ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

2017年 04月 05日 ( 1 )

森友は本丸を落とすための入り口。

森友のことは、「もう飽きた」とか「もっと重要な案件がある」とか言う人がいますが、何が言いたいのかと思います。
飽きたと言う人にはことさら怒りを覚えます。
もっと、重要なことと言えば、フクイチがある、原発再稼動があります。
言われるまでもありません。
しかし、フクシマに対してみんなどれだけの関心を寄せてきたでしょう。
再稼動反対だって一部の人が声を上げていただけです。
安保法案も通ってしまいました。
それが、国民の政治への関心を著しく削ぎました。
もう、何を言っても仕方ないという不毛感や徒労感が日本全体にいきわたりました。
野党の責任だけではありません。
きのう、山本太郎さんが新宿地下で街頭記者会見をしていましたが、いつも書くことですが、殆どの人が見向きもせずに通り過ぎて行きました。
政治なんか関係ないと思っているのでしょうか。
しかし、政治は生活、いのちに直結しているというより生活そのもの、いのちそのものです。
安部政権が続く限り、生活はとめどなく破壊され、いのちは間接的にどんどん殺されていくというのに。
生活が大事という政治は間違っているというのは稲田朋美さんだけではなく、「日本会議」やその周辺の人間の考えです。

森友より、フクシマが重要なのは言を俟ちません。
そのほか重要なことが山積しているのはだれでも知っています。
しかし、なぜ、森友かと言えば、それが安倍政治を終わらせるための持ち駒だからです。
安倍政治を終わらせることが最終の目的ではありませんが、森友という持ち駒を失っては本丸に進むことができません。
森友は本丸を落とすための入口です。
本丸とは、わたしが今までさんざん言ってきた総理の背後で蠢くもののことです。
このまま安倍政治を続けさせるのですか。
安部政権が、この件を仮にも乗り切るようなことになれば、一気呵成に日本は暗黒の独裁国家になるでしょう。
森友をスルーして、原発や戦争への道を止める手だてが外にあるのなら教えてほしい。


c0243877_1112620.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-04-05 11:03 | Comments(0)