ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

寝屋川中一少年少女殺害事件から2年になります。

寝屋川中一少年少女殺害事件からこの8月に2年を迎えます。
当初、容疑者は黙秘しているという情報が警察からでていましたが、それも最初だけで、以降、ピタッと情報が途絶えました。
音に聞く大阪府警の荒っぽい取り調べにも黙秘を貫ける容疑者とはいったいどんな人物なのでしょう。
黙秘をしているから調書がとれず、裁判にも掛けられないということでしょうか。
容疑者が弁護士を拒否しているのならともかく、弁護士は容疑者と接見できる唯一の人間ですから、メディアはなぜ弁護士を取材しないのでしょうか
遺族や学校、地元からどうなっているのかという声は上がっていないのでしょうか。

容疑者の衣服から少年の皮膚片とみられる微物が採取され、鑑定の結果少年のDNAと一致したということですから、それに自信があるのならなんで裁判ができないのかと思います。
また、少年の遺棄現場の近くのコンビニで容疑者がガムテープを買うところが防犯カメラに写っていたということですが、こういう場合、弁護士か第三者が立ち会ってそれを確認できるような制度にならないものでしょうか。
ほんとうに疑問だらけの事件なのです。
第4の権力を持ち、情報収集力もあるメディアが動いてくれないと、真実が闇に葬られかねないのです。

このままだと少年少女の霊が浮かばれません。
むごい殺され方をした上に、犯人も特定できずに人々から忘れ去られるとしたらこれほど不条理なことはありません。
メディアと弁護士はいったい何をしているのかと。


c0243877_13172061.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-07-23 13:18 | Comments(2)
Commented by ななし at 2017-07-24 15:54 x
この事件はしらなかったです。私の経験から、今の弁護士さんは替え玉がでてきます。紹介者がいないと相談もうけてはくれません。ほーむshouが15年前にやみにのっとられたので、893,893こうあんが担当してる。法テラス、弁護士会館はそういうところです。個人事務所もおなじ。日弁連が水面下でやみと通じてるからです。本物んp弁護士さんは隠れてるのかもういないのか、いつもおもう。もう最後の手段弁護士相談はやめにしました。30分間情報収集されて、報告されるだけですから。一様名詞は出しても、かりものです。893がそれをやってるのです。自分らがやった悪さがどれだけばれてるかをしるためです・そして、先手をうつのです。東京では世の中の仕組みが変わってしまった。タローさんの凱旋に誰も振りぬかないなは、指令を受けたことしかしない人たちばかりになったからです。ほとんど指令でうごいています、駆ると野洗脳をうけたひとは。地獄のようなこの世のものではない日常です。
Commented by michi-no-yuri at 2017-07-26 11:25
ななしさま

コメントありがとうございます。
むかしは弁護士が「社会正義」を担っている面がありましたが、最近はテレビに出たがるような弁護士が目立ちます。
凶暴罪が施行された今、国民の味方になって守ってくれるべき弁護士が、ななしさまが言われるような現状では絶望的ですね。
わたしは、よく労働組合はどうなっているのだろうと思うことがあったのですが、それがアメリカの意を受けた政権によってほぼ壊滅させられたことを最近知りました。
弁護士もそういうことだったのでしょうか。
国民は救われませんね。
<< 産経の終わりが始まる。 わたしたちはトンデモナイ国に生... >>