ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

NPO法人を隠れ蓑に日本が乗っ取られる?!

日報隠蔽問題で民進党が要求した稲田さんの参考人招致は竹下国体委員長によって拒否されました。
その理由が「辞任という一番重い責任のとり方をした閣僚を国会に呼び出すことはやってはいけない」というものです。
その一番重い責任の取り方をしたw稲田さんですが、離任式では日報問題について「危機感をもって再発防止策を実施しなければいけない」と他人事のように言った後、儀仗兵による栄誉礼を受け、職員からの花束と拍手に送られてご機嫌で防衛省を後にしました。
防衛省からは、前日のミサイル発射を受けて警戒態制にあったことから「稲田氏は離任式を辞退すると思った、驚きだ。」との声が上がったそうですが、今更驚いているようでは認識が甘い。
稲田さんにとってはそんなことより、自分のグッドルッキングを見せる最後の晴れ舞台だということしか頭にありません。
そういう人間を抜擢して国民と自衛隊を侮辱した総理の任命責任は地球よりも重いと言っても過言ではありません。
わたしはいつか総理が国家内乱罪か、(こういうのがあるのかどうか知りませんが)国家侮辱罪に問われることになるのではないかと思っています。

驚くべきことに、昭恵さんが南陽市に於ける地域活性化をテーマにしたトークセッションに出席するそうです。
招聘したのは「アルカ」というNPO法人で、被災地の熊本で現地の市民団体を通じて懇意になったということです。
昭恵さんは、声を掛けられたら、後先考えずに嬉々として出かけていくのですね。
あれだけ親しくしていた籠池諄子さんが逮捕されたというのに。
「ワタシニハ ナニモ ワカリマセン」という感じでしょうか。


c0243877_1011756.jpg


それはともかく、NPO法人とはよく聞きますが、社会奉仕をするボランティア団体というくらいの認識しかなく、実際にどういう活動をしているのかは知る機会がありません。
ときどき、不正をして逮捕されたことがニュースになります。
先般、ネットで「宮城県の田代島に侵入を図る統一教会」というニュースを目にしました。
これも、「石巻、田代島しまおこし隊」という名称のNPO法人でした。
なぜ統一教会と知れたのか、その経緯は分からないのですが、すでに勧誘や寄付集めがなされているということです。
過疎化が進む地方や、小さい島などに、いろいろな良からぬ目的を持った人間が入り込んでいることでしょう。
政治のモラルハザードがそれを容易にし加速させます。
再び、スイス政府発行の「民間防衛」から。

「(敵は)カモフラージュして、さまざまな姿でこっそりと国の中に忍び込んでくるのである。そして、われわれのあらゆる制度、あらゆる生活様式をひっくり返そうとする。」

昭恵さんと懇意のNPO法人は大丈夫でしょうね。


c0243877_1093183.jpg










×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-08-02 10:12 | Comments(0)
<< 五日 その一  「人づくり革命... 「ほっしゃん」さんのこと。 >>