ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

2017年 05月 16日 ( 1 )

逃げるしかない?

痴漢を疑われた男性が逃げて電車にはねられて死亡するという事件がありました。
こういう場合、以前なら、やましいことがあるから逃げる、何もしていないなら逃げることはないという社会通念のようなものがあったのですが、今はそれが通用しない時代になっているのではないでしょうか。
先ほどテレビで、女性の弁護士が、疑われただけで有罪になるとは限らないのだから逃げてはいけないと言っていましたが、実際、それで無罪放免になった例があるのなら示してほしい。
男性にとって、女性に捕まり駅員や警察に通報された時点で、もうお先真っ暗な心境になるのではないでしょうか。
まず男性の言い分が通ることはなさそうです。
しかし、変質者や常習犯は別として、もしかしたら一生を棒に振ることになるかもしれないリスクを冒してまで痴漢する男性がいるのでしょうか。

以前、女性専用の車両に反対していた男性が、抗議の意味で女性車両に乗り込んだときの録音を聞いたことがあるのですが、男性に浴びせられた敵意と憎悪に満ちた女性たちの汚い言葉には耳を疑うようでした。
世の中には、男性に敵意を持っている女性がこんなにもたくさんいるのかと驚きました。
そういう女性なら、男性の手がちょっと触れただけでも怒りの感情が湧くのかもしれないなと思いました。
また、反対に女性に敵意を持っている男性も世の中にはたくさんいます。
(そういう男性が改憲論者の中核にいる?)

違う別々の女性なのでしょうが、痴漢に厳しい一方で、不倫や体を売ることを何とも思わない女性もいてどうなっているのかなと思います。
若い子が、よく売春の言い訳に「減るもんじゃなし」というのですが、では痴漢は「減るもの」なのでしょうか。
わたしは、売春は「減るもの」だと思っています。
より精神的に。


c0243877_10595225.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-05-16 10:53 | Comments(0)