ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

<   2013年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

いろいろ


山口、島根の豪雨被害のニュースを見ていたら、政府調査団の団長として例の買春疑惑のある西村康稔さんが現地入りしている姿が映りました。


佐田さんは庇いきれなかったようですが、「次代のエース」と言われている西村さんは、安部総理の不断のマスコミ工作が利いたようで命拾いできたようですね。

20才の女子大生と週一くらいの頻度でラブホにいっていた人物は議院運営委員長という要職にありましたが、議院運営委員長といえば

「 立法府のナンバー3で、行政府でいえば最重要閣僚である。
ちなみに、国会内に専用の個室と公用車が与えられ、将来貰える勲章の格も違ってくる。」というものだそうです。

わたしは個室や公用車のことはとやかく言う気持ちはありませんが、勲章の一件はそうはいきません。


竹原信一さんがよく言われることですが、大なり小なりこういう人間が天皇陛下から勲章を授与されているのです。

わたしは叙勲制度は即刻廃止してほしいと思っているのですが、どこからもそういう声はあがってきません。


佐田さんは委員長は辞任しましたがまだ国会議員です。
どのツラ下げて国会の門をくぐれるのでしょう。



ところで、麻生さんの憲法に関する今回のトンデモ発言など以前なら首が飛ぶところです。

なぜそうならないかといえば、マスコミが完全に政権に買収されているからです。
マスコミが言わずにだれがその役目を代行できますか。
政治家以上に負ってる使命は大きい というのに。
とっくに、社会の木鐸なる言葉を自ら死語にして、権力からの接待責めにあって腹ふくるる状態で口を塞がれているのです。



もうなくなったと思っていたのに、八尾空港にオスプレイを持って来る話がまた浮上してきたようです。
「防衛省が米軍の意向を踏まえ」移転が可能かどうか調査するのだそうです。


米空軍の司令官が岩国に陸揚げされたオスプレイの配備先は横田も候補だと言ったことに対して、菅官房長官は「聞いていないので実現性はないだろう」と不快感を滲ませたそうです。

驚くべきことではありませんか。
米軍は日本政府を無視してなんだってできるのです。


八尾空港の件といいあきらかに戦時体制が築かれつつあります。

おそらく、橋下市長も思い付きで言ったのではなく、ご主人筋からの指示だったのかもしれません。


日本のあちこちに米軍が配備につくことを日本人はどう思うのでしょう。
相変わらず、守られていて安心だと思うのでしょうか。



斎木 事務次官が訪中しました。
ちかく、飯島参与も訪中するそうです。

いい話ではないと思います。

戦端を開く道筋をつけるために、いかにも話し合いをしているという体裁をとろうとしているのかも。
つまり、アリバイずくりです。
そして、結局、 交渉は決裂したということにしようと。

戦争にはそういう経緯というかきっかけが必要だからです。


総理も副総理も狂っているとしか思えません。

TPPは暴走列車です。
ブレーキはありません。
途中で飛び降りることもできません。


どうして、国民に対してここまで非道で無慈悲になれるでしょうか。

[PR]
by michi-no-yuri | 2013-07-31 15:16 | Comments(0)

われ過まてり。

きょうのフジ「新報道2001」に 橋本元総理と梶山静六さんの顔が映り、あななつかしやと思いながらも、ちょうど手の離せない用があって腰を据えて見られなかったのが残念でした。

消費税が3%~5%に引き上げられたときの経緯について語られていたようで、梶山さんは「大蔵省の言うことを信じたのが不覚だった。後悔している」と言われ、橋本元総理も「自分は間違っていた」と周囲に洩らしておられたそうで
お二人共が、口元に悔しさを滲ませて「われ過てり」との苦渋の思いを吐露されていました。

本気で政治をしておられたから「われ過てり」となるのであって、国を売っていることの自覚もない政治家からこういう懺悔の言葉が洩れてくることは金輪際ありません。

国への愛情も責任感もない政治家のにどこから反省のことばが出てくるというのですか。

思えば、あのころの政界にはまだ アメリカなにするものぞという空気があったのですね。
橋本元総理などはその気持ちが強く、それがストレートとに表情に出ていたことが命取りになったのではないかと思ったりします。

