ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

<   2016年 01月 ( 37 )   > この月の画像一覧

その知事は共産主義者であり大の天皇ファンだったそうです。

去年のパラオと今回のフィリッピンの慰霊を天皇は「強くご希望」されたということで、このニュースが報じられる度にその文言が必ず入っていました。
なぜ天皇は強くご希望されたのでしょう。
安倍政権が進める戦前回帰に強い危惧と焦燥の念を持っておられたからではありませんか。
だから、ことあるごとに憲法を守ろう、先の戦争を忘れてはいけないと言い続けておられるのではありませんか。
安保法案推進の立役者ともいうべき高村副総理が今回の慰霊に随行していましたが、天皇の御こころなど思ってみたこともないでしょう。

最近思うのが、昭和天皇のエピソードがお言葉と共に人口に膾炙しているのに比し、今上天皇にはそれがほとんどないことです。
わたしが思ったのは、側に仕える人間に天皇のお言葉を感受する能力と意思がないことに加え、天皇と国民の間を遮断しようという悪意が介在しているのではないかということです。
また、天皇にもこころを開いて話せる人間がいないということです。
昭和天皇のエピソードのほとんどは侍従の口を通して国民は知ることができました。
いまの侍従長がだれか知りませんが、とても天皇と国民の間を取り持つ意思があるとは思えません。


c0243877_1134524.jpg


防衛省が、有事に備えて民間のフェリーを使用できるようにすると言ったことに、海員組合は「船員予備自衛官化」「事実上の徴用」だとして強く反発しています。

去年の誕生日に、天皇は軍人以外で犠牲になった人々として民間の船員をあげてこう述べられました。

「制空権もなく、輸送船を守るべき軍艦などもない状況下でも、輸送業務に携わらなければならなかった船員の気持ちを本当に痛ましく思います。」

安保法案に異議を唱えた山崎拓さんや古賀誠さんを、菅官房長官は「政界を去った人間」(が何を言おうと関係ない)だと吐き捨てるように言いました。
きっと、総理も内心、権力も権限もない天皇が何を言おうと関係ない、自分が最高権力者なのだから、と思っているに違いありません。
これが、一応「保守」ということになっている人間の本心なのです。
天皇はあくまでお飾りに過ぎません。

わたしは、つくづく「左」が天皇を推戴しないことを勿体ないことだと思っています。
革新のシンボルでもある天皇を、、

先日兄から、むかし何期も京都府知事をつとめた蜷川という人は、共産主義者だったそうですが、大の天皇ファンでもあった人だったということを聞きました。
兄は苦々しい顔をしていましたが、わたしはおもわずニンマリし「それいいね」と言って一人はしゃいでいました。
こうでなくては、、


c0243877_1029418.jpg

[PR]
by michi-no-yuri | 2016-01-31 10:33 | Comments(0)

二十九日 その二  まるで被害者のような甘利さん。

辞任した甘利さんに対して、潔いと称賛する声や同情する声があがっているそうです。
告発者を「そのスジの人」と言った菅官房長官や「罠をしかけられた」の高村副総理のコメントに、簡単に催眠にかかった人たちがこんなにいることにわたしは脱力します。
これではまるで甘利さんが被害者のようになってしまっているではありませんか。
絶体絶命、訴追は必定だということで、それを避けたいということでの辞任だと思いますけど。
それでも総理は続投させて守ろうとしましたが、任命責任よりもそのことのほうが重大な責任ではないでしょうか。

斡旋利得はゼッタイにないと言える議員が、はたして何人いるでしょうか。
国会議員に、入学、就職、結婚の口利きを頼む選挙民は多いと聞いています。
秘書に「善きに計らえ」と任せていたとしても、そこで仲介をはたすのが金銭だというのは当たり前のことだと思います。
そういう風土が根を張っているところで選挙に期待するのは、ほとほと虚しいくなる、、

きょう、高浜原発が稼働します。
原発を誘致すれば、タナボタ式にお金が降ってくると言った人の息子を福井の人は国会に送り出しました。
息子が大臣に抜擢されたのも父親がそういう人だったからです。
決定的証拠がなく、父親の権力で起訴を免れ、いま堂々と「そんな事実はありません」と言える高木大臣を見て、甘利さんはどんな思いを持たれるでしょうね。
運が悪かったと、、?


c0243877_12591870.jpg

[PR]
by michi-no-yuri | 2016-01-29 12:59 | Comments(0)

