ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

国民が目覚めるときがあるのでしょうか。

きのう未明、北が2ヵ月半ぶりにミサイルを発射しました。
グッドタイミングで、いくらものを考えない人間でももう分かるだろうと言う人もいますが、わたしにはそうは思えません。
3時間後に、総理はトランプ大統領に電話を入れました。
トランプ大統領にしたらいちいち電話してくるなという気持ちのところに、「パパ、どうしたらいい?」という感じで総理は電話しているのでしょう。
きのうの自民党の質疑では、トランプ大統領訪日は大成功で、これで日米関係は盤石になったと喜んでいる議員もいて、わたしは思わず天を仰ぎました。

今話題の「主権なき平和国家」の著書で、アメリカと地位協定を結んでいる国(ドイツ、イタリア、韓国、フィリッピン、アフガン、イラク)の中で、一番主権を奪われているのが日本だと書かれているそうです。
また、矢部宏治さんの著書には、主権を回復したドイツとフイリッピンの例が書かれていて、前者は東西統一とEUの拡大によって、後者は憲法改正によってそれを成し遂げたと。
わたしは、日米同盟を盤石にしているのは国民だと思っています。
主権者である国民の二人に一人は選挙に行きません。
宗主国がいちばん恐れるのは、国民が目覚めることです。
「アメリカさま、
心配しなくて大丈夫ですよ、日本の国民が目覚めることはありませんから、そんな誇りも気力もありません、羊のように言われるままについて行きます。」


c0243877_11162910.jpg


産経が北のミサイルに大喜びです。
「政府有事対応急ぐ」と書いています。
有事になってほしいのです。
冗談ではなく、総理なら保身のためにやりかねません。

北の漁船が流れ着くのは今年に限ったことではないと聞いて驚きました。
官邸は、芸能人はじめいろんな人のスキャンダルをストックしていて、そのときの政治状況に合わせて小出しにしているのでしょう。

ミサイルを発射したとき、北にはロシア下院の訪朝団が滞在していて、当然ながらロシア側は不快感を露わにしました。
これで、北にとってはロシアより日本の総理が優先順位が上だったことが分かります。
もちろん、勝手な想像ですが、すべてのシナリオを描いているのは統一教会ではないでしょうか。
豊富な資金を背景に、世界の政治のウラで暗躍しているらしいことは、ニュースなどから垣間見えることがあるのです。


c0243877_11181511.jpg










×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-11-30 11:22 | Comments(0)
<< 一日 その一  にわとりの品格。 二十九日 その二  総理が嘘を... >>