梶山さんは、大蔵省に騙されたと言われたのですが、今回もまた同じことが繰り返されました。
アメリカ直結の財務省が主導し、有無を言わせぬ規定路線を敷いたのです。

(そのころ、わたしの大大大嫌いなジェラルド・カーチスが報ステに出て例の神妙なモッタイブッタ顔で増税の必要性を説いていましたが、なんで外国の一民間人にそんなことを言われなければいけないのかとわたしは非常に不愉快でした。)

総理が自らエール大学から招聘した浜田内閣参与も慎重論を唱えておられるのに、だれが何を言おうと、日本がどうなろうとアメリカ大事なのです。
「アメリカ恐い」で金縛りになっている人間が政治をしている限り どうしようもありません。

きのう冗談にこんなことを思っていました。
安部総理と石破幹事長とどちらをとるかという究極の選択なのですが、わたしは迷わず石破さんですw
石破さんがましという要素は爪の垢ほどもないのですが、それだけ安部総理への 嫌悪感が強いということを強調したくてあえて石破さんと対比してみたのです。w
[PR]
by michi-no-yuri | 2013-07-30 12:54 | Comments(0)

巨悪は眠ったまま。

過日、京大の教授が逮捕されたばかりですが、今回逮捕されたのは東大の教授でした。


わたしはこういう逮捕は茶番というか、必ずウラのある話だと思っていますから、ただちにw信じることはありません。


京大の先生は「薬学」の権威だったと思いますが、東大の先生は「政策ビジョン研究所」といういかにもいわくありそうな分野です。


幸い、弘中淳一郎さんが弁護を引き受けられたようですから、無罪を勝ち取る可能性が高くなったのではないでしょうか。


政治に関わったり、製品化、商品化につながる分野の研究に携わっている人間を、政界や企業が放っておくわけがありません。
生き馬の目を抜く世界です。
熾烈な情報戦、争奪戦、謀略戦が渦巻いていると想像するのが自然です。
世知に疎い大学の先生を嵌めるのは簡単なことです。


乱暴な言いになりますが、政治の世界や大学で悪いことをしている人は決してオモテにでてくることはありません。


巨悪は眠らさないという名言を吐いた人物は、自分の中にも「悪」があるということを理解できませんでした。
「悪」は常に自分の外側にあるものだと思っている人間が、他者に対してどこまでも残酷になれるのです。


大学教授の多くは、竹中平蔵を筆頭に、きのう取り上げた早大の教授も含め「その筋」の覚えがめでたい人たちで、いま、わが世の春を謳歌しています。
そして、「その筋」に従わない、邪魔になる人間が、様々な罪をでっち上げられて失脚させられているのが現実なのです。


責任ある地位にいる人ほどいくら悪いことをしても、責任をとることはありません。
悪いことをした人間が罰せられることがないのが社会悪の根源です。
思うだに、忌まわしい吐き気がするような醜悪な日本です。


巨悪はいつか目を覚ますのでしょうか。
それとも、叩き起こさなければ目がさめないのでしょうか。




[PR]
by michi-no-yuri | 2013-07-27 19:02 | Comments(0)

すべては規定路線。

マレーシアで行われたTPPの交渉会合のニュースを見るのは、精神衛生上ほんとに良くないので見ないようにしていたのですが、やはり、嫌でも耳目に入ってきました。


現地入りした日本の代表団からは
日本は「交渉に参加する」というのではなく
「交渉に参加させてもらう」「参加させてもらった」という浮ついた雰囲気しか伝わってきませんでした。


これでは、日本の要求が入れられない場合は撤退もありえるなどということがいかに嘘とまやかしであるかはだれの目にも明らかでしょう。
すべては最初から決まっていたのです。


会合の議長を務めたマレーシアの首席交渉官は、記者の質問に答えて
「すべての自由化だ」と言い放ちました。

農業分野の自由化はもう決まっているのです。
それをいかにも交渉次第だというような言い方をして誤魔化しているのです。


きょうのサンケイに、早大の浦田という教授がTPP参加を慶祝すべきことのような文を寄稿しています。
「バスに乗り遅れなくてよかった」んだそうです。


「TPPを通じて特に改革すべきは農業だ。日本の農業は高い関税に守られ保護されているから国際競争力が低い」とかれは言っています。


わたしには理解できません。
なぜ、日本の日本人が食べるお米が国際競争力に晒されなければならないのかが、わたしにはさっぱり分からないのです。
また、かれはこう言います「競争力の見込める農家を選び、国が直接支払いで所得補填をすればいい」と。
なぜ、所得補填までして競争をさせようとするのですか。


