ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

狂乱の安倍外交。

産経が安倍接待外交をよかった、よかったと言っています。
「安倍流外交に米国を引きこんだ」と言う人までいます。(吉崎達彦さん)
アベノミクスの恩恵を受けている人でしょうか。
避難訓練までしたのに、日米両首脳はミサイルのことには一言も触れずにゴルフに興じました。
トランプ大統領は、日本が大量の武器を購入することでアメリカは雇用が増え、日本は安全になると臆面もなく言いました。
わが総理も兵器の在庫一掃処分に協力すべく、さらに購入することになるだろうと言ってのけました。
どこまで国民をコケにするのかと怒髪天を突く思いです。
しかし、トランプ大統領には常に自国民のことが視野にありますが、そこが、わが総理との違いです。
総理にあるのは自分だけです。

ところで、今回の接待外交は失敗だったと総理は内心思っているのではないでしょうか。
その理由は、いいところを見せようと前日に練習までしたのに、晴れの舞台のゴルフではミスを連発し、おまけにバンカーに転んだ醜態を撮られた映像まで流れてしまったからです。
「この恨み,いかで晴らさずにおくべきや」と思っているはずです。
身から出たサビなのに、そうは思わなずに他人を恨むのが総理のメンタルの特徴です。


c0243877_10535664.jpg


次に行った韓国では反米、反トランプのデモが荒れていました。
それに対して、人をもてなすマナーも知らない国民だと、上から目線で思っている日本人は多いのではないでしょうか。
おろかな日本人、、
北の脅威を煽り、日本に武器を売りつけるアメリカを歓迎するとは日本人はどこまで自虐なのでしょうか。
悲しいことですが、日本より、韓国の方が法治国家であり、民主主義が機能していることを認めざるを得ません。
わが総理と同類の犯罪でパククネさんは刑務所の中です。
日本はとくに司法が腐っています。
検察は何をしているのだと怒る国民もいません。
相も変わらず、「アベ政治は許さない」のプラを掲げてお行儀よくデモをしているだけなのです。

トランプ大統領は天皇の前でもやや憮然とした感じでしたが、その前に皇居を訪問したドテルテ大統領は「皇居のシンプルさと、両陛下の控えめなお人柄に畏敬の念を覚えた」と記者団に語ったそうです。
皇居のシンプルさに感動したと言ったのはドテルテ大統領だけではないでしょうか。
ドテルテ大統領は皇室と日本の本質を理解してくれたのだとわたしは感動しましたが、それにも増して、自分たちの大統領が両陛下に暖かくもてなされたことに感激、歓喜するフイリッピン国民に胸を打たれました。
トランプ大統領に、皇居のシンプルさは分からないでしょうね。


c0243877_1056495.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-11-08 11:01 | Comments(0)
<< 日本はどこへ行くの?  死後のこと。 >>