ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

<   2013年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧

「犯罪国家アメリカは口を慎め。」

「つむじ風」ブログで、ファラカーンの演説を、その迫力に圧倒されながら視聴しました。
(できれば、近い内に文字に起こしをしたいと思っていますが、すでにでているでしょうか?)


「犯罪国家アメリカは口をつつしめ」とかれは言いました。

自国を自由と民主主義の国だと思っている単純素朴なアメリカ市民の顔がいっせいに青ざめるときがくるのも、そう遠いことではないように思います。

メディアの人間も、なんとなく真実を知りながら、それでもアメリカの自由と民主主義を信じるという二律背反がごく自然に身についているようです。


キャスターが、ナイジェリアを世界でもっとも腐敗した国だと言ったとき、ファラカーンは激しく反論しました。
多くの血で手を汚したアメリカに発言する権利はない。黙っていろと。

なお、キャスターがおずおずと、では、外にもっと腐敗した国があるのかと反問すると、
かれは昂然とこう言い放ちました。
「イエス、わたしはその国(アメリカ)に住んでいる。」


アメリカが手を血で汚したなかに、広島、長崎が入っていました。
カダフィもゲバラも、日本人は原爆を落とした国になぜ怒りを向けないのか信じられないと言いました。
かれらが信じられないのもムリはありません。
多くの日本人にとっては他人事なのです。
他人事だったから、フクシマにも鈍感なのです。
総理の再稼働宣言もどこ吹く風なのです。


洗脳装置としてメディアは存在しています。
洗脳でないことは一つもありません。
確かに、新聞もテレビも捨てるべきなのです。

しかし、わたしは捨てません。
どこまで堕ちていくか、見届けてやる!と思っているからです。


カダフィで思い出したのですが、息子の一人は制圧後に投降しましたが、その後どうなったのでしょう。裁判にかけられる(どういう容疑で?)という噂もありましたが、消されてしまったのでしょうか。

ファラカーンも言っていますが、その人間が邪魔になると人格を攻撃し破壊します。
そう言えば、カダフィやフセインの息子たちは、狂犬のような人間だというイメージでさかんに喧伝されました。
当時はそうなんだと思っていましたが、ほんとうはどうだったのでしょうか。


ミャンマーも軍事政権時、大統領の娘の派手な結婚式がヤリ玉にあがりました。
いまから思えば、軍事政権を潰して、自分たちの息のかかったスーチーさんを担ぎ出したかったからだということが容易に想像できます。当然と言えばそうなのですが、どんなに狂った政権でも、自分たちに忠実ならば決して攻撃しません。
(日本では、小泉政権がその典型です。)

小国ミャンマーの大統領の娘の結婚式のことを世界に配信できるのは「あの人たち」以外ありません。


メディアの言うことに、真実は一つもありません。
洗脳装置としての役割しか持たされていないからです。



写真は明日香、丸山古墳そばにたつアパート。


c0243877_10551612.jpg
[PR]
by michi-no-yuri | 2013-03-31 10:57 | Comments(0)

三十日 その二  ある日、突然。

去年、銀座でオリンピックメダリストの凱旋パレードがありました。
CG画面かと見紛うような人、人、人の波で驚きました。
初めて見る光景でした。


先日も同じ場所を、新歌舞伎座落成を祝って、役者さんたちが練り歩きました。
やはり、すごい人波でした。遠方から来た人も多かったようでした。
日本は平和なんだなと思いました。


なんとなくそれを見ていたとき、ふと、次にくる悪夢の予感が過りました。
ある日、突然、自衛隊が同じ場所を軍事パレードをするという悪夢です。
大勢の歓喜する人々の顔が脳裏に浮かびました。


わたしは、自衛隊大好き人間です。
自衛隊の、特に防大のパレードはネットの動画ですが百回以上は見ました。
それほど愛する自衛隊が、国民との親和性のもとで、日常的に目に触れるようになってほしいとずーっと願ってきました。
しかし、それは叶いませんでした。
国民から隠れた存在として、戦後、息を潜めてきた自衛隊が、ある日突然、国民の前で軍事パレードをする日が近いのではないかというわたしの予感は、どうか夢であってほしい。。。