二十九日 その一  小保方さん、よく耐えられましたね。

小保方さんの本「あの日」は、並べた途端に無くなると書店の人が言っていました。
(すでに本を買う習慣を失くしていたわたしもさっそく近くの本屋さんに注文しました。)
本を買った人の多くは、わたしと同じように、小保方さんに同情を寄せ、小保方さんは嘘をついていないと思っていた人だったのではないでしょうか。

普通ならとても耐えられないところを小保方さんが耐えておられることを、わたしは驚愕と称賛の気持ちで眺めていました。
よく耐えられましたねという称賛の気持ちです。
それは、やはり小保方さんに、スタップ細胞はあるという信念と、自分はそれを証明する機会は奪われたが、きっと誰かが証明してくれるだろうという確信的希望があったからだろうと思いました。
それに、いちばん小保方さんの気持ちを支配していたのは、尊敬する笹井芳樹教授の名誉を守りたいということだったのではないでしょうか。
もし、気持ちに「うそ」があれば、人間ここまで耐えられないと思います。

しかし、忍耐は小保方さんひとりのキャパシティを遙かに超えていました。
わたしは、きっと「大きな存在(神)」が小保方さんに力を貸したのだろうと思い、その「大きな存在」にも感謝せずにはいられませんでした。


c0243877_921320.jpg


理研の、小保方さんを徹底的に叩き潰そうという姿勢からわたしに見えてきたのが、小保方さんを潰さないと自分たちが潰されるという「怯え」でした。
わたしはそこに、新エネルギーが封印されてきたのと同じ構造があるのではないかと思い、そのあまりにも巨大な闇に恐怖しました。

再実験が失敗に終わった後の理研の会見で、自由な環境で実験できなかった小保方さんを痛むようなコメントをした人がいましたが、この騒動を通してわたしが救われたただ一つのコメントでした。

若い女性を、大人たち、男たちは、これ以上ないという冷酷さで、名誉はおろか、未来そのものを切断しました。
生きられないようにしたのです。
そういう中を、小保方さん、よく耐えてこられましたね。
ありがとうございました。


c0243877_9212541.jpg

[PR]
by michi-no-yuri | 2016-01-29 09:24 | Comments(2)

二十七日 その二  野田聖子さんへの違和感。

産経が大きく紙面を割いて「おおさか維新の会」と松井、橋下のヨイショ記事を載せています。
産経は政府広報紙というより、総理の個人紙のようです。

「橋下イズム」の継承とは何の継承のことなのでしょう。
継承したくなるようなことを何かしましたか。
松井知事が橋下は「日本にとってなくてはならない政治家」だと言っていますが、必要としているのは総理だけです。
こうして、一介のチンピラが大物政治家に伸し上がっていくのです。
無名のタレントを所属事務所がお金を注ぎ込んで売り出すのと変わらないのです。


c0243877_1263175.jpg


きょうの新聞の片隅に野田聖子さんの発言が小さく報じられていました。

「2020年まではとりあえず安倍首相に任せて、2020年以降の日本をどうすべきか今から答えを出しておかないといけない。」

冗談ではありません。
後4年も安倍総理に我慢のできる人がいるのでしょうか。
結局、野田聖子さんも将来を見据えて面従腹背に舵を切ったということですか。
わたしが、谷垣さん、石破さんを見ていて怒りを感じるのは、その面従腹背の態度なのです。
「公」のためではなく「私」のための面従腹背が許せないのです。
あなたたちは後4年それを続けるつもりなのですか。
あなたたちは我慢できて、それまで生きていたとしても、国民は息も絶え絶えですよ。
これからの4年を「とりあえず、首相に任せて」の「とりあえず」という言葉にわたしは怒りを覚えます。
そんな感覚なのですか!

