院さんがラジオで言っていた、『自分は無信心で神様も信じてない、だけどお地蔵さんを蹴れるかっていうと無理だし賞味期限切れのおにぎりを踏めるかっていうと無理』という話、なんか大事な気がする。 そういうのが根っこにあるものとして暮らすけど、たまにそれが無い人に出会うと怖い。


c0243877_1045969.jpg


わたしは好意的なものから誹謗中傷も含めて総理に対する人物評にどうしてもしっくりこないものを感じていたのですが、これを読んで漸くそのしこりが解けたような気がしました。
また、ず~っと引っかかっていた、自分が教えていなかったら今ごろ総理は網走の刑務所に入っていると言った平沢勝栄さんの謎の言葉も分かったように思いました。
人間が普通に持っている罪悪感や畏れの感情が総理に欠けていたのです。
お地蔵さんを蹴飛ばしたり、おにぎりを踏み潰したりとは言いませんが、それに近いものを平沢さんは子どもの総理に感じていたのだろうと思いました。
平沢さんだって決して褒められた人間ではありませんが、しかし、ウソをついたら少しはこころが痛むくらいの良心は残っているでしょう。

たしかに、焼き魚にかぶりついたり、箸やお茶碗の変な持ち方の写真をみるだけでも、異常性の片鱗はうかがえるのです。

ちなみに、ウイキによると、サイコパスには次のような特徴があるそうです。

良心が異常に欠如している。
他者に冷淡で共感しない。
慢性的に平然と嘘をつく。
罪悪感が皆無。
自尊心が過大で自己中心的。
口が達者で表面は魅力的。

この中で、わたしは、最後の表面は魅力的というのには同意しません。
小泉純一郎といい、日本はトンデモナイ人間が総理になっています。
これも日本がアメリカの属国だからだと思って間違いありません。


c0243877_1083855.jpg









×
[PR]
by michi-no-yuri | 2016-06-28 10:09 | Comments(0)

ほっといてください。

EU離脱に賛成した男性が、これからは他国の離脱も応援するよと叫んでいましたが、わたしはそもそもEUというものをいいものだと思ったことがありませんでした。
国は個々が独立しているからこそ、お互いを理解、尊重しようという気持ちになるのであって、それを人工的に一つにすれば、居心地の悪さや内輪もめが発生するのは必然でした。
そう考えると、ヨーロッパから戦争を失くそうというEU設立の謳い文句も怪しくなってきます。
むしろ 混乱や内乱が起きるのが「かれら」の狙いだったのかもとか思ってしまいます。

1%のために奴隷のように働かされてきたことに、人びとは気付いてきたのだと思いたい。
「人はパンのみにて生きるものに非ず」ということを人びとが思い出したのだと思いたい。
それは「かれら」が必死で洗脳し隠しておきたかったことでした。

「れんだいこ」さんのツイッターです。

「英国のEU離脱は国際ユダ邪の世界支配終焉の狼煙になった。これが後世の歴史の巻頭の記述になる。これが原発事業に大いに関連している。原発なり戦争の旗振り推進が国際ユダ邪であるからEU離脱はそれらからの離脱も意味する。西欧で始まった国際ユダ邪支配が西欧で倒されるのは歴史の冥利だな。」


そうだとすると、いまごろ「かれら」はルイ16世の心境なのかも。


c0243877_11153210.jpg


宮家邦彦さんが、離脱の選択は

「有権者が抱く反EUの民族主義的感性が、加盟維持という国際主義的理性を凌駕したということ」

だそうですが、ここには、政府に反対する者はすべからく感情的だとの固定観念があり、おそらく、こういう発言は自分はエスタブリッシュメントだという自負からでてくるのでしょう。

「現在、世界中で、醜く、不健全で無責任な、大衆迎合的ナショナリズムが闊歩している。」

冗談ではありません。
日本では、醜く不健全で無責任な安倍政権が、国民に対して独善的感情的なナショナリズムを煽っていることが、宮家さんには目に入らないのですか。
(こういう人は一生歪んだエリート意識から離脱できないでしょうね。)

裏切り者の城内さんは、皇室、国体がいちばん大事だと言いましたが、「国体」なるものは、植民地であっても保守されるものなのですか。
自衛隊が米軍の指揮下に入っていても「国体」は健在なのですか。

