ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

2017年 09月 02日 ( 2 )

二日 その二  「維新」は大阪から出て行け。

最近、大阪が草ボーボーになっている写真をあちこちで見ます。
わたしは何が嫌といって、雑草もそうですが、道路にゴミが落ちていることほど嫌なことはありません。
人間が、長い年月をかけて人工的に作ってきた街は美しくなくてはいけないというのがわたしの強い思いです。
街は美しくなくてはいけないのです。
道路だけではなく、公共施設やチェーン店の回りがとくに雑草が伸び放題で荒れるに任せているという感じでこころに荒涼とした風景が広がります。
近くの小学校の門の両脇の美しい植え込みは、伸びた雑草で覆われてしまっています。
毎日そこを通る先生は気にならないのでしょうか。
子供に、学校の周りのゴミを拾わせたり、雑草を引かせたりするのは、指導要綱にないということでできないのでしょうか。
自分たちの学ぶ学校もきれいにできなくて、何のために学校があるのでしょう。


c0243877_10403769.jpg


大阪市がとくに酷いのかどうかは知りませんが、ほんとうに、大阪が維新になったから急激に何もかもが汚くなっていったように思います。
都構想などと気宇壮大なわけのわからないことなどしなくていいから、足元の雑草を何とかしてほしい。
まさか、雑草も二重行政のせいだとは言わないでしょうね。
予算がないとは言わせません。
万博誘致にどれだけの予算が組まれているのか知りませんが、落選することは分かっていても、とりあえず森友を隠し、それで失墜した自分の評判を挽回するために、万博だ世界遺産だと騒いでいたいのだと思います。
総理の北のミサイルと同じで万博や世界遺産を自己保身に利用しているのです。
万博も世界遺産も要らないから、大阪の街をきれいにしてほしい。
水の都をかってのように美しい街にしてほしい。

全国学力テストでは、また最下位を免れただけの成績でした。
これも、街の景観と無関係ではありません。
街が汚いとこころが荒(すさ)むのです。
なにもかもが投げやりになるのです。
あの顔が大阪のトップであるということが成績が悪い大きな要因なのです。
当たり前のことです。
トップの顔というのはそれだけ多方面に目に見えない影響を及ぼしているのです。
たとえば、前川さんのような人がトップだとすると、成績があっという間にアップすること請け合いです。


c0243877_10475710.jpg










×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-09-02 10:48 | Comments(0)

二日 その一  麻生さんと前原さんのこと。

麻生さんが記者会見で、4日に予定されていたペンス副大統領との非公式会談を中止することを明らかにしました。
その理由として、北のミサイルの件で総理から「日本で危機対処に万全を期するように指示されたから」だそうですが、言うまでもなくこれはウソです。
アメリカが、麻生さんの例のヒットラーの動機は正しいとする発言を嫌ったからです。
日本政府が統一教会に支配されているようにアメリカもユダヤに支配されていて、ヒットラーの評価や擁護はタブーだからです。
総理も対応に苦慮したでしょうが、罷免は出来ませんでした。
総理の座が目の前にちらついている麻生さんもゼッタイに辞めることはありません。
アメリカでは罷免や辞任が相次いでいますが、表面的にはだれも地位に恋々とした様子もみせず去って行きます。
日本とは大違いです。
トランプ大統領はそういうこともあって批判に曝されていますが、それでもわたしはクリントンでなくて良かったと思っています。
ごたごたは権力闘争なのでしょうが、好意的に見れば民主主義が機能しているということであり、安倍一強などと言っている日本は前近代的国家でほぼ北朝鮮と変わりません。


c0243877_9473430.jpg


きのうテレビを付けたら前原さんが代表になっていて、「今日が政治が変わる日にしたい」と言っていて笑ってしまいました。
民進党が変わる日ではなく、政治が変わる日だとは大言壮語も甚だしい。
具体的にどういう意味ですか。
前原さんもそうですが、出て行った長島、細野の両人も、民進党の中にあって何をしていたのですか。
党の中で汗もかいてこなかった人間は、新党をつくっても何もできません。
テレビで細野さんと若狭さんが話しているの聞いても何も分かりませんでした。
オリンピックに合わせて予防拘束などと言いだしている若狭さんですが、やはり、顔は裏切らないということで頭もおかしい。

前原さんは「国民のため」という言葉を連発していましたが、国民目線でとか、政治生命を賭けるというフレーズはもうだれも信じていませんから、言うだけバカにみえますよ。
かれらは、だれと組めば得かというようなことばかり考えてきた人間です。
一度だって世論に耳を傾けたことなどないことは断言してもいい。


c0243877_947487.jpg










×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-09-02 09:51 | Comments(0)