ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

<   2014年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧

保守の愚かさ その二

サンケイが「オピニオン」と銘打つ紙面は「正論」がとくにそうですが、執筆者がサンケイのオピニオンを代弁している感があります。

連日の中国非難はまるで体制翼賛のようです。

執筆者のほとんどは年はいっていますが、保守というより安倍総理の親衛隊みたいです。

保守=安倍親衛隊。


きのうの執筆者は、「安全保障」の権威であり、このたびの集団的自衛権の憲法解釈の見直しを検討する私的諮問機関の委員でもある佐瀬昌盛さんでした。

中国のイスラエル大使が総理の靖国参拝を猛烈に非難した件にについて書いておられるのですが、わたしが引っかかったのはそのことではなく、次のような見解に対してでた。


「中国のプロパガンダ戦法は何となくナチスのそれに似ている」

「ゲッペルスの嘘は主に国内向けだったが、北京の史実無視プロパガンダは専ら国際社会向けである」

「中国は一党独裁支配国家だから、史実無視の政治宣伝に国内からブレーキはかからない」


中国について言っておられることに特に異論はないのですが、もし、日本の現実を知っておられたとしても同じことが言えるだろうかということなのです。

安倍総理が海外で言っていることに嘘はないのですか。

安倍総理は嘘はつかない、もし嘘をついたら国内からブレーキがかかるとでも思っておられるのですか。

日本に言論の自由があるとでも?

中国が一党支配の国なら、日本は総理1人が専横する国になっていませんか。


c0243877_14121655.jpg



ゲッペルスを言うなら、日本には世耕弘成という不愉快極まりない和製ゲッペルスがいます。

郵政選挙のとき、「小泉さん、好きです」と書いた紙を女性に掲げさせたのはかれです。

総理の施政方針演説では、「さわり」のところで立ち上がって拍手するように指示したのもかれです。

指示する方も、指示通りにする方もどうかしています。

なんでもアメリカの流儀を取り入れるところは韓国みたいですね。

表向きは自由の国アメリカですが、肚の中はゲッペルス?



佐瀬さんだけではありませんが、保守の人たちの目が中国にしか向いていなのは、それが飯の種だからですかと嫌味のひとつも言いたくなります。

日本が言論をはじめあらゆる面で窒息寸前の状態にあることが分からないとはいったいあなたたちはどんな空気を吸っておられるのでしょう。


佐瀬さんが委員でもある私的諮問会議にしても、また様々な有識者会議にしても、そこで自由闊達な議論がなされたということはいままで聞いたことがありません。

まして、会議が紛糾したことなどなかったのではありませんか。

反対の立場の人も1人は入っているようですが、多分、意見を言ってそれで終わりということでしょう。

それで、民主的な手続きは踏んだということですべてが決まっていくのです。


中国のことが言えますか。


c0243877_19573251.jpg

[PR]
by michi-no-yuri | 2014-01-31 14:21 | Comments(3)