「農業の「岩盤」にどこまで切り込めるか、覚悟が問われる」とかれが言っていることを、農家の人もまた覚悟をもって受けとらなければなりません。


というのは、この「岩盤」というキーワードは竹中平蔵が言い出したことだと思われるからです。
わたしから見れば、日本の守るべき最後の砦、セーフティネットが、かれらには目の上のタンコブであり障害物としか映らないということです。
悲しいことです。


かれらはその障害物である岩盤に穴を開け、そこにTPPというダイナマイトを埋め込んで吹き飛ばそうとしているのです。

同じように、選挙中に「岩盤」という言葉を連発したのが橋下代表と渡辺喜美代表でした。
同じ穴のムジナ共です。


自由化とは、秩序や倫理を破壊することです。
カオス状態にして弱いもの、貧しいものからどんどん死んでいく仕組みです。

自由化、国際化は悪魔のキーワードです。

人工削減が思うように捗らないことから考えついた悪魔の仕組みです。


TPPの交渉に参加したばかりなのに、日本郵政とアフラックが提携したというニュースにわたしは打ちのめされました。



[PR]
by michi-no-yuri | 2013-07-26 21:45 | Comments(0)

いろいろ。

きのうのニュースで、麻生さんが消費税増税は国際公約のようなものと言われたことが気になって国際公約の意味を調べてみたら、なんのことはない、世界へ向けて勝手に宣言することだそうです。


国際公約といえば、何か、国際間の約束事のようなイメージを持つのですが
ポスト米英時代様に倣って言えば、早いはなしが「くそじじい」?に約束させられたということではありませんか。
麻生さん、どうなってしまわれたのですか。
水道事業民営化のことといい売国が過ぎるではありませんか。


安倍総理も、公海での給油は国際公約だと言いましたが、これなども、集団的自衛権行使への布石だと思えば分かり易いです。



山本太郎さんが中核派の支援を受けていたかのような情報が、選挙も終盤になって出てきましたが、放射能より怖い煙草の煙の件といいネガキャンが凄まじかったようですね。
それだけ、かれが真実や正義の側の人間だということの証しです。
いろいろ批判する人がいますが、だれもできないことをかれはしたのです。
ぜったいに、あなたにもわたしにもできないことをかれはしたのです。


中核派の件で(よく知りませんが)反山本太郎になった人もいるようですが、料簡が狭い。
中核派だろうが、やくざだろうが、個人的、人間的な付き合いにまで他人が口をはさむべきではありません。


さる有名な神社やお寺の門に、「暴力団関係者お断り」の張り紙があるのを見たことがありますが、いや~な気がしました。
集団での参拝ならともかく、やくざが一人の国民、社会人として参拝することがどうして規制の対象になるのでしょうか。


わたしは、こういうのが怖いのです。
安倍総理が街頭演説で、反TPPのプラカードを持つ人間をSPに排除させたのと同じ排除の論理です。これが全体主義なのです。
これから必ず言論弾圧も強まってきます。
(TBSへの取材拒否などがすでに言論弾圧です)


この社会に、排除していい人間など一人もいません。(罪を犯さない限り)



九州に、豪華寝台列車クルーズトレイン「七つ星」がこの10月にお目見えします。
一泊二日で15万~40万円。
三泊四日で38万~95万円
だそうです。


おそらく、予約が殺到しているのではないでしょうか。
これから、国民が生活苦に喘ぐことが分かっているのにこういうことをあえてするのです。
貧乏人はますます貧乏に、お金持ちはますますお金持ちになることを象徴するようなニュースです。


わたしには見えます。
たとえ、戦争になろうとも
たとえ、餓死する人が増えようと
豪華寝台列車はいつも満席で、ゴルフ場や四つ星レストランも人で賑わっているのが。






[PR]
by michi-no-yuri | 2013-07-24 15:26 | Comments(2)