疑い出せばきりがありません。あのパレードはそのための予行演習だったのではと。
人々のメダリストへの熱狂はそのまま軍事パレードへの熱狂へと雪崩れ込んでいくような気がしてなりません。
[PR]
by michi-no-yuri | 2013-03-30 12:37 | Comments(0)

三十日 その一 男も女も悪くない。

きのう、恐妻家と書いて、そう言えばこのごろこの言葉聞かなくなったなと思いました。
といって、恐妻がいなくなったわけではなく、現実はその逆でしょう。
よく言われていたころは、まだ愛嬌で受け取られていた部分があって笑っていられたのですが、いまは、それが「ガチ」になったということだろうと思います。


Machidanooka様のコメントに、「(女が強くなったのは)一方的に男性側の落ち度とも思えません。」と書いておられますが、もちろんです。
わたしはよく男性に厳しいことを書きますが、内心では、男性側に付いて同性に苦言を呈したいことのほうが多いのです。



ちょっと横道にそれますが
夫とわたしは、人からは、よく孫悟空とお釈迦さまの手の平に喩えられるのですが、トンデモナイ誤解です。
わたしは極端に気が弱く、(だから八方美人になる)ああしなさい、こうしなさい、あれはしてはダメとか一切言えない性分です。
だから、黙っているだけなのですが、傍から見ると、それが悠然と構えているように見えるということです。


いったい、人が人に対して、そういうことが言えたり、命令したりできるものなのでしょうか。わたしはできませんでした。

煙草を吸うのも、浮気をするのも。

だって、本人はそうしたいのだから、ということになるのです。

しかし、あるとき、子どもが「お母さんのそういうところがいけない」と言いました。
この一言はこたえました。
そして、この一言で分かったのです。
夫を自由にしているようで、ほんとうはスポイルしているのだということが。

劣等生だった子どもらは、いつのまにかわたしの人生の先輩になっていました。


考えてみれば、男も女も悪くないのです。
抗うことのできない大きな力が働いて、それまでの人間関係、男女関係、親子関係、師弟関係がズタズタにされてしまったのです。


Machidanooka様が、小津映画や向田邦子の作品のことをちらっと書いておられますが、
たまたま、昨晩BSで向田原作のドラマ「風立ちぬ」を見ました。
作品全体に流れる日本的情緒はあの時代に生きていなくても、日本人なら分かるはずです。


だから、「あの人たち」はそういう世界を目の敵にしたのです。
戦前の「古き良き時代」を憎んだのです。
戦前回帰することを怖れ、許さなかったのです。


ほんとうに、なにもかも壊されました。
しかし、絶望することはないと思います。
伊勢神宮の式年遷宮が破壊と再生を象徴しているように、必ず、日本は立ち直ります。
[PR]
by michi-no-yuri | 2013-03-30 11:32 | Comments(0)

おとこの魅力。

春なのでヘアースタイルを変えてみたくなりました。
わたしは、リーゼントが好きなので、宝塚の男役スターのような髪型が憧れです。
そうするには整髪料が必須です。(子どもが笑うのでポマードとは言えなくなりました。)整髪料をたっぷりつけて、横髪を後ろのほうに撫でつけると顔が引き締まり凛々しくなったような気分になるのです。


よく、男性の魅力的なしぐさとして言われていることとは別に、わたしは、次の二つを挙げたいと思います。
目を細めて煙草を吸うときの表情と
胸の内ポケットから櫛を取り出し、カガミを見るのにちょっと腰を落として、ためつすがめつ両手を使って髪を整えているしぐさです。


残念ながらどちらも余りお目にかかれなくなりました。
映画やドラマからも煙草を吸うシーンが姿を消しました。
刑事もので尾行や張り込みには煙草がつきものなのに、なんとも間の抜けたことになりました。
ほんとうに、徹底しましたね。


いま流行の若い男性の髪型は我慢できません。ほとんど憎んでいます。
両手で頭をかき混ぜて、わざとボサボサにしているのをよく見かけますが、許せません。
整髪料をつけて、ビシッと決めてみろや、と言いたくなります。