日本が無くなります。

ここにいては何も分かりませんが、都知事選では脱原発派の間に深い溝ができているそうです。

それにしても、小泉元総理の応援演説に黒山の人だかりと聞いてわたしは脱力しました。

細川さんがいいのか悪いのか分かりませんが、わたしは小沢一郎さんが支持しておられなかったら、細川さんを応援することはなかったと思います。


きのうは、安倍総理のダボスにおける演説の全文を読んで、またまた脱力してしまい、何もする気がしませんでした。

小泉元総理が敷設した道筋を、安倍総理は一直線に突っ走り、いま、その悪の集大成が実を結ぼうとしています。

小泉元総理は自民党を、安倍総理は日本をぶっ壊すのです。

日本という国は無くなり、ここにグローバリズムが完成するのです。

でも、おかしいのです。

安倍総理のなかで、グローバリズムとナショナリズムが矛盾することなく同居しているのが不思議なのです。

もしかしたら、ナショナリズムを究極まで高めて国民を催眠状態にし、一気に破壊(戦争)にもっていこうということでしょうか。

その後に、完全なグローバリズムが実現するということでしょうか。



c0243877_1159623.jpg



ソニーが、国際競争力に生き残るためには全社員の派遣化が必要だと言っています。

やれば!!!と思います。

金美麗さんも、「無能が淘汰されるのは仕方がない」と。

金さんは「淘汰」をどういうイメージで言っておられるのでしょう。

それが自然の摂理だということでしょうか。

淘汰された人間はどうなるのでしょうか。

無能な人間が淘汰される前に、障碍者や年寄りがイチバンに淘汰されるのでしょう。

その先にナチズムがあります。

優生学上の淘汰まですぐかもしれません。


c0243877_1213989.jpg



演説の中で総理は、女性は活用されていない資源の最たるもので、2020年までに、指導的地位の3割を女性にすると言っています。

確かに、優秀な女性はたくさんいます。

しかし、その優秀な女性の多くは、競争、競争で勝ち抜いてきた人たちです。

しかも、総理はそういう女性を市場?の主人公にするために、家事や介護に煩わされることがないように、外国人のサポートが必要だと言っているのです!!


憲法改正が上程されようとしています。

なぜか涙が込みあげてきます。

なんの涙でしょう。

憲法は真の日本人がこころを傾け、時間をかけて論議するものです。

石原慎太郎や橋下徹などが口出しすべきことではありません。

[PR]
by michi-no-yuri | 2014-01-30 12:10 | Comments(0)

耐え難きを耐え。

きのうわたしは、なぜ「真の保守は反米」ではないのかと書いた後、急激な右傾化が始まっているこのときに言うべきことではなかったと後悔しました。

いま、反米になってはいけなかったのです。

なぜなら、それはかれら「NWO」の術中にはまることになるからです。

「日本の孤立化」をかれらは仕掛けたのです。

訪米した安倍総理へのオバマ大統領の冷遇。

それに引き替え、パク大統領へのこれ見よがしの歓迎。

この鮮明なギャップをかれらは世界に、とくに日本人に見せつけたのです。

おそらく日本を怒らせ追い込むために。


アメリカの安倍総理への靖国不参拝の要請は事実だったようで、日米の様々な会談を通じてアメリカは

「韓国、中国を苛立たせるような言動は慎むこと」

「日米韓の連携を阻害している日韓関係の改善に向け韓国に働きかけること」を求めたということです。


では、日本はアメリカの要望を受け入れて、あらゆる感情を抑えて(上辺だけ)韓国と仲良くしようではありませんか。

そうすることで、アメリカの鼻を明かしてやろうではありませんか。



c0243877_1293359.jpg



わたしは反米でも反中でもありません。

ただ、他国から干渉されたり操られることが我慢できないだけです。

干渉され、弄ばれ、支配され、管理され、操作されるのが嫌で嫌でたまらないだけです。


とにかく、アメリカのダブルスタンダードやマッチポンプにいい加減気付いてほしい。

分断、離間政策をとる一方で、東アジアの緊張を高めるような行動は慎めと言われることがわたしは悔しくてなりません。

ゼッタイに孤立化の道を行ってはいけないのです。

もう後戻りできないかもしれませんが、最後まで諦めることはできません。

耐え難きを耐えて韓国と仲良くしましょう。

中国やロシアと連携を深めていきましょう。


戦争させられてたまるもんですか!



c0243877_1251793.jpg





[PR]
by michi-no-yuri | 2014-01-28 12:07 | Comments(0)

保守の愚かさ。

NHK会長に就任した籾井さんは安倍総理の人事ですね。

わたしはもう何があっても驚きません。

新会長のタカ派的な発言で欣喜している人もいるようですが、わたしはかれらの期待は必ず裏切られて,NHKはますます在日色を強めることになるだろうと思っています。


それにしても、明治維新以来これほどの専横政治は初めてのことではないでしょうか。

東条英機は独裁者、軍国主義者としてなにかとやり玉にあがりますが、当時は政界や軍部のなかでも勢力が拮抗していて独断専行が可能な状態ではなかったのではないでしょうか。

(実は、よく知りません)

