ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

アジテーター(煽り屋) 桜井よしこ。

きょうの新聞に、桜井よしこさんの大きな顔写真とともに「中国が日本を買占めています」という意見広告が載っています。
公益財団法人 「国家基本問題研究所」 理事長 桜井よしこ  副理事長 田久保忠衛とあり、以下に例によって例の顔ぶれが並んでします。
しかし、わたしは政府は故意にこの問題を放置しているのだと思っています。
平時においても土地は公共のために必要とあれば土地収用法を適用できます。
まして、有事なら、問答無用で没収されます。
だから、政府は放置しているのだと思います。

対馬の自衛隊の隣接地が韓国資本に買収された件は国会でもとりあげられましたが、麻生さんは「土地の売買は自由だからなあ」と呟くように言っただけでした。
意見広告によると、
「国土交通省は、外国資本による土地買収を勧めるかのような手引書さえ、現在、作成中です」
ということですが、これが事実とするならば、政府はいったい何を考えているのでしょうか。


c0243877_1120374.jpg


中国人観光客の落とすお金と、中国人に土地を買ってもらうことで経済の活性化を図ろうという魂胆でしょうか。
沈滞、疲弊した地方の経済をそれで補おうということでしょうか。
そして、いざというときは没収すればいいんだからと考えているのかもしれません。
麻生さんがナチスの手口を真似ると言ったなかに、そういうことも頭にあったはずです。
ナチスは政権発足と同時に、ユダヤ人への弾圧を開始しています。
財産の没収に始まり、最後には、ありとあらゆる権利と自由を剥奪して生きていけないようにしました。

桜井さんは、政府が必要とあらば、いつでも人の土地を収用したり没収したりすることができるのを知っていて、あえて、中国の危機を煽るのを目的に、こんな意見広告を出したのではないだろうかとわたしは疑います。
緊急事態法が成立したら、何でもできるのを知っているでしょう?
土地の没収なんか朝飯前です。

安全保障が聞いて呆れる。
国土は外国資本に買われるままに虫食い状態になり、日本上空の広い空域は米軍が占有し、いったいどこに安全保障があるのかと。
どこに、日本の防衛ラインがあるのかと。
自衛隊員が悲し過ぎる。


c0243877_11204383.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-05-11 11:22 | Comments(0)
<< 籠池さんがバッシングによって得... 十日 その二  男と女。 >>