ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

百のお説教より、一つのお手本。

教育勅語にもいいところがあるなどと当たり前のことを言う人がいます。
曽野綾子さんもきょうのコラムで「全否定していいのか」と書いています。
だれも全否定などしていません。
良いところというのは、教育勅語に拠らなくても、あるいは国から言われなくてもだれでも知っていることです。
それをなぜ国家がいまごろ持ち出してくるかということが問題なのです。
もし、そういう徳目、倫理を国民に持ってほしいのなら、先ず上から範を示してください。
総理が嘘を付き、自分を尊敬し信頼していた人との関係を弊履のごとく捨てたことを国民、何よりも子どもは見ていました。
総理自らが「朋友相信シー博愛衆ニ及ボシ」を国民の目の前で裏切ったのです。
百のお説教やお題目より、一つのお手本です。
それが教育というものではありませんか

ところで、総理は、籠池さんの証人喚問を前に何の目的で訪欧したのでしょう。
オランド大統領の、退任間近の自分と何を話すことがあるのだろうという怪訝な表情でキョトンとしていたのが可笑しくて、わたしはおもわず笑ってしまいました。
それでも、一応会議をしました。
総理はその映像がほしかったのです。
国内向けにもですが、なによりも中国に向けて。
各首脳と握手をし、会議をしている「絵」を撮るためだけに、総理は税金を使って訪欧したのです。
海洋進出を進める中国に対して、連帯して抗議をすることに合意ができたと言っていましたが、そんなのは付け足しです。
中國の脅威は否定しません。
だからこそ、中国との外交に真剣に取り組んでほしいのですが、なぜ中国に行かないのでしょうか。
もっとも行くべきは中国、そして北朝鮮ではありませんか。


c0243877_15523811.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-03-26 15:54 | Comments(0)
<< 将を射んと欲すれば先ず馬を射よ。 愛国より権力が魅力だった? >>