ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

敵は危機感を募らせている。

きょうの産経の一面トップは「自公3分の2超え」でした。
きのう出掛けにテレビにチラッと目をやると、情報番組の画面の上に「自公300議席ナントカ」というテロップが出ていました。
テレビはきのう、さかんに世論調査の結果を流していましたが、わたしは耳を塞いでいました。
選挙期間中に予想や世論調査の結果を報じることは許されるのでしょうか。
総理が福島の農村部で最初の演説を行ったとき、集まった人々におにぎりを配ったとかを問題にする人がいましたが、まるで、国民がおにぎり一つで買収されるかもということが前提にあるわけですから、これほど国民をバカにした話はありません。
そんなケチな現物支給で人のこころは動きません。
そんなことより、世論誘導の操作や工作が問題なのです。
なぜ、新聞は3分の2超えなどと書きたてるのでしょうか。
なぜ、テレビは画面に300議席確実などというテロップを出したままにするのでしょうか。
投票を欠かさないわたしでさえ虚しさや無力感に襲われるのですから、他は推して知るべしと言えば傲慢に聞こえるかもしれませんが、実際そういうことではないでしょうか。
わたしはいままで棄権の言い訳に「だれがなっても変わらない」と賢しら顔で嘯く人をどんなに憎んできたかしれません。
だれがなっても同じだから、安倍総理でいいとでも?
モリカケ隠しのために解散するような総理です。
これからも追及が続くようなら、総理はこんどこそ戦争に踏み切るでしょう。
自分一人の嘘を守るために戦争するような人間です。


c0243877_10585670.jpg


前原さんは民進党という泥船から仲間を救うのだと「希望の党」という船に乗り移らせました。
しかし、前原さんも騙されていたのかもしれません。
民進党を潰滅させるために準備、用意されたのがその名も「希望」という奴隷船だったとは考えられないでしょうか。
みんなで「希望の党」へ行くことになりましたと言ったときの前原さんの顔は、言われているような湯上りかと見紛うばかりに艶々していましたが、時の経過とともに艶やてかりが消えていきました。
今更、騙されていたと気がついてももう後に退くことはできません。
だれに騙されたのですか? 
だれに操られていたのですか?

これだけ自公優勢を喧伝するのは、よほど日本の支配者が危機感を募らせている証拠です。
やっぱり、300超えたという結果にするためのアリバイ作りなのです。
もっと危機感を募らせてボロを出せ!


c0243877_1101184.jpg










×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-10-17 11:01 | Comments(6)
Commented by しまてつ at 2017-10-17 20:31 x
こんばんは。
我慢できないのでコメントします。
前原さんが本当に騙されたとおもってるんですか?
あれだけ、以前から味方の中にあって、後ろから鉄砲を撃ってきた人を信じるんですか?
あの方が民進党の党首に選出された時点で、
あなたほどの見識をお持ちなら、ある程度、予想できる部分があったのではないですか?
Commented by メルチ at 2017-10-17 20:35 x
こんばんは。

もうだいぶ以前のことになりますが『つむじ風』さんのブログに寄せておられた貴女さまのコメントに共感していた者です。
その当時、ブログを開設されたとき時々お邪魔して拝読しておりました。

今回の選挙に関し、急に突然貴女さまを思い出し、きっと記事に書かれているだろう何年ぶりかでアクセスいたしました。

同じ思いです。共感しております。言葉にしてくださって有難う。



Commented by michi-no-yuri at 2017-10-17 21:26
メルチさま

コメントありがとうございます。
わたしはあれっきり「つむじ風」ブログを見ることはなく(2.3回ちょっと覗いた程度)それが、たまたま3日ほど前に何の気なしに訪ねたところでした。
次の選挙では反日議員を落選させようと書いておられましたが、どうやら、反日というのがわたしの思うそれとは真逆のようでした。
反日の定義を知りたいものです。
つむじ風さまは飯山一郎さんに心酔しておられたのですが、いまでも政治的な指針を飯山さんに仰いでおられるというか共感しておられるのではないでしょうか。
Commented by michi-no-yuri at 2017-10-17 21:44
しまてつさま

コメントありがとうございます。
わたしは前原さんを擁護したことは一切ありません。
騙されていたというのは、前原さんが思っていたこととは違っていたというか、上から聞かされていたこととは違っていたのではないかという意味です。
上には上がいるということです。
上からしたら、前原さんなど使い捨て要員でしょう。
こないだも書きましたが、国を売るにも、魂を売るにも無意識でやってほしくありません。
自分がまるでいいことをしているように思っているのが許せないのです。
大それたことをするには、それなりの意識、覚悟を持てということですが、あの顔では無理ですね。
火遊びではないのですから。
Commented by メルチ at 2017-10-18 12:09 x
お返事ありがとうございます。
>たまたま3日ほど前に何の気なしに訪ねたところ
↑そうでしたか。
私もたまたま、昨日えらい久しぶりに訪ねてみて、
う~ん、なんだかなぁ、(随分変節されたよなぁ)と思い、同時に突如、「そうだ、『谷間の百合さん』は今、」と繋がった次第です。
過去記事も含め、これからも拝読させていただきます。
Commented by michi-no-yuri at 2017-10-18 16:33
メルチさま

コメントありがとうございます。
変節ではないと思いますよ。
わたしも最初は右でも左でもない、割とリベラルな人かと思っていました。
後で気が付いたのですが、ハッキリものを言っておられるような印象ですが、実際は優しさなのかどうかわかりませんが立場を明らかにせずに他と合わせておられたようです。
だから、わたしも勘違いして、今から思うと随分つむじ風さまの考えとは違うコメントをしていました。
気が付いたら、右ど真ん中の人でした。
(しかし、こういうのも一種の変節かもしれませんね。)
<< 国を守るとは生活を守ることです。 諸悪の根源「電通」を疑え。 >>