ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

2017年 08月 10日 ( 2 )

十日 その二  山の木が枯れている。

食糧自給率が23年ぶりの低水準だそうです。
平成28年度のカロリーベースの食糧自給率が前年から1ポイント下がって38パーセントになったということです。
農水省は今回の下落は自然的要因が大きいと言っていますが、今回はそうであっても、根本の問題は政治にあります。
なんで遠い中東やアフリカから食料を輸入するのだろうかと考えて、やはりコストと、その地域でのプレゼンスを高めるのが目的なのかなと思いました。
とくに中國との市場獲得競争は熾烈を極めていることでしょう。

過日、どこかの知事が北朝鮮を飢えさせればいいとか言って物議をかもしました。
知事は、日本は未来永劫飢餓に見舞われることはないとでも思っているのでしょうか。
日本は飢饉になっても輸入に頼れると思っているのでしょうか。
わたしは、敵に塩を送るではありませんが、困っているところには国を問わず助けたらいいのにと思います。
「情けは人のためならず」です。
日本の功徳(くどく)になるのです。

いまの天候不順は地球規模の災害を齎します。
いつ、どこが災害に見舞われ、飢饉になるか分からないのです。
また、紛争や戦争になれば補給路が断たれます。
安全保障とは、一に食糧の確保です。
いくら兵器や武器を増やしても、いざというときに、鉄砲の弾は食べられません。


c0243877_12324675.jpg


最近、車で走っていて枯れ木の多いことに不安になります。
家から近くの山を見てもあちこちで枯れています。
調べたら、「ナラ枯れ」という病気のようです。
楢だけで他の木にうつることはないのでしょうか。
みんな大木なのですが、枯れたまま放置なのでしょうか。

ホームセンターにはありとあらゆる虫に対応する殺虫剤が並んでいます。
かたつむりや蜘蛛、アリなど、以前には考えられないことです。
こういうことも自然破壊につながることで、いつか人間は逆襲されることになるのではないかと思います。
つくずく、自然を大切にしなければと思います。
スズメバチの巣なんか田舎へ行けばどの家でも見かけるものです。
たしかに怖いのですが、蜂は人間に関心はないでしょう。
蜂にしろヒアリにしろ余り恐怖心を植え付けてほしくありません。
恐怖心で死ぬことだってあるのですから。
ちなみに、わたしはゴキブリは平気です。


c0243877_1233630.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-08-10 12:34 | Comments(6)

十日 その一  詩織さんは司法の沈黙に苦しんでいるのです。

詩織さんがやり遂げたいこと
詩織さんは、政府や自分をレイプした男に復讐するつもりはないという。
「みんな私を安倍晋三と戦おうとしているいるように見せようとする。
そんなことはどうでもいいのです。山口でさえ、どうでもいいんです。
私は司法を機能しているかどうかに関心があるのです。


上のツイッターは詩織さんに成り代わって書かれたものです。

わたしは詩織さんの勇気と賢明な判断を讃えたい。
だれにも真似のできることではありません。
ほんとうに、山口なんかどうでもいいのです。
あんな男に拘っていたら、それこそ魂の殺人を受け入れることになります。
あんな男に魂を殺されて堪るものですか。
詩織さんが言うように、問題は司法なのです。
わたしはいつも思っています。
どんなに政治が腐敗しても、司法さえ法の下の平等、公平を守っている限り民主主義は大丈夫だと思っていました。
それが基本的人権の柱だからです。


c0243877_10495435.jpg


しかし、現実はその柱が腐って朽ちる寸前です。
先日も、顔も語り口も漫談家のような磯崎元総理補佐官が、基本的人権を否定する講演をしていましたが、自分たちはどんなことがあっても法に守られる存在だとでも思っているのでしょうか。
自分を特権階級の特別な存在だと思わなければこのような発言は出来ない筈です。
裁判官は公平性を保つために、交友関係には厳しい縛りがあるように聞きましたが、そんなことは絵空事でしょう?
政治的な案件は、すべて政権の方針に沿った判決が出ているではありませんか。
まるで政権の下請けではありませんか。

詩織さんは日本の司法に賭けているのです。
日本の民主主義を問うているのです。
国家権力に物申すことほど空しいことはありませんが、ここで黙ってしまうことは自らの民主主義と自由を手放すことになります。

官邸が山口敬之を逮捕直前に逃したことにたいして、みんなもっと怒らなければいけないのです。
ほんとうに、いつの時代のどこの国のことかと思います。

総理は悪いことに関しては頭がよく働くようで、その一つが警察官僚を取り込んだことです。
警察に権力を持たしたことです。
信じられないようなことが国の中で起きているのです。


c0243877_1051241.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-08-10 10:56 | Comments(2)