なによりも大御心に背くようなことはできなかったということを考慮すれば、いまがいかに天をも恐れぬ酷い状況になっているかが分かります。


ところでわたしは、田母神さんを応援する人たちのリストを見て驚くと共に絶望的になりました。

名前を貸しただけの人もいるでしょうが、おおよそ保守の論客を網羅していたからです。

かれらは安倍総理のブレーン的存在であって、総理の意を忖度して田母神さんを応援しているものと思われます。


保守とは何ですか。

「戦後レジーム体制」とは何ですか。

わたしが知る限り、かれらがもっとも問題にしているのは「自虐史観」だろうと思います。

しかし、自虐史観はかれらが思っているような中国の反日教育に原因があるのではないと思います。

もし、そう思っているとしたら、それはアメリカの洗脳によるものです。


自虐史観は日本が戦争に敗けたからです。

そのまま自立も独立もしていないからです。


c0243877_15505430.jpg



むかし、ある右翼の大物が「真の右翼は反米でなければいけない」と言ったと仄聞したことがあります。

反米になる必要はありませんが、属国のままでいいわけありません。

それにしても、なぜ「真の保守は反米」とならないのでしょうか。

反米を標榜すれば左翼と同じになるからですか。

なってもいいではありませんか。

日本のためなら。


真偽は不明ですが、アメリカがもう二度と靖国参拝をしないようにと言ってきたそうです。

保守の人はそのことをよく考えてほしい。

もっとも靖国参拝を嫌っているのはアメリカだということを。

簡単なハナシです。

靖国に祭られているのは ほとんどアメリカと戦って死んだ人の魂だからです。

それをアメリカは、中韓が怒るからと言って日本人を洗脳してきたのです。

中韓とは仲良くしてくれなんてどの口で言うのですか。


c0243877_15534911.jpg





[PR]
by michi-no-yuri | 2014-01-27 15:46 | Comments(0)

お里が知れるということ。

橋下市長が、大阪都構想の実現に向けて住民投票実施に必要な府と市両議会で関連議案が否決された場合

「反対した政治家には、一生あの手この手で選挙を邪魔してやる」と言ったそうです。

わたしは本性が出たなと思いました。

こういう発言でお里がしれてしまうのです。

(いまに始まったことではありませんが)

「一生恨んでやる」「一生呪ってやる」というにはあの人たちの常套句で、あの人たちがあの人たちである所以の民族の特性です。

もちろん、日本人だってそういうセリフを吐くことは日常的にあるでしょうが、さて、いつまでその気持ちが持続するでしょうか。

しかし、あの人たちの場合はほんとうに一生続くのです。

一生どころか死んでも続くと言ってもいいかもしれません。


その橋下市長と安倍総理が年末に都内で会談しました。

巷間言われたのは、改憲への協力を頼んだのではということでしたが、ほどなく、維新が改憲をはっきり打ち出しましたから、噂通りだったということです。

去年の一月にも、総理に就任したばかりの安倍さんが、わざわざ大阪に出向いて橋下市長と会談を持ちました。

よほど気が合うというのか、類は友を呼ぶというのか、わたしが総理に抱く「いや~な感じ」がそれなのです。

その一例に過ぎないのが、二人の親密な関係から垣間見えてくる安倍総理とオモテに出ない(出せない)人脈とのつながりです。

それが紛々と臭つてくるのです。


c0243877_11493650.jpg

[PR]
by michi-no-yuri | 2014-01-26 11:56 | Comments(0)

すべての道は戦争へ。

「永遠のゼロ」を見て泣きそうになったと映画を観てきた息子が言いました。

安倍総理の茶坊主、百田尚樹原作の映画です。

息子は元右翼少女だった母親の影響で、やや右翼的傾向を持つものの決して単純でも過激でもありません。むしろ複眼的な視点を持って、ともすれば過激になりやすいわたしの鎮静剤的な役を引き受けてくれています。