しかし、わたしは安倍総理がアメリカにキバを向けたときが恐ろしい。
戦前のように鬼畜米(英)になるのが恐ろしい。
わたしは、反米でも嫌米でもありません。(と一応そう言っておきます。)
対等な関係になりたいだけです。
だれからも支配も搾取も干渉もされたくないだけです。
ほっといてほしい。


c0243877_115928.jpg










×
[PR]
by michi-no-yuri | 2016-06-27 11:06 | Comments(0)

二十六日 その二  会話や対話が成立しない社会になりました。

桜井よし子、花田紀凱共著「民意の嘘」という本の書評を西尾幹二さんが書いています。
自衛隊もそうでしたが、右の人も、長い間日陰に甘んじてきたことへのウップンがいま噴き出しているようです。

「集団的自衛権を批判するのは勿論いい。しかし、中国が軍事的威嚇をしているという前提は決して言わない。」


と書いていますが、西尾さんともあろう人には、軍事的脅威がつくられたものだということを前提にしてほしいものです。
世界の支配者が自分たちの利益のために、国や民族を分断し、対立させ、戦わせているということくらい、そろそろ分かってもいいのではありませんか。
日中が戦ってだれが得をするのか考えてほしい。
上手く乗せられてまた、何百万という同胞を死に追いやるのですか。
マスコミはけっして中国に不利になることは言わないということですが、総理は経済が悪くなるといつも中国のせいにしていますよ。
マスコミの人間が総理の「すし友」仲間だと揶揄されていることは耳に入らないのでしょうか。


c0243877_10361814.jpg


きょうは曽野綾子さんがいいことを書いています。

「政治も教育も医療も外交もあらゆる人間的行為はすべて会話ができなくては始まらない。武力は最低の手段で、その前に人間的にしてみるべき突破口はたくさんある。」

曽野さん、意味の無いことを一方通行で延々とお喋りになる総理に、会話というものを教えて差し上げてくださいませんか。
ほんとうに、会話やコミュニケーションのない社会になりました。
コミュ障という言葉もあり、とくに男性に多いらしい。
だから、橋下徹のような饒舌な人間が持て囃されるのかもしれませんね。

総理が中国と対話も外交もしないことを西尾さんはどう説明されますか。
城内実さんが言った「急に話がわかるようになったら、それは中國人ではない」と同じ考えですか。
しかし、わたしはすくなくとも、中国人よりも桜井さんや花田さんとの方が対話にならないだろうと思っています。


c0243877_194342.jpg









×
[PR]
by michi-no-yuri | 2016-06-26 10:41 | Comments(0)

二十六日 その一  幸せ(神)は細部に宿る。

きのう、NHK「Eテレ」で、行政に頼らない地域ずくりという番組をやっていたのですが、わたしは手が離せない用事があってチラチラとしか見られませんでした。
若者などの移住を受け入れ、農業を基本に地域起こしをしようという試みですが、代表は、補助金は欲しいけど行政に頼らないでやっていきたいと言っておられました。
若者から年配の人までたくさんの人が参集していましたが、どの顔にも喜び、明るさ、安らぎ、優しさがあって、それだけでこのささやかな事業が成功していることが分かりました。
こういう行政に頼らない運動がどんどん横に広がっていってほしいとこころから思いました。
(行政に頼っていたら殺されかねない)

政府が推し進める「農業特区」を無化するまで、運動が燎原の火のように燃え広がってほしい。
売国奴の竹中平蔵に、日本の農地に指一本触れさせないでほしい。
自治体は農地を企業に売る仲介はしないでほしい。
それは戦前、娘の身売りを斡旋した女衒の行為と同じです。


c0243877_942256.jpg


ネットで東京の汚染を知っている人はたくさんいるはずなのに、やはり、どこかにお上を信じる気持ちがあるのですね。
でも、そこに生きる喜びがありますか。
幸せは生活の細部や隅々にあるのです。
それを知らなければいくらお金があっても幸せではないと思います。
見ること(観察すること)感じること、考えることの無い人生って空しくありませんか。

イギリスのEU離脱では、排外主義とか民族差別だとかの批判もありますが、わたしは分からないのですが、根底には今の世界の仕組みから解放されたいという欲求があったのではないか、またそうであってほしいと思いました。
1と99の仕組みを多くの人が知るようになった結果だと思いたい。

新自由主義が台頭してきたのはいつごろだったのか、そのころ欧州ではグローバル化反対のデモがあり、わたしは、いいことなのになんで反対するのだろうと怪訝に思っていました。
その程度の認識だったのです。
山本太郎さんは1を聞いて10を知るような理解力とスピード感を持っていますが、わたしは10を聞いてやっと1を知るような鈍な人間だったのです。


c0243877_9423236.jpg










×
[PR]
by michi-no-yuri | 2016-06-26 09:46 | Comments(0)