いつも感嘆するのは、総理の改憲への執念が衰えないことです。
建康に不安を抱えていたら、普通なら意欲も減退すると思うのですが、総理の場合はその不安が意欲増進の原動力になっているのでしょうか。


c0243877_1272772.jpg

[PR]
by michi-no-yuri | 2016-01-27 12:08 | Comments(0)

二十七日 ぞの一  野々村竜太郎を笑う人たち。

きのうの野々村竜太郎さんの裁判に、神戸地裁前には大勢の人が並びました。
バイトで集められた人が多かったのでしょうが、マスコミがこのことをいかに面白おかしく報道しようとしているかが見えて、わたしは嫌な気持ちになりました。
かれがどんな人間であっても、わたしは人を「面白がる」という心性ほど卑しいものはないと思っています。
かれは前日から身柄を拘束され、さらに、地検の要請で次の公判(3月25日)まで拘置所に留め置かれるそうです。
逃亡の恐れがある場合はそういうこともあるのでしょうが、それ以外でこういう前例はあるのでしょうか。
かれに対しては、もう何をしてもいいという空気がマスコミだけでなく司法にも及んでいるような感があってわたしは身震いしたくなるほど嫌な気分でした。

他人に対して「ふざける、面白がる」ような人間がわたしは大嫌いです。
飯山さん、亀さん、きのこさんに言わずにいられなかったのもそういう気持ちからでした。
面白がるということは相手のこころを「弄び、いたぶる」ことです。
そういう心理が「いじめ」の原型というより、いじめそのものなのです。
(実はわたしも最初は驚き、呆れ、笑っていました。)


c0243877_10593573.jpg


政務活動費についてはほとんどの議員やましいことがあるのではありませんか。
この事件を受けて、不正をなくすための取り組みをした自治体がありましたか。
なにも変わらなかったのです。
ただ、野々村竜太郎という人間をおもちゃにして笑っただけなのです。

必要に応じて申請し、後に報告書の提出を義務付けていたのは鳥取県(市?)議会だけでした。
野々村竜太郎を笑える議員はそういないのではありませんか。
甘利さんもそうでしょう? 
笑えませんよね。


c0243877_10595421.jpg

[PR]
by michi-no-yuri | 2016-01-27 11:09 | Comments(0)

二十六日 その二  また日本を狂気が支配する。

きょうの「正論」は新保祐司さんの「清けき神代の日本精神に触れよ」です。
わたしが必ずと言っていいほど新保さんの記事を取り上げるのは、日本精神の崇高さとか美しさを言われる新保さんが安倍総理を支持しておられるからです。(「正論」執筆者のほとんどがそうですが)
わたしは「日本人のアイデンティティー」とか「日本は素晴らしい国」だとか言われだしたら要警戒だと思っています。
まして、伊勢神宮とか靖国神社が言われるようになったら猶更です。

神社の権威付けが、明治以来2回ありました。
最初は明治維新政府による「廃仏殻釈」です。
次が戦前の靖国信仰です。
その間約70年で、また、70年経った今そういう空気になってきました。

明治の廃仏殻釈のときは「狂気」が支配していたようです。
高村光雲(光太郎の父)が、大量の貴重な文化財が廃棄され、興福寺の五重塔までが売りに出されたと書いているそうです。
その狂気は「ええじゃないか」の熱狂の余勢を駆ったものだったのかもしれません。


c0243877_12534849.jpg


「もと是神州清潔の民」とは、勤王の志士伴林光平の漢詩の一節だそうですが、新保さんは
「これは物質的な意味だけでなく、精神の在り方についても言える」
と書いておられるのはなんだか主客転倒のように思います。
伴林光平はあくまで「精神、こころ」を言っているであって、これでは精神が「従」になってしまいます。
しかし、その日本の「精神、こころ」が利用、悪用されるのです。
ことさら、日本人を清潔の民と強調することで、他国への差別感を煽ることになるからです。
いま、テレビなどで、「日本はスバラシイ」という宣伝が行われていますが、ほんとうに危険な洗脳だと思います。

日本の伝統の素晴らしさを言われる新保さんも、
「国家の品格」を書かれた藤原正彦さんも共に安倍総理を支持しておられます。

伊勢神宮に恒例の初詣に行った総理は、境内の道の脇に並ぶ初詣客のもとに駆け寄り握手を求めるという醜態をさらしました。
道と言っても広場のような道です。
人々との間にはかなりの距離があるところを、総理は自ら握手を求めて駆け寄ったのです。
こんな恥ずかしい日本の総理は始めてです。


c0243877_12541746.jpg

[PR]
by michi-no-yuri | 2016-01-26 12:57 | Comments(0)

二十六日 その一  救国のための野党共闘だということが分からない人々。

民主党の細野豪志さんが、護憲の共産党とは組めないと言っているそうですが、お里が知れるというものです。
もう、民主も維新の会も駄目なのです。
煮え切らない岡田代表に業を煮やしたのか、連合の会長は、民主は共産党を排除すると勝手に宣言してしまいました。
先日の、一堂に会した市民勝手連から福山さんに激しい怒号が浴びせられたのはそのことだったようです。
わたしはそういう怒りを頼もしく感じましたが、国民はもっと政治家に直接怒りをぶっつけないといけないのです。

