ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

稲田朋美さんと松居一代さんの違い。

きのうは「激動の一日、歴史に残る一日」(ネットゲリラ)でした。
なぜ、そう言えるかというと、後世、あれが安倍内閣が倒れる序曲だったと分かるからです。
しかし、ネットゲリラさんが「実は、これが今日一番のNEWSです。」と言っているように、加計問題で、今治の市議が市長と加計幸太郎さんから一人1000万円!づつ賄賂を貰っていた証拠が出てきて、貰ったという市議がマスコミの前でそれを認めたということが、ほんとうに一番のニュースでした。

富山市議会で政党交付金の不正取得が問題になり、それを認めた12名の市議が次々とドミノ倒しで辞任していったことがありましたが、今治の件はそれどころか賄賂を貰っていたというのですから、なぜそれを認めた時点で辞職しなかったのかが不思議です。
安倍政権は内閣改造まで持つのでしょうか。

稲田さんの辞任は当然で、かの女のような人間は政治家になってはいけないのです。
政治家の仕事は、戦争しないこと、国民を飢えさせないことだと菅原文太さんが言っていましたが、かの女はその逆のことしか考えられない人間です。
国民の生活が大事だとは思わないと言うような人間が総理候補だとは、わたしは冗談でも聞きたくない。
総理と稲田さんは政治家以前に人間として失格なのです。
人間の基礎としての常識や感覚、感情を備えていないからです。


c0243877_10331316.jpg


過日、テレビで、田中角栄と森光子さんの屋外での対談を途中から見ました。
家族のこと、お母さんのことに話が及んだときだったでしょうか、角栄さんは涙せきあえずという状態になり、堪りかねて椅子を立ち後ろ向きになって必死に感情に耐えていた姿に、わたしはその後の運命を重ね合わせてこころが痛みました・
マドモアゼル愛さまが書いておられたように、こころの冷たい人がトップになるのは国民の不幸なのです。
親から愛され、家族を愛しているような人は、国民を愛し、国民からも愛される人間なのだと思います。
血も涙もないような稲田さんのような人間は政治家になってはいけないのです。

松居一代さんのことを異常だとか病気だとか言いますが、稲田さんはそれ以上です。
松居さんは、いつかふと我に返ることがあるでしょうが、稲田さんには帰れる「元の場所」というものがありません。
それにしても、テレビで松居さんのことを笑いものにしている人々のなんと醜いこと。


c0243877_10333693.jpg










×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-07-28 10:46 | Comments(0)
<< 二十九日 その一  「問題」が... 前川さんとお釈迦さまの言葉。 >>