忘れていましたが、ごく身近に、目を細めて煙草を吸う男がいました。
ヘビースモーカーの夫です。
しかも、カッコつけて両切りを吸っています。
両切りだと余計目を細めることになるのですが、だからといって今更カッコいいと思うことはありません。



きょうの「啞蝉坊の日記」の
「男が弱くなったのは人間ばかりじゃない」には笑いました。


雌ライオンに威嚇されて身を縮めている雄ライオンの表情は哀れを誘って止みません。
恐妻家の(陰で鬼婆と言っておられますので間違いないでしょう。)啞蝉坊様は身につまされて涙を流されたのではないでしょうか。
[PR]
by michi-no-yuri | 2013-03-29 11:48 | Comments(2)

ホリエモンがかえってきた。

ホリエモン(敬称略)が仮出所ででてきました。
見たくないので、そのニュースは見ませんでした。
これから、露出が増えるのかと思うと、ユーウツです。


わたしには、かれがどういう罪に問われていたのか分かりません。
説明を受けても分からないでしょう。
司法の正義が機能したのかどうかも分かりません。


しかし、出所の記者会見に、あれだけのテレビが入るということは、これからも話題の人であり続けるということであり、それは取りも直さず、かれが「金融資本家」にとって利用価値があるということに外なりません。
メディアが、「かれら」の指示なくして動くことはありませんから。


一部の人には、いまだかれはヒーローだということです。
とくに、お金儲けにしか関心のない人間にとっては。

株が上がった下がったと一喜一憂している人びとは、わたしには別世界の人間です。
株というものは見たこともありません。
正当な営利行為だとしても、わたしにはナンダカナーという感覚です。


かって、ホリエモンが「会社は株主のもの」と言ったとき、わたしは誇張ではなく、こころが痛くなってのたうちました。

法的に、あるいは理屈の上ではそうなのでしょうが、普通の感覚で言うと、会社はそこで働いている人たちのものということになりませんか。
この基本が、小泉改革から狂っていきました。
終身雇用は悪いことになりました。
非正規雇用が当たり前になり、これからますますそれに拍車がかかるでしょう。


国そのものが、ウォール街の陰謀であるTPPに向けて動いてきたのです。
首切り自由、残業代0円。
奴隷そのものです。


一部の会社で、少し給料が上がったことをもって、景気がよくなったかのような喧伝をし、その間隙に、奴隷化推進のスピードをあげているのです。
TPP推進のための撒き餌として、ローソンの新浪社長が自社の給料を少しあげて洗脳の旗振り役をやっているのです。


労働組合は何をしているのですか。
連合は沈黙ですか。

こんな非道なことが、白昼堂々とまかり通っているのに。。。

スゴイ国になりました。
信じられないような国になりました。



「晴耕雨読」ブログに、山田正彦さん(元農水大臣)の記事の転載がありました。

あの、病気腎移植で有名な万波医師が山田さんに投げかけた言葉です。


「山田さん、私は一人でテロリストになってもいい。官邸の前で焼身自殺をしてもいい。
何とか原発を止められないのか。この地震国日本では、これから先、大変なことになるぞ。それに、この1,2年のうちに小児の甲状腺癌が多発するよ。」


「貴方は政治家として何をぐずぐずしているのだ。TPPも大変なことになっているではないか。」




万波医師のされたことについては何も分からないのですが、ただ、目の前で苦しむ人をなんとかしてあげたいという医者として当たり前のこころを持っておられたのだと思います。

自分や身内に対しては、決して採用しない抗がん剤治療を癌患者には平気で施せる医者は、とっくに人間のこころを失っているのです。
[PR]
by michi-no-yuri | 2013-03-28 11:22 | Comments(0)

二十七日 その二  寒いです。

大和散策に行きたいのに、このところの冷え込みで古傷の神経痛や腰痛がでてきました。
これでは遠い距離は歩けません。


暦に「啓蟄」の文字を見ると、ああ、いやだなァーと思います。
愛様が、春分の日に、ヤマカガシが出てきたと書いておられました。
真っ黒いヤツでしょう?
外の洗濯機の上にいたことがあります。
息子が帰ってくるまで、一時間半はありましたが、どこに行くか気が気でないので、その間、わたしは遠くから目を離すことなく監視を続けたものでした。