岡田さんも松野さんもダメなのです。
松野さんなど、共産党を除く野党連合ということで、「おおさか維新」や「日本のこころ」や「日本を元気にする会」などとも共闘するとトンデモナイことを言っています。
自ら(トロイの)木馬をつくって、そこに工作員を入れるようなハナシです。


c0243877_11415932.jpg


わたしは、なぜ、共産党をそれほど忌避するのか、その理由が知りたい。
共産党が都市部で圧倒的に強いのは貧困層が支持しているからです。
その貧困層が増えている現在、共産党を除外して自分たちを支持する層があるのか、よく考えてみてください。
いったい、何にとらわれているのですか。
自民党に下駄を預けている人がたくさんいるからですか。
前原さんなどから新党の話がでているそうですが、自分たちがでていけばいいのです。
下駄を預けているところに戻ればいいだけのことです。
まったく、自民党と同じ体質なのです。
安保法案も改憲もTPPもみんな賛成なのです。
岡田さんは、一応廃案を叫んでいますが、その声の弱々しいことといったら、、、

「国会前デモの人々は、共産党除外など望んでいない」と書いてあったブログがありましたが、わたしも同感です。
救国としての「国民連合政権」だということがまったく分かっていないのです。
なにも分かっていないのです。
頭にあるのは「ご主人の言いつけ」と自分の立場を守るための保身だけです。


c0243877_11433360.jpg

[PR]
by michi-no-yuri | 2016-01-26 11:45 | Comments(0)

「原発さえなかったら」

去年の9月に楢葉町は避難解除になりましたが、それが科学的データに基ずく安全宣言でもないことや、避難先での生活が定着したことなどから帰町したのはわずかに5%に留まったということです。
しかも、そのほとんどは高齢者です。

家だけがあっていのちの気配がまったくない町は異様で別次元の世界です。
これほど悲しく衝撃的な光景はありません。

わたしは、NHKスペシャル「ゼロからの出発」を見ていて、かってその家の中や通りで日常的に交わされていた会話や笑顔を想像していたたまれないような気持ちになりました。
人がつくったものだけが残り、そこに入るべき(入っていた)魂がなくなったということです。

番組で、町の女性職員が、所在を確かめるために一軒づつ訪ねていった先で一人住まいの90才近い男性に会います。
鍬を手に、百姓ほど面白いものはないと言っておられましたが、込みあげてくるものを抑えられなくなったのか急に嗚咽されました。
気持を察した女性職員が「大丈夫だよ。みんなだんだん帰ってくるから」と慰めておられましたが、その女性はそれを信じておられたのかもしれませんが、そう思わないわたしは老人の孤独や悲しみに粛然とするばかりでした。


c0243877_116241.jpg


「原発さえなかったら」と壁板に走り書きをして自殺した酪農家。

天皇陛下は「平和であったならば」死ぬことはなかった人々の死を悼まれました。

わたしは、日本人にこの二つの言葉をこころに刻んでほしいと願わずにはいられません。
それなのに、現実はそういう気持ちを嘲笑うかのように反対の方向に突き進んでいます。

ヒロシマやナガサキ、それにフクシマも運が悪かったということですか。
日本人は反省や悔恨や思いやりのこころを持たない野蛮人なのですか。

最近、ほんとうに恐ろしい話を聞くようになりました。
「9条」と書いたTシャツや、そう見ようと思えば「9」に見えるかも?というブローチを警官や国会の衛士が見咎めるようになったことです。
いつから、日本はこんな恐ろしい国になったのでしょう。

「原発さえなかったら」という悔恨ほど苦しく辛いものはありません。
もう二度と元に復することはないからです。


c0243877_1165455.jpg

[PR]
by michi-no-yuri | 2016-01-25 11:17 | Comments(7)

甘利大臣はず~っと思いつめていました。

TPPの署名式が間近に迫っている時期に、突然出てきた甘利大臣のスキャンダルの真相というか意図するものが何かはいまのところ藪の中です。
ところで、本会議場や予算委員会における甘利大臣の思いつめた表情にわたしが注目するようになったのは、最近のことではありません。
床に目を落として空の一点を凝視している顔には尋常ならざるものがあり、娘と、なにか家庭で深刻な問題でもあるのだろうかと話し合ってからでも一年以上は経ちます。
なぜ、それが話題に上らないのか不思議でしたが、その思いつめた表情が今回のスキャンダルと関係がないとは思えません。

