ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

前川喜平という「正義」

「一部のもののために国の権力が使われることがもしあれば、国民の手で正さなければならない。そのためには事実を国民は知らなければならない。」
それが自分の問題意識だと前川さんは言いました。
しかし、わたしが日本記者クラブでの記者の質問を聞いていて感じたのが、その問題意識のなさでした。
国民の手でということは、先ずメディアが問題意識を持って事実を伝えなければならないのに、そのメディアに問題意識がないと前川さんは言いたかったのだと思います。
何か新事実が語られるのではないかと期待していたメディアは、自分たちが批判されていることが分かったでしょうか。
「国家権力とメディアの関係に非常に不安を覚えている。」
「第4の権力であるメディアまで私物化されるということになれば、日本の民主主義は死んでしまう。」

と前川さんは言いましたが、そもそも、メディアに第4の権力という認識があるのでしょうか。
国家権力を監視し、国家権力の暴走を食い止めるために自分たちに権力があるということを分かっているのでしょうか。
かっては、政治家も警察も第4の権力であるメディアを恐れていたのに、いつのまにか力関係が逆転していました。
逆転させたのは、問題意識を失ったからです。
それによってメディアは急速に劣化し、権力に取り込まれていきました。
メディアが変われば日本は救われるのに、、
前川さんはそう思って、各メディアにアプローチしたのだと思いますが、最初のNHKでのインタビューは未だ公開されていません。


c0243877_10395760.jpg


恒例だというメッセージに、前川さんは「国民主権」「個人の尊厳」と書きました。
国家公務員へという体裁になっていますが、全国民へ宛てたメッセージであることは言うまでもないでしょう。

国家公務員も主権者である国民の一人だという意識を持っておかしいことはおかしいと何らかの形で伝えていくべき。
国家公務員も個人の尊厳をもった存在なのだから、思想、信条、信念、良心などを自分自身のものとしてきちんともっていなくてはならない。
そう前川さんは言いました。
個人の尊厳の前に基本的人権の尊重があります。
しかし、残念ながらこれを理解している人はそう多くはありません。
前川さんと前川さんの反対側にいる人間との間には天国と地獄の違いがあります。
愛がある人間と愛の無い人間の違いです。
子どもは話の内容は分からなくても、その姿からきっと愛や誠実や正義を感じたことでしょう。
教育的効果は絶大なるものがありました。

先日、わたしは、どこかに正義があると思うから人間は生きていけると書きましたが、その正義が前川さんでした。


c0243877_1047956.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-06-24 10:51 | Comments(2)
Commented by louisx2 at 2017-06-24 14:49 x
管理人様、先日はありがとうございました。

欲と良心がせめぎあうのが人間ですが、
「正義はある」「お天道さまがみてる」
なにより、自分自身が一部始終を一番よく知っている。良心に恥じることはないかを。
汚染が進む日本。子どもが生まれない日本。
増える高齢者と虚弱な若者が残される日本。
生きるための芋一個、米一粒に泣かなければならない時が迫っているなかで、食えない何億・何兆の紙の束をかき集める。人間ではなく、別の目的を持った別のイキモノなのでしょう。

夏至を過ぎました。陽極まって陰に向かって行きます。宇宙の法則です。「盛者必衰の理」を見届けるために生きています。
Commented by michi-no-yuri at 2017-06-25 12:25
Iouisx2さま

コメントありがとうございます。
もう、日本はだれ一人声を上げる人もいないままに暗黒社会になって行くのかと思っていたところに前川さんの出現は
たとえ暗黒社会になったとしても、日本人ここにありという最後の灯りとなったこことで、歴史に対しても世界に対しても申し開きができるように思いました。
帝国大学の流れをくむ国立大学を出て官僚になった人には、むかしなら社会への貢献ということが暗黙の了解としてあったのではないでしょうか。
その社会への還元、貢献を果たしたのが前川さんということですが、前川さん一人だとは思いたくありません。

総理夫妻など「別の目的をもった別のイキモノ」とでも思わないと理解できませんよね。
<< 再び 天皇がいなくなれば日本は... 二十三日 その二  コメント欄... >>