去年は一匹も見ませんでした。
ところが、秋も深まったころ、夢に現れました。
わたしは、夢だとは思いませんので、ブログにも今年は見なかったと書いてしまったのに、訂正文を書かなくてはいけないなと真剣に考えていたら目が覚めました。


ねずみがいるようで、これではへびを呼んでいるようなものだからなんとかしないといけないのですが、毒だんごも嫌だし、まして「ホイホイ」など使えません。
先日、煙を焚いたので、それで逃げていってくれていたらいいのですが。


私事を書くのはいつも気が引けるのですが、備忘録も兼ねたブログだからいいかなと思いつつ。

先日、洋服を買うお金がなくてきもので通したと書きましたが、そのことには後日談があります。
結婚前、わたしはかなりの衣装持ちでしたw
結婚するとき、狭いアパートには置く場所がないということで、衣装を実家の物置の押入れに仕舞ったのです。
それっきり忘れたのです。ほんとうに、それっきり。

ん十年後に、実家を処分したとき、それを目にしたわたしのオドロキは筆舌に尽くし難い?ものがありました。信じられませんでした。
いちども思い出さなかったことが信じられませんでした。

甘言を弄し、親を言いくるめて買ったコートやスーツです。
それをすっかり忘れて、服が着たいのに、お金がないからしようがないと諦めていたのです。

考えたのですが、狭いからと洋服タンスを買わなかったのがそもそもの原因だったように思います。
きもののタンスは持っていったのに。
とにかく、忙しかったことは確かです。


寒いです。わが家のさくらは、今見たら二つだけ蕾が開いていました。


c0243877_11391695.jpg
[PR]
by michi-no-yuri | 2013-03-27 11:41 | Comments(0)

二十七日 その一  池口恵観という人。 

朝鮮総連本部の建物を落札したのは、宗教法人「最福寺」の法主池口恵観でした。
この人、テレビで見たことがあります。

名僧、高僧だということですが、その高僧の上に位するのが、かの中川秀直さんだということを、そのテレビを見て知りました。

そのとき、池口師は、本堂の間で胡坐をかいて煙草を吸っている(喫煙する場所でしょうか。)中川さんに近寄り、耳元で何か話そうとしていました。
普通、相手が偉い人でなくても人が話しかけてきたら、煙草の火を消すか、けむりがかからないように煙草を遠ざけるものなのに、
中川さんは胡坐を解くでもなく、煙草を吸い続けながら話を聞いていたのです。
それを見て、わたしは池口師より中川さんの方がエライ?のだと思いました。

(権力に繫がっていればだれでも高僧になれるのかな。)


わたしは、中川秀直という人が嫌いというよりコワい、不気味な人だという印象を持っています。
あの「うすら笑い」を見るとぞーっとします。


ほんとうに日本の闇は深いと思います。
しかし、その闇もいつかは晴れるときが来ると思います。
プーチンのロシアにできることがなぜ日本にできないことがありましょうや。


中川秀直さんは、政界を引退しても政治活動は続けると言っていました。
いまも、安倍総理の強力なブレーンなのでしょう。
池口師がかれに頭が上がらないように、安倍総理もきっとそうでしょう。

保守や右翼が支持する安倍総理の正体もその内顕れます。
先の選挙は無効だという判決がでました。
安倍政権はユウレイ内閣みたいなものです。
[PR]
by michi-no-yuri | 2013-03-27 11:16 | Comments(0)

どうしてそんなに急ぐのか。

安倍総理の動きがおかしい。
なにかとても急いでいる。
辺野古も急いでいる。
わたしには耐えられない。
わたしにとって、沖縄は遠く未知の地ですが、
映像で見るあの美しい海が埋め立てられるのは、わが身が犯されるに等しいこと。

すでに、名護漁協とは埋め立てで合意ができました。
福島でも思いましたが、海は漁師だけのものではありません。
漁師は、海から恵みをいただいて生きてこられたのです。
その海をわずかな補償金で売り渡したのです。
それは、恩を仇で返すような行為です。