その息子が最近やたらと、安倍さんはおかしい、おかしいと言うのです。


映画が封切られたのは十二月の二十一日だったそうで、ナショナリズム昂揚のために、この映画と総理の靖国参拝はセットになっていたのではないかとわたしは疑いました。

思えば、何から何まで周到に計画され準備されて戦争への道をひた走っているようです。


ナショナリズムが鬱憤(ストレス)のはけ口に利用されているのです。

そのためには、国民が満ち足りていてはいけないのです。

貧しくて欲求不満の状態にしておく必要があるのです。

中国は国民の不満が政府に向かわないように反日を利用すると言われていますが、為政者の考えることはどこも同じです。

日本政府も国民の不満が政治に向かわないように尖閣を用意し、反中感情を煽っているのです。


c0243877_1544880.jpg


ダボスから帰ってきたばかりなのに今日総理はインドへ飛び立ちました。

東南アジア、中東、アフリカへと足を伸ばし、手を伸ばしているのは大東亜共栄圏の再構築を彷彿させます。

この総理の息もつかせぬ外交攻勢はあきらかに中国を刺激し、アメリカを不快にさせ世界を不安にさせています。

特に、アメリカの失望という名の不快感はおそらく靖国参拝の比ではないでしょう。

中華思想と大東亜共栄圏思想の戦いのようになってきました。


だれも総理の暴走を止められる人はいないのですか。

だれも諫言、忠告する人はいないのですか。

ただひとり、天皇陛下だけですか。

しかし、かなしいかな、奸計や術数や小細工のための言葉には進んで耳を貸せても、天皇のお言葉は耳に届かないのです。

耳には聞こえてもこころには届かないのです。

聞く耳を持たないのです。


c0243877_18223846.jpg










×
[PR]
by michi-no-yuri | 2014-01-25 15:07 | Comments(0)

美しかった日本。

きのう、都知事候補が出揃ったところで主要5人の出馬会見がありましたが、わたしはあらためて、田母神さんに異常人格者すれすれの印象を持ちました。

落ち着きがなく、なにかを避けるような目線です。

党は舛添さんを支持していますが、安倍総理の本心は田母神さんではないでしょうか。

(そもそも田母神さんを世に送り出したのは安倍総理だったとわたしは思っています。)

ともかく、かれがどれだけ票を獲得するかが右傾化のバロメーターになるのではないでしょうか。


岩下俊三さんが
「今度ばかりは盗賊、夜盗の手を借りてでも殿を擁立するしかないのである。
このまま小泉らの権謀術策に嵌って滅茶苦茶になり、結果自民党を生き延びさせることになっても、、」


と言っておられるのも、原発事故というものは起こり得るものであり、起これば日本はないという危機感が国民のコンセンサスでなければいけないという強いメッセージなのだと思います。

「殿さま自体は正直であり誠実そのものだが、、」と言われるのも肯けますし、その反面の属性として「自己中心的で無責任」な性質があったとしても、基本的に殿さまは嘘はつけないのです。

もう、ウソそついたり、つかれたりするのが当たり前のようになっていますが、平気で嘘をつくのは下賤な人間(身分のことではありません)なのです。

ほんとうに高貴な人間は嘘がつけません。


竹原信一さんなどは政治は国民を騙すものだと定義されますが、そう言ってしまっては身もふたもありません。

わたしは、歴代の総理大臣がみんな嘘つきだったとは思いません。

もう、ここは嘘を通すしかない、嘘をつかざるを得ないという局面は数知れずあったとしても、進んでペラペラ嘘のつける人はいなかったのではないでしょうか。



c0243877_11471951.jpg



先日から、購入した小津安二郎の映画や笠智衆主演のテレビドラマのDVDを見ていますが、これらの作品のなかに平気で嘘をついたり、平気で人を貶めたりする人間はひとりもいません。

自然の美しさや、普通に誠実な人間のありように感動さえします。

むかしは当たり前にあったものに感動の涙を流すほどに日本は変わってしまったということです。

いつから、日本人はこうまで不正直で下品になってしまったのでしょう。



c0243877_12351465.jpg

[PR]
by michi-no-yuri | 2014-01-23 11:56 | Comments(0)