始末に困る人たち。

先の「日本再建イニシアティブ」の会見で、マイケル・グリーンの発言の中からニュースになったのが、ぎくしゃくしている日韓関係を非常に憂慮しているというものでした。

いつものマッチポンプなのですが、その意味するものは何でしょう。
わたしはその発言のウラに隠されている意図がとても気になりました。


先日来、岸田外相や斉木審議官が、韓国の外相や要人と接触しては関係修復を計っているというポーズをとっていますが、これが影の日本国総理といわれているマイケル・グリーンの指示だったことがバレバレで、わたしはあまりにもバカ馬鹿しくて笑ってしまいました。
もう、なにひとつ日本が独自にできることはないのです。


西部劇の「荒野の7人」にでも出てくるような(見たことはありませんが)、やたら拳銃を撃ちまくる粗暴な男を連想させる人間が、日本を仕切っているということです、、、
そんなことをまともに考えると気が変になりそうなので、なるべく思わないようにしています。それでなくともこの暑さです。


米軍や米企業はこれからどんどん韓国から引き揚げていくそうです。
あとはお前らがやれということでしょうか。
ということはどういうことなのでしょうか?
とにかく、世界が慌ただしく動いていることは確かです。


「日本再建イニシアティブ」のメンバーは理事長の船橋洋一さんはじめ、ほとんどがアメリカの大学に留学したり、アメリカの政府機関で働いていた人たちで、若いころからアメリカに身も心も染まってきた人たちです。
つまり、アメリカ人なのです。


かれらは、いわば日本支配のための手足となるべく育てられてきた人たちなのです。そういう人たちが、日本再建をしようというのです。
アメリカのため、多国籍企業のために。


そのとき、初めて船橋さんが喋っておられるのを見たのですが、なんと「ナイーブ」な人だろうと思いました。
悪気というものが感じられなく、いわゆる善意の人なのかもしれません。
(はからずも、地獄への道は善意で敷きつめられているという格言を思い出しました。)


だから、あなたは売国をしているのですよと言っても、かれはキョトンとするだけでしょう。まったく、そんなことは夢にも思っておられないのでしょうから。
自分は、アメリカの有力者と協力して日本をよくしようと努力しているのに、なにを言うのかと。。。



西郷隆盛は逆説的な言い方をしましたが、ストレートに言えば、こういう人間は
ほんとうに「始末に困るもの也」なのです。





近くの風景
c0243877_11414510.jpg





[PR]
by michi-no-yuri | 2013-07-23 11:43 | Comments(0)

なぜか爽やかな気持ちです。

選挙は予想通りの結果でした。
唯一明るいニュースが山本太郎さんの当選でしたが、うるさい人間をいじればかえって影響力が増すことを怖れたのかもしれません。


ポスト米英時代様が
「なぜか爽やかな気持ちなのが不思議である。」
と書いておられるのですが、こういうコメントはとてもいい波動を起こしますね。
下がるしかないテンションが、このコメントで一気に方向転換して、ほんとうに爽やかな気持ちになったのですから。


言葉って、ほんとにスゴイ力があります。
いつか、嫌なことがあって落ち込んでいたとき、あるブログ記事の一行によって180度気分が変わったことがありました。
もともと、単純にできているからかもしれませんが。



「今回の参院選の結果をうけて、まず注目したのは大勝利を収めた自民党のコメントであるが、石破茂が『選挙戦にて、憲法改正・原子力政策についてきちんと逃げずに訴えてきたので、それも含めて支持をいただいたものと考えている』とコメントしているように、最も懸念された「憲法改正」「原発再稼働」にお墨付きを与えてしまったと認識せねばならないだろう。」


上の文は「暗黒夜考」様の記事の一部ですが、
さらに石破幹事長が言った徴兵に関するトンデモ発言は釈明も訂正もされることなく流布したままで、
ということは自民圧勝で国民にそれが認知されたと受けとられても仕方ありません。


