ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

十日 その二  男と女。

「酔生夢人のブログ」がネットゲリラの「やはり女は脳足りん」という記事を引用して「南山見る人、見ない人」を書いておられ興味深く読みました。
ネットゲリラさんは女はバカが口癖なのですが、一向に腹も立たないのは、そこに女性蔑視を感じないからだろうと思います。
女が「男ってほんとバカ」と言うときには、そこにそこはかとなく「かわいい」「かわいそう」というニュアンスが含まれているのですが、ネットゲリラさんもきっとこころでは多分に女性を憐憫の情で見ておられるのではないかと思うからです。

ネットゲリラさんが
「女はアタマが悪いという話なんだが、こういうのって物差しが違うと違う結果が出るので何とも言えない」と書いておられるのですが、その物差しとは何を指すのでしょう。
からだの仕組みや生理の違いは当然影響するでしょうが、わたしが決定的だと思うのは、環境、機会、条件の違いです。
わたしもいままで、女に科学者や音楽家(指揮者)がいないと言われてきたことを、男女の性差、能力差だと思ってきたのですが、このごろ少し違うのではないかと思うようになりました。
そう思うようになったきっかけは、紫式部や清少納言がなぜ生まれたかを考えたとき、そこに環境と機会があったことが決定的な要因ではないかと思ったからです。
女性が、長い間、環境と機会を与えられずにきたことを差し引かずに、女は劣ると言われるのは公平でないように思うのですが、、


c0243877_1271327.jpg


ところで、空間認識能力ということですが、先日、わたしが布地に直接ハサミを入れて裁断した女性のことを書きましたが、これも男女の差はないように思います。
コシノ姉妹はどうか知りませんが、母親の綾子さんがやはり布地に直接ハサミを入れていたということを聞いたことがあります。
そういうことではなく、わたしが女性に空間認識能力がないと思うのはネットゲリラさんが書いておられる「オンナの対人関係の独特なセンスにはウンザリする」という部分なのです。
どちらもある打ち上げでのことですが、一つは、どこかの俳句の結社に属する女性が、3.40分その場を独占して誰にも関心がない結社の話をしたこと。
もう一件は、ある女性が自分のセレブ生活の自慢を延々、これも30分以上にわたって話したことです。
こういう空気を読まない女性を空間認識能力に欠けるというのではありませんか。
男性でもそういう人いますか?
しかし、これだって、男と違い社会にもまれてきた歴史が浅いからということが言えなくもないですね。


c0243877_1273198.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-05-10 12:08 | Comments(0)
<< アジテーター(煽り屋) 桜井よしこ。 十日 その一  日本の災いにな... >>