海は漁師だけのものではありません。
地球のものです。


きのう、総理は福島の浪江にはいりました。
住民に帰郷を促すためのパフォーマンスです。

TPP参加表明に続き、辺野古、軍備費増強、それに、首切り自由化法案(ああ、なんということでしょう!)が国会を通ろうとしています。実にスピーディです。

国民は、そういう総理を見て、今までの総理とは違う、なかなかやるではないかと思って拍手を送るようになるのです。
多分、それが狙いでしょう。
スピードを上げることで、外の景色を見え難くするのが。


わたしは、こう思いました。
どうせ、戦争にもっていかれるのなら、独裁者然とした独裁者(橋下徹ではありません!)によって戦争に引きずられていくほうがましだと。
あんな、お腹の緩い、滑舌もままならない人間のもとで、この日本が戦争にはいっていくのだけはゼッタイ嫌だ。


わたしは、安倍総理が嫌いです。
ハッキリ言えば、あの顔が嫌いです。
わたしは、持って生まれた、つまり、親からもらった顔についてどうのこうのと思ったことはありません。
人間の顔は、環境や精神の活動によって刻々変化します。
義兄は、わたしに会うたびに「〇〇ちゃんの顔はいつも違って見える。」と言います。
劣化しているのか進化しているのか分かりませんが、いっときとして同じ顔はないと言っても過言ではありません。


その目に、こころが宿り、やさしさが映っていれば、
そして、その表情に、精神の動きが揺曳していれば
それだけでいいのです。
わたしにとっての美醜の基準はそういうことです。

安倍総理には品がないなと思うだけで、なにも感じません。


これは持って生まれたものなので、あまり言ってはいけないと思うのですが
総理が笑ったときに見える歯並びを見るたびにわたしはショーゲキを受けます。
歯型をとれば、幼児のものと見紛うのではないでしょうか。
あれでは、歯をくいしばることはできません。
わたしは、お腹が緩いのも、滑舌が悪いのも、それに原因があると思っています。


去年の夏ごろ、メディアはTPP賛成の世論を必死につくろうとしていたと「カレイドスコープ」に書いてありました。
ちょうど、そのころ、キッシンジャーが官邸に野田総理を訪ね、TPP参加を強力にプッシュしていたということです。

わたしも、そのときだと思いますが、フジの「プライムニュース」に、日枝会長にエスコートされてスタジオ入りするキッシンジャーを見ました。

 野田総理は二の足を踏んでいたのでしょうか。
それで、見切りをつけられて、安倍総理になったということでしょうか。
下には下がいるのですね。


オバマ大統領に冷たくされて帰ってきた傷心の総理の耳に、TPP参加を囁いたのが、キッシンジャーの命を受けた日枝会長ではないかというわたしの想像はそう的外れでもなさそうです。(はしたないことですが、日枝のヤロウ!と思いました。)


政治家はすべて異常犯罪者並みにプロファイリングされているでしょう。
安倍総理は、邪険にしたら、なりふり構わずこっちの言うなりになると読まれていたのかもしれません。
もう、理性も平常心もあらばこそ
あとは、戦争への道をひた走るだけです。
[PR]
by michi-no-yuri | 2013-03-25 11:28 | Comments(0)

むかしの写真から。

c0243877_22281924.jpg













上の写真は、ウン十年前のものです。
夏なのに炬燵の本体を食卓にしています。
ハッキリ見えないのが幸いなのですが、前にあるのは、わたしが作ったブサイクなバースディケーキです。

わが家には流行は3~5年遅れでやってきます。
うしろに映っている小さなテレビは、さすがに、そこそこ大きい薄型テレビになりました。
炬燵の食卓はとっくに椅子とテーブルになりました。


洋服が買えないので、夏以外はほとんどきもので過ごしました。
夏服や子どものものはほとんど手作りしました。


父の口癖は
「家にいるのがイチバンだ。事故に会うこともないし、なによりお金を使わずに済む。」というものでした。それこそ耳にタコができるくらい聞きました。
(ホンネは、娘に虫がつくことを怖れたというところでしょう。)

しかし、父の言ったことは真理?でした。
外出しなければお金が出ていくことはありません。
余裕シャクシャクで貯まる一方です。(うそw)