安倍総理は憲法9条の改正を口にしました。
きのうの選挙当日には、G20に出席していた麻生副総理が日本に向けて、消費税増税は予定通り実施すると発信しました。


これら、選挙前には不利になる材料を、あえて口にしたのは、それだけ選挙結果に自信を持っていたということか、
加えて、TPPではドジッたが、憲法改正も消費税増税もきちんと国民に訴えて当選したのだというアリバイ作りだったのかもしれません。


TPP絶対反対と言っていた100名以上の自民党員は、すでに口を拭って知らん顔でいます。
恥かしい人たちです。
また、郵政民営化に反対した人たちが,TPP賛成とは!どう理解すればいいのでしょうか。
竹原さんがいつもいわれるように、組織の無責任力?は強大だということですね。
個人でいることは許されないのでしょうね。



わたしは、早くから3年後の衆院選が決戦の舞台だと言ってきておられた小沢さんの遠謀深慮に全関心と期待を向けていました。
小沢さんの先を読む眼力に絶対的な信を置いているからです。
そうなのです。
すべてはそこに向かって収斂されていくのです。
わたしの遠視、乱視の目にもそれがはっきり見えます。


そのころには、国民の多くが目を覚ましていることでしょう。
これから、どんどん生き難い、生き辛い社会になっていきます。
しかし、頑張って生きていくしかありません。
決して、自殺しないでください。
日本の再生、復活を見ずに死ねるんですか!



近くの風景
c0243877_11152367.jpg
[PR]
by michi-no-yuri | 2013-07-22 11:19 | Comments(1)

この願い 受け入れ給え。

以前、「性に目覚める頃」にでてくる表棹影の

「麦の穂は衣へだてておん肌を刺すまで伸びぬいざや別れむ」

を引用して、「おん肌」とはなんとエロチックな響きかと書いたことがありました。


きのう、久しぶりに行った喫茶店で、そこにあった川上澄生の本をパラパラ繰っていたら次の詩が目に止まりました。


「祈願」


おん唇吸わせ給え

おん身体抱せ給え

おん唇吸わせ給え

おん身体抱せ給え

この願ひ うけ入れ給え




女性の地位が向上するにつれ、女性のからだをおん身体 おん肌と表現する詩人は姿を消しました。
現代社会を覆っているのは、ハダカそのもの、剥き出しの性です。


愚かなもの、弱きものとして蔑まれてきた歴史があった一方で、女性はかくも憧憬の対象でもあったということです。


おそらく、そのころの男性は、女性の内に、豊穣で遥かな母性を重ねていたのでしょう。
だから、その身体に「おん」の尊称をつけずにいられなかったのでしょう。
しかし、現代はその母性が希薄になりました。


女性への憧憬を男性の幻想と言ってしまっては身もふたもない話しになります。
思うに、幻想のない世界なんてありえない。
というか、この世界は幻想で成り立っていると言っても過言ではありません。


わたしだって、男性を幻想のなかで見ているのです。



「虹を渡って」


あなたの瞳をのぞきに行った私の顔よ

こんな悲しいかんばせをしないで

さっさとその窓からしのびこんで

心臓に烙印を押してくるがいい

なんて悲しい顔つきをして

こっちばかりみて居るのさ

さっさと向こうを向いてしのびこまないか


このごろは あなたに ほれて居てほれぬいて

どうにもならぬほどほれて居て

それで居て

わたしはさりげない顔をして

とうとう夏も終わるか





近くの風景
c0243877_1128130.jpg







[PR]
by michi-no-yuri | 2013-07-21 11:19 | Comments(0)

総理は靖国に行ってはいけません。

船橋洋一さんが立ち上げたシンクタンク「日本再建イニシアティブ」の特別招聘スカラーに就任した元国務次官補のカート・キャンベルとCSISのマイケル・グリーンが、日本記者クラブで会見を行いました。


理事長に船橋洋一さん、理事に新浪剛史など15名の著名人が名を連ねているのを見れば、この「日本再建イニシアティブ」なるものの性質がどのようなものかは一目瞭然です。


一時間以上にわたる会見の動画は見ませんでしたが、コメント欄に面白い書き込みがありました。
進行役である時事通信の軽部謙介という人の書き込みなのですが、二人の内のどちらかが