TPPが正式な合意に至るのは、もはや避けられないのでしょうか。
バス事故で自慢の娘を失くされたお父さんが、社会の病巣を指摘して、すぐによくなるものではないと思うが、改善されることを期待すると言われましたが、TPPが成ったらその期待は完全に裏切られるでしょう。
今回の事故の原因を、小泉改革の規制緩和による競争激化だとするカキコミが散見されますが、TPPはそれに追い打ちをかけるものであって、間違ってもよくなることは一つもありません。
なかには、安い食料品が入ってくると歓迎する意見もありませが、価格破壊のすさまじさとそれによる社会的混乱を想像する人はあまりいないようです。


c0243877_1043540.jpg


小沢さんは、TPPには、日本社会の仕組みを変えようというアメリカの意図が見え隠れすると言われ、亀井静香さんは「日本を殺しにくるもの」だと言われました。
過激な表現かもしれませんが、しかし、それがTPPの本質です。

わたしには、なぜ経済界が賛成するのかが分からなかったのですが、多国籍企業の傘下に入って甘い汁を吸おうということでしょうか。

あるブログに、あくまで想像のレベルだが、このスキャンダルはもしかして中露連合の対日攻撃では と書いてありましたが、もしそうならわたしは嬉しいと思いました。
連合軍のノルマンディ上陸を心待ちにするヨーロッパ国民の心境です。
日本はいろんな意味でもう他国によってしか救われないところまできているということです。
それが嫌なら国民が目醒めて立ち上がるしかありません。


c0243877_10215794.jpg

[PR]
by michi-no-yuri | 2016-01-24 10:25 | Comments(0)

「南の島に雪が降る。」

あすは普天間のある宜野湾市の市長選挙です。
さっきユーチューブで、応援に駆け付けた小泉進次郎さんの演説をちょっと聞いたのですが、笑ってしまうほどの大物ぶりでした。
みんなが寄ってたかって持ち上げ錯覚させてしまったのです。
人間として終わっているなと思いましたが、しかし、そういう人間を、若いのに立派だと支持する人がいることがやるせない。

騙されていけないのは、辺野古建設を普天間の危険性を根拠にすることです。
そんなに危険ならすぐにも閉鎖すべきなのに、キケン、キケンと言い続けて数十年が経ちました。
そもそも、なんで代替地が必要なのですか。
しかも、なんでそのことで日本人が対立して争わなければならないのですか。
代替地なんか要らないのです。
基地が少し縮小されるだけのことです。
政府のメンツと利権と保身のために辺野古を犠牲にすることは許されないことです。
(普天間の危険性と言われて思考停止してはダメです。)


c0243877_1172675.jpg


きのう、気になることがあって調べたら、やはり、3年前の安倍政権に代るときの衆院選で、自民党に119人の新人議員が誕生していました。
記憶しているわけではないのですが、それまでの選挙で新人が10人も出たことがあったでしょうか。
119人とは驚異的、革命的な数字です。
しかし、マスコミはまったくそれを取り上げませんでした。
安倍総理がドヤ顔で自慢することもありませんでした。
そして、新人が晴れがましくテレビのスポットライトを浴びることもなかったのです。
ほんとうなら、翌日のテレビはそれで持ちきりになっていたはずです。
わたしはどんな人が当選したのか知りたいと思いましたが、まったく手がかりがありませんでした。
まるで、中国の戸籍を持たないヘイハウズ(黒子)みたいな扱いだなと思いました。

きのう、甘利大臣の演説の前に野党の議員は席を立って出て行き、その後大臣が登壇すると与党席からやんやの喝采、掛け声が起きていましたが、つまり、新人はそういうときの掛け声要員だったのでしょう。
119人というだけで不正選挙を疑うに十分だったのです。

あすは沖縄にも雪が降るかもしれないということです。
先日、兄が「南の島に雪が降る」という映画のDVDをくれましたが、沖縄に雪が降って、政治にも奇跡が起きることを祈りたいと思います。


c0243877_1175471.jpg

[PR]
by michi-no-yuri | 2016-01-23 11:11 | Comments(2)