ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

二十九日 その一  「問題」が分からない困った人たち。

蓮舫代表の辞任を受けて、聞きたくない名前、見たくない顔の人が
名乗りを挙げました。
枝野さんはともかくとして、前原さんのことです。
しばらく姿を見ませんでしたがどうしていたのですか。
橋下徹なんかと会ったりしていませんでしたか。
わたしはテレビに映るその顔を見ながら、出てくるな!出ていけ!(党から)とこころの中で罵りました。
といって、外にだれがいいのか分かりません。
鳩山さんに帰ってきてほしいけど、或いは、党が割れて小沢さんのところと合体というのはあり得ない話でしょうか。
ほんとうに、真の野党をつくってほしい。

きょうの「産経抄」で執筆者が、有効求人倍率が高水準を維持し、大学生の就職率が過去最高を記録し、株価は倍増し、自殺は減少したという「結果」がでているのに、なぜ支持率が低下するのだろうと嘆き、その原因をこう書いています。
「既得権益を手放したくない守旧勢力が、安倍政権を貶めるために仕掛けたレッテル貼りと印象操作は具体的成果さえ見えなくしてしまう。」

きのうの「極言御免」で阿比留瑠比記者が、小川栄太郎さんが森友、加計に関する朝日の記事の全部(半年で1000件を超える分量)に目を通したが、いくら読んでも「問題」がまったく見えてこなかったということを書いています。
「証拠が全くないのに、安倍晋三氏という『個人』を風評で貶めるーこれは権力批判ではなく、深刻な『人権妨害』だ」と。


c0243877_951279.jpg


産経抄の執筆者や小川栄太郎さんに問題が見えないのは当然です。
乱視の上に色のついたメガネをかけているようなものだからです。
思想と言えるかどうかは別として、自分たちが思想上の既得権益を頑固に守っている守旧派だということが分からないのです。
かれらに色つきのメガネを外すことはゼッタイにできません。

それよりも、いっしょに写真に写っていたからお友だちなのだと思いますが、山口敬之さんはいまどうしているのですか。
同じように、総理のヨイショ本を出した仲ではありませんか。
総理を吉田松陰に並ぶ偉人のように書いていたのではありませんか。
(籠池さんも以前は総理を「偉人」と言っていましたが、どこをどう見たらそう見えるのか、偉人も安っぽくなったものです。)
レイプ事件では、やはり、乱視の目でみると悪いのは山口さんではなく女性の方だということになりますか。


c0243877_952228.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-07-29 09:53 | Comments(0)
<< 二十九日 その二  北朝鮮への... 稲田朋美さんと松居一代さんの違い。 >>