ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

十五日 その一  人でなし。

共謀罪が成立しました。
成立することは分かっていましたが、それでも阻止できるかもという髪の毛一筋ほどの期待はありました。
あんな無能で醜悪な法務大臣の質疑に時間を費やすべきではなく、最初の森友で徹底的に追及してほしかったと思いました。
どこまでも、昭恵夫人や迫田、佐川、それに谷さんの証人喚問を要求すべきでした。
要求が通るまで審議拒否でもしてほしかった。
(昭恵夫人は何事もなかったかのように、相変わらず健康優良児のような顔できょうもお元気なようです。)
それに、森友の教育方針に賛同し、瑞穂の国小学院の設立を後押しした保守系文化人も参考人招致して話を聞いてほしかったと思います。
いまかれらは森友についてはゴキブリのように身を隠しています。
だれ一人ケジメをつけていません。
(そのくせ、前川さんの出会い系バーの件では口を差し挟むのです。)
幼稚園の園児や父兄に対しても無責任極まる話ではありませんか。
驚いたのが、無償だと思っていたら、かれらは講演料を受け取っていたのですね。
おかげで籠池さんは貧乏ひまなしだったようです。
どうもあの夫婦には私腹を肥やすという概念が無かったみたいなのです。
教育内容は別にして、倫理の鑑のような人物ではありませんか。

ゴキブリのくせに、表で堂々と嘘八百を並べ立て、これ以上の下品な卑劣漢はいないと思われるのが、明治天皇の玄孫の肩書で世に出た竹田恒泰です。
仲間内で、講演は金になるような話をしているらしい。
民間がやる分には文句は言えませんが、かれらの講演料が税金から支出されるようなことだけはあってはなりません。
櫻井よし子さんなんか通常一回100万円だそうです。
立派な先生方に講演をしてもらうのだからお金は惜しくなかったという籠池さん。
立派な先生方はこの言葉を聞いてどう思われますか。


c0243877_1046471.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-06-15 10:51 | Comments(2)
Commented by チーム120 at 2017-06-15 17:05 x
百合様
ずーっとブログ拝見、応援しています。私は今日ほど落胆したことは、ありません。
安保法案と共謀罪をセットにされたら、彼らの思うつぼです。今の政党は残念ですが、すべて裏でつながっていま
す。
民進、維新なんぞ、完璧なフリだけです。共産党、社民党、全て本気度が有りません。ガス抜きです。
完全審議拒否すればなんとかできたのにしなかったとゆうことは、シナリオどうりです。
朝の朝日の羽鳥のモーニングショーも共謀罪に関しては、審議してる時は、その危険性はテレビで3日いくらしかやりませんでした。
(ごめんなさいはっきり解りません。)だいたいそもそも総研の玉川さんも本人知ってか知らずか、ただのガスン抜きに利用されてる。らしいです。
 今日その共謀罪が通過してから、他局ではそこそこ報道してるのに、そこにいる玉川さんまるで何事も無かったような顔してすわってました、9時までは見てましたがその後報道したかもしれませんが、まだ録画見てないのではっきりしませんがなんせトップ報道じゃなかったです。
 とにかく朝鮮、韓国に占領された政治世界をまっとうにするには、不正選挙を見張る団体が必要です。
なぜかこれでも野党は口に出しません。あの山本太郎でさえです。よほど虎の尾っぽなのか、死をほのめかされているのか、皆さん街頭で反対演説してますが、不正選挙を見張ろう。とか無くそうとか、だれも言いませんもんね。
 こんな暴挙をやれるなんぞ、裏で不正選挙システムで補償されてるかなんで、今度の都議会選挙?見てて下さい。
結局同じ「日本会議」の小池の都民ファーストだかなんだか知らないけど目くらましに騙されてはいけません。自民党そのものですから。この2つが議席を合計で確保するに決まってます。「都民ファースト躍進、議席飛躍的に確保」の見出しでね。もう見えてます。彼女はしたたかです。次の首相も狙ってるんじゃないでしょうか?安倍さん以降、めぼしい人あまりいないですからね。とにかく不正選挙反対。民主主義なんぞ守れません。日本に「チェ ゲバラ」のような革命戦士が現れないでしょうか?
Commented by michi-no-yuri at 2017-06-15 22:36
チーム120さま

コメントありがとうございます。
不正選挙の件ですが、小沢さんが党内の人間に対して、不正選挙と放射能のことは言うなと口止めされたということがどこかに書かれていました。
わたしもなぜ野党は不正選挙を言わないのかと不思議でしたが、しばらくして、それはそれこそタブー中のタブーなのかもしれないと考えるようになりました。
虎の中の虎の尾ということかも。
小沢さんにしたら、田中角栄が虎の尾を踏んで失脚したことを目近で見ておられますし、討死するのが分かっていてみすみすその罠にはまりに行くようなことは党首のとる行動ではないのだと思います。
もう、自由党を潰すわけにも、山本太郎を殺させるわけにもいかないと思われたのではないでしょうか。
不正選挙は国民が主体となって疑問や怒りの声を国会に届くくらいの大きなうねりにしていかなければいけないのだと思うのですが、あまりにも無関心層が多いことに出鼻をくじかれますね。

ほんとうに日本は朝鮮が支配する国になりました。
安部政権は日本の政権ではなく、日本人でない人間がこの日本を統治していることへの違和感、嫌悪感、汚辱感が日を追ってつのります。
アメリカの植民地でも平気というより頼りにしている日本人は、朝鮮が統治する国になっても何も感じないのでしょうか。

ゲバラを尊敬する亀井静香も「老いたり」ですね。
若い世代からそういう人間が出てこないとも限らないなと思うようになったのは、やはり、前川さんの出現が大きいです。
日本の歴史、文化は底が深く、そういう中から偉大な人物が出てこない方がおかしいのです。
伊達に歴史が長かったわけではありませんから。
<< 十五日 その二  ブレーキのない車。 親衛隊本部と化したかのような内... >>