ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

自民党の中はミニ独裁国家になっている?

先ほど、今回のミサイル発射は、在日米軍基地攻撃の訓練だったと、北朝鮮放送が報じたという速報が流れました。
困ったときの北朝鮮という巷の声が聞こえたのか、慌ててそうではないということを、また北にお願いしたのですか。
そう言えば、北は韓国やアメリカを敵視して非難しますが、日本に対しはどうだっただろうかと思いました。
おそらく、総理はいまの危機を回避するのに北朝鮮を利用するだろうとわたしは思っていたのですが、ミサイル発射には国民も慣れっこになった上に不審感を持ち出したことに気がついたのかもしれません。
だから、きょうになって、困ったときの北朝鮮であることに変わりありませんが、あれは米軍基地を叩く訓練だったということにしてもらったのではないでしょうか。
ジャパンハンドラーが関与しているのかどうかは分かりませんが、在日米軍の攻撃となれば少しは真実味もあり、アメリカも本気を出してくれるかもしれないと思ったということかもしれません。
総理はとにかくアメリカを引き付けておきたい一心なのです。
しかし、ますます追いつめられたら、総理はどんなカードを切るのでしょうか。
拉致は利用したくても、それは出来ない相談です。
まさか、ミサイルを本土に届くように打ってもらうわけにもいかず、尖閣あたりで何かを仕掛けるのかな、、

森友の問題は、総理の存在がなければあり得ないことです。
こんなことができる政治家が外にいますか。
実力のある派閥の領袖なども、小泉政権を境に姿を消していきました。
塚本幼稚園と何の接点もないというのであればまだしも、あり過ぎるくらいあるからみんなが疑うのです。
きのう総理は逆上して、忖度した例があったら言ってみろということでしたが、言えないことだから忖度するのだということが総理には分かっていません。

郵政民営化で自民党議員のほとんどが賛成に回ったとき、西尾幹二さんは、みんな小泉総理個人ではなくそのバックを恐れ忖度したのだと書いていましたが、なぜ、いまそれを言わないのですか。
郵政のときのバックはアメリカでしたが、安倍総理のバックは統一教会だから言えないのですか。

石破さんが、30年議員をしてきて、こんな空気は初めてで、何かものを言うと「イヤな奴、変な奴、裏切り者、逆らうのか」という雰囲気になるのだと言っています。
自民党のなかは恐ろしいことになっているようです。
そういう空気がファシズムや軍国主義を醸成していくのですけど。


c0243877_11163234.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-03-07 11:22 | Comments(0)
<< 九日 その一  昭恵さんは健康... 困ったときの北朝鮮。 >>