二十一日 その二  「保護色」

田母神さんが公開討論の場で、徴兵制の必要性に言及しました。

韓国の青年に覇気があるのは徴兵制があるからだとし、日本も徴兵制にして国を元気にしてもらいたいという趣旨のようでした。

こんな乱暴で粗雑な思考しかできない人が航空幕僚長だったことにわたしは驚きますが

かれを支持している若者も、徴兵制というものに現実感がないというより、もうそこにしか未来が感じられなくなっているのかもしれません。


けさの情報番組で、就活の若者が、他人と違うことを恐れる心理を象徴するように、みんなまったく同じモノクロのスーツ姿だったことを取り上げていました。

ほんとに、見事なまでに同じ恰好で異様な光景でした。

まるで軍隊のようでした。

かれらは、たとえ徴兵制になろうが、たとえ軍隊にとられようが「みんなと同じである」ということに最大の拠りどころを見出しているかのようでした。

未来に何の希望もない若者にとっては、みんなと同じであるというところでしか生きることができなくなっているのかもしれません。

そこにしか生存本能を向けられないかのようです。

モノクロのスーツは身を守り、生き残るための保護色なのではないでしょうか。


わたしは「若者を見殺しにする国」の若者が悲しく、

「若者を見殺しにする国」にした為政者に強い憤りを覚えます。



[#IMAGE|c0243877_14383094.jpg|201401/21/77/|mid|400|30
[PR]
by michi-no-yuri | 2014-01-21 14:42 | Comments(2)

名護苛めが始まります。

名護市長選で稲嶺さんが勝利したことはとても嬉しいことでした。

この勢いをかって都知事選でも自民党を大差で破ってほしいと思います。


不正選挙を恐れていましたが、対立軸が先鋭で住民の意識も高いことが不正を許さなかったのかもしれません。

石破幹事長が名護入りして、500億円の地域振興費を拠出するとぶち上げたのも危機感の表れだったのでしょう。

(人口6万の名護に500億円とは凄い!)

しかし、その振興費は末松候補の政策を推し進めるためのものだったということで簡単に反故にされたようです。


公職にあるものが特定候補を応援することは違反ではないそうですが、仲井真知事が末松陣営の一員となり、同じ色のハチマキをして応援に張り付いていた姿はあまり見よいものではありませんでした。

石破幹事長あたりからの厳命だったのかもしれませんが。


それにしても、石破幹事長に呼びつけられて宗旨替えを強要された沖縄の自民党議員はもう沖縄県民に顔向けできませんね。

幹事長室からでてきたかれらの顔はオモシロいほど同じ表情をしていました。

これが恫喝され、恫喝に簡単に屈した顔です、とその見本のような顔でした。

恥ずかしいことです。

石破さんのあの顔、あの目で凄まれるとだれだってへびに睨まれたカエルになるのでしょうか。


しかし、これからが大変です。

名護イジメが始まります。

埋め立て反対運動に対しても、すでに物理的な力で対応することが既定路線になっています。

力の行使を躊躇うような政権ではありません。



c0243877_1255509.jpg

[PR]
by michi-no-yuri | 2014-01-21 12:59 | Comments(0)

「貴様」と言った飯山一郎さん

東海アマさんのツイッターから。

ある人に「三菱東京UFJ銀行の本人認証サービス」というところから「システムセキュリティのアップグレードのため貴様のアカウントの利用中止を避けるため、、、」というメールが来たそうですが
それをアマさんは

「貴様は日本人なら「キサマ」と呼ぶから絶対に使わない表現、これは中国人か韓国人だろうね。」と言っておられます。

分かり難い文ですが、日本人なら文書に「貴様」と書くことはないということでしょう。

アマさんが言われることもありかもしれませんが、わたしは、言葉を知らない若い日本人の可能性もあるのではないかと思いました。

貴社と言うのだから貴様もあるだろうと思ったのかも.

もちろん、あなた様という敬語のつもりで。


c0243877_10284660.jpg



ところで、飯山一郎さんが「文殊菩薩」の元編集長を解任した理由を縷々述べておられた記事に、貴様は、貴様はと書いておられたことにわたしはわが目を疑うほど驚きました。

こんな戦争映画くらいでしか聞かない亡霊のような言葉を今聞こうとは思いもよらないことだったからです。

よほど憎かったのでしょうか。

しかし、憎しみとは、お互いの確執や葛藤から生まれるものです。

それなのに、一方の元編集長には心当たりがなかったということですからさっぱりわけが分かりません。

相手を非難する場合でも「あなた」「貴殿」で十分です。

それでは飽き足らず?に「貴様」という言葉を吐かずにいられなかったところに飯山さんの心の闇(陳腐な表現ですが)があるように思いました。
[PR]
by michi-no-yuri | 2014-01-20 10:30 | Comments(0)