二十五日 その二  1%への反乱が始まる。

イギリスは国民投票でEU離脱が決まりました。
それはアイデンティティ危機から始まったと書かれた記事がありましたが、考えてみれば、そもそもグローバリゼーションとは、人びとからアイデンティティを奪うことが目的だったのではないでしょうか。
だから、故意に難民、移民を作りだして、国家、国民のアイデンティティを薄めようとしたのだと思います。
NWO(世界統一政府)が、自分たちが統治、管理し易いように、世界を均等化、平準化 奴隷化しようとしたのがグローバリゼーションだったのだろうと思います。
竹中平蔵が正社員をなくす方向で動いていたのもその一環でしょう。
日本だって、大量に移民が入ってきたら、アイデンティティが傷つき悲鳴をあげることになるのですが、そのときでは遅いのです。

EU離脱によってナショナリズムが強まるのではないかとの懸念があるようですが、そうではなく、わたしはあくまで1%への反乱だと思いたい。


c0243877_14521132.jpg


開票は手作業でしたね。
また、選管がムサシを大量に購入したそうです。
だれの指示ですか。
投票箱は移動させずにその場所で開票、集計してほしい。
期日前投票も、投票箱がきちんと管理されているのか甚だ疑わしい。
集計を急ぐ理由はひとつもありません。
むかしは最終結果がでるのが日をまたぐこともよくあったのです。
選挙は民主主義の根幹です。
それに不正があれば、どれだけ未開、野蛮国かということです。
三宅洋平さんがムサシのことに言及していましたが、もっともっと言ってほしい。
三宅さんは凄いです。
45分以上も喋り続けられるのは、ほかに安倍総理がいるだけです。
こころがなくてもあれだけ喋れるのも一種の才能でしょうが、三宅さんの言葉にはこころがありました。
はち切れんばかりのこころがありました。
こころで感じこころで考えていることが熱く伝わってきました。
山本太郎さんとふたりで革命を起こしてください。
若い人は続いてください。


c0243877_14565464.jpg










×
[PR]
by michi-no-yuri | 2016-06-25 14:58 | Comments(2)

二十五日 その一  続、裏切り者の系譜。

まだテレビは舛添さんを取り上げています。
わたしは、舛添さんがどんなに悪かったとしても、家族はもちろん、親しかった友だち、同級生、それにかれの下で働いていた人たちは、擁護はしなくても、悪口は言わないでほしいと思います。
それが人の道だと思うからです。
テレビで嗤いながら人の悪口を言っているのを見ると、わたしは速攻で目をそむけます。
人を批判するときは真面目にしてください、嗤わないでください。

ブログで倫理破壊をしたのが飯山さんと亀さんです。
とくに亀さんの佐野博士への面白がっていたぶり、笑い者にするようなコメントは人間としての一線を越えていました。
もし、酔った上でのことだというのなら、酔いが醒めたあと削除せずにはいられなかったはずですが、そのままでした。
こういう人が教育や人情を語るのです。
(でも、中には本心を隠してブログを書いている人もいますね。こういうのは目立たないからより悪質かも。)


c0243877_1145686.jpg


鈴木宗男さんの裏切りはしばらく信じられなかったのですが、事実でした。
娘の貴子さんも憎たらしいことを言う人ですね。
娘を愛しているのなら、そういうことはできないと思うのですが、鈴木さんはしました。
ゼッタイに間違っていると思います。
宗男さんの心境にどのような変化があったのでしょうか。

谷亮子さんは生活の党での六年間何を学んだのでしょう。
人が自民党、自民党へと行くのは、水が低きに流れるのと同じ現象なのでしょう。
徳のある人のところに人が寄ってくるというのは昔のはなしで、いまは徳の無い人のところにゴミが集まるように、人も流ついてくるようです。
何をしても咎められず、知識も知性も品性も求められないのですから、悪党にとってはこれ以上居心地のいいところはありません。
鈴木さんも苦労がたたって、居心地のいいところに行きたかったのかもしれませんね。

谷亮子さんのダンナさんの谷佳知さんが、巨人やオリックスに在籍していたことを考えれば、どういう筋からの働きかけがあったかはよく分かるのです。
これからは夫も応援してくれると言っているということは、夫は生活の党に反対していたということです。

耳成山
c0243877_10594055.jpg










×
[PR]
by michi-no-yuri | 2016-06-25 11:05 | Comments(0)