「小泉純一郎首相(当時)の靖国神社参拝をめぐって、米政府内で集中的な議論が交わされ、最終的にはブッシュ大統領が不介入の政策を決めた」


と、リップサービスのつもりかこんな内部事情をバラシタというのです。


わたしは、もちろん、アメリカでそんな議論が交わされたとは思いませんでしたが、小泉元総理の参拝がアメリカの指示だったことは、当時から強く感じていました。

(つまり、郵政民営化法案を通すために、小泉人気をつくりだす必要があったということです)


小泉さんは15日を避けて13日?に参拝したのですが、アメリカが不介入としたことから、その内外に及ぼす影響力を怖れて15日に行く勇気がなかったのだと思います。


いままで何度も言ってきたことですが、靖国問題はアメリカ問題なのです。
中韓はそれに乗っているだけです。


安倍総理は靖国に参拝するかどうかは、そのときの政治状況次第だと言いました。
つまり、アメリカ次第だということを言っているのです。
すでに、アメリカから通達がきているのではないでしょうか。
はたして、アメリカは安倍総理を靖国に行かせるのか、行かせないのか。。。


保守や右翼のみなさんは、それでも総理に靖国に行ってほしいと思いますか。
わたしは、ゼッタイ思いません。
参拝してはいけないと思っています。


安倍総理や石破幹事長など、戦争になってもいいと思っているような人間は行ってはいけません。
靖国に足を踏み入れてはいけません。


きのう、そんなことを考えていました。
そして、あなたたちは、日本の兵隊さんがどのように死んでいったか、いちどでも想像したことがあるのか!と、怒りの言葉を投げつけたいと思いました。


戦争で華々しく名誉の戦死をした人は、まるで宝くじにでも当たったに等しいくらいの僥倖だったのです。
大部分の兵隊さんは飢えや病気(マラリア)や怪我で死んだのです。
捕虜になって、むごい殺され方をした人もたくさんいました。


兵隊さんだけではありません。
非戦闘員の国民も大空襲や原爆で大量に殺されました。
唯一の被爆国として核廃絶を訴えてきた日本がどうでしょう。
原発事故は終息していないのに、総理は原発売込み行脚に出かけ、受注をとりつけました。
しかも、その契約書には、そこで出た核廃棄物は日本が引き受けると書かれているそうです。
廃棄物処分場もないというのに。


狂ってしまいました、日本は。





近くの風景
c0243877_1133945.jpg











[PR]
by michi-no-yuri | 2013-07-19 11:29 | Comments(0)

生まれてこなかったかのように。


竹原信一さんのツイッターに、きのうのクリシュナムルティの言葉と共通するもの、補完するものがありましたので転載します。


『「草木に命を習う」草木の成長のように、いささかの努力も迷いもなく、舞い落ちる木の葉のようにすべての影響を完全に引き受けて、まるで、生まれてこなかったかのように未練も痕跡も残さずに消える。
これが完全な命のあり方。』


『人工的、作為的な理想や向上心は人間の精神にタガをはめる。精神の広がりを劣化させる。
そのことが競争をより激しいものにする。
作為の理想に捕えられず、精神の広がりを破壊せずに宇宙的存在へと進化することが人類のテーマなのだと感じます。』


『向上心や理想は人を心理的に追い立てる。
ありふれた幸福感を許さず記憶と空想へ眠らせる。
人は空想の中で快感と恐怖を体験し、人生をはかない夢にしてしまう。
この妄想過程が社会を破壊的なものにしている。
人が国家に苦しむ原因である。
理想とは苦だ。』


『人間は成長していません。
成長とされてきたものの先にあるのは破壊と分裂、そして、破滅です。』


『普通の向上心が問題を引き起こしているということです。
向上心が危険だということです。』


『向上心からの自由を獲得できるか否かが地球の未来を決めるだろう。』





竹原さんの言っておられることを、どれだけの人が理解できるでしょうか。


草木に命を習うというところで言っておられる
「生まれてこなかったかのように」というフレーズは魅惑的です。


最近、よく思うのです。
いままで、人間はそうして生まれてこなかったかのように死んでいったのだと。
そして、わたしもそうして死んでいくのだと。




近くの風景
c0243877_1033541.jpg


[PR]
by michi-no-yuri | 2013-07-18 10:37 | Comments(0)