たくさんの人が感じているのではないでしょうか。
貧しいころが幸せだったと。
わたしはそうです。
いまが不幸だというのではありませんが、なんか楽しくありません。
身内から滲み出てくるような、溢れ出てくるような喜びがありません。


幸せをみんなお金に換えてしまったのでしょうか。
幸せはお金で買えるとでも思っていたのでしょうか。


生活水準を落とすことはできないとよく聞きます。
そうでしょうか。
ちょっと頭を切り替えれば、簡単にできることではないでしょうか。
むしろ、生活水準を落とすことで、ほんとうの幸せが見つかるかもしれません。


まあ、そんな心配をするまでもなく、
否応なくこれから、貧しいなかで生きていくことになるのでしょう。
しかし、それは悲観することでも不幸なことでもないと思います。
そのとき人は、忘れていた生活の実感をしみじみ噛みしめることになると思うからです。
[PR]
by michi-no-yuri | 2013-03-24 11:27 | Comments(0)

いろいろ。

対馬の仏像盗難事件が面白い?ことになっています。
こうなることはほぼ予見できていたことではないでしょうか。
どんな些細なことにも火をつけ因縁をつけてごねるというのがかれらの習性なのですから。

200人の祈祷師が対馬に上陸し、祭壇を設え民族衣装を着て、カネやタイコを打ち鳴らして踊ったということですが、目的も意味も不明です。

こういうことをする場合、普通は警察か役所に届けるのではありませんか。
傍寂無人とはまさにかれらのためにある言葉です。

テレビでよく家族を訪問する番組がありますが、かれらに顕著なのが、他人様の家に上がるとき、遠慮もなく「ぬ~ッ」とはいっていくことです。
日本人なら、遠慮しながら、畏れをもって入るのですが、かれらにはその畏れという感情がありません。
畏れとは八百万の神を敬うこころで、当然、他人様の家もその対象に入ります。


新聞のコラムで、韓国へ赴任した人間は二度泣くという記事がありました。一度は韓国へ行きたくないと言って泣き、二度目は日本に帰りたくないと言って泣くということらしいのですが、わたしには初耳でした。
異国での孤独をあの人たちの熱過ぎる?人情が癒してくれるということでしょうか。
わたしは、こころの中までズカズカと入って来られるのは、想像するだけでも嫌なのですが、孤独で寂しい人間にとっては、それが泣きたくなるほど嬉しいのでしょう。



サルコジ前仏大統領とラガルドIMF会長が収賄と職権乱用の容疑で家宅捜査を受けたそうです。なにが起きているのでしょう。
かれらが、世界で何をしてきたか、何をしようとしているかを考えれば、そんなことは小さい、小さい罪です。
ということはこれが糸口になるということでしょうか。
浄化が始まるのでしょうか。


竹中平蔵がやったこともそうです。職権乱用などというちっぽけなことではありません。
社会のシステムを破壊し、日本の国のかたちまで変えたのです。
神をも畏れぬ所業です。

「ROCKWAY EXPRESS」ブログに、こう書いてあります。

「この世界の法則は、自分のしたことの『落とし前』は、必ず自分で付けることになるということである。これは個人でも国家でも民族でも言えることだ。」

何人といえども、いわゆる、カルマの法則から免れることはゼッタイできません。
カルマこそが、絶対平等、絶対公平なのです。



「カレイドスコープ」様によりますと
電源喪失事故を受けて、国も東電も住民の避難準備も安定ヨウ素剤配布の準備もしていなかったということです。
わたしが、もっとも不思議で怒りを覚えるのは、そういうことです。
たとえ安全だと思っても、あらゆることを想定して準備しておくという当然のことが、なぜかれらにはできないのでしょう。
もう、想定外は許しませんよ!


原発担当大臣のことを「プチ美容整形いのち」と書いてあって笑ってしまったのですが、そういう事実があるのですか。
ほんとうに気障な男で、伊達男の(精神的)要件を満たしていない伊達男です。
ヘアースタイルに最大の気を配り、きょうはどんなメガネにするか、どのスーツを着ようかと、かれの頭にあるのはそういうことだけです。
こんな人間が総理候補に名乗りをあげていたのですから、国民もとことん舐められたものです。
[PR]
by michi-no-yuri | 2013-03-23 11:25 | Comments(0)