ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

平和憲法は日本を守ってきました。

イラクから帰還後に自殺した28人の自衛隊員について、曽野綾子さんは、日本の若者が惰弱になった証拠だと言われました。

また、イラク派遣第一陣の指揮をとったヒゲの隊長こと佐藤正久さんは「必ずしもイラクが原因とは限らない」と言われました。

ヒゲの隊長という愛称で「いいおじさん」を演じたこの人物は、隊長として隊員に寄り添うのではなく、人気に便乗して権力に靡きました。

そして、いま、集団的自衛権行使の旗振りをしています。

売国ばかりではなく、隊員の「いのち」を権力に売ったのです。

これほど軍人精神に悖る行為があるでしょうか。


必ずしもイラクが原因とは限らないと言うのなら、引率者の責任として、なぜひとりひとりの隊員に会ってその胸中を聞こうとしなかったのですか。

サマワで何があったのか、ほんとうのことを言うことが隊員に報いることでもあるのに、かれはそういうことには一顧もせずにひたすら権力に魅せられていったのです。




c0243877_1010421.jpg




わたしはもう何年も前から集団的自衛権を直観的に危惧していました。

アメリカの傭兵になることだと信じて疑いませんでした。


平和外交とか、全方位外交とか、なにを非現実的なトボケたことを言っているのかと賢しら顔をして嗤っていたかっての自分が恥ずかしい。

戦争がなかったのは、日米同盟と米軍基地が抑止力になっているからだと信じてきたことがそうではなかったことにも気が付きました。

海部元総理が、アメリカからの執拗な自衛隊派遣の要請を拒否できたのは平和憲法があったからだと言われました。
おそらく、アフガン派兵を要請された福田元総理も平和憲法をタテに抵抗されたのだろうと思われます。

平和憲法は立派に機能してきたのです。(なんだか涙がでそう、、)

なんということでしょうか。

日本の平和を根底から崩そうとしているのは、ほかでもない、日本を守っていることになっているアメリカでした。

いかに、アメリカが日本を戦争に引きずり込むことに執心してきたかを、二人の元総理の抵抗から窺い知ることができるのではありませんか。




c0243877_10111332.jpg




集団的自衛権行使が成立すると、日本は丸裸になります。

もう日本を守るものがなにもないのです。

日本は戦争のできない国、戦争をしない国だということが世界に周知されていたのに、その信頼が水泡にきすことになります。

これほどもったいないことがあるでしょうか!


集団的自衛権が抑止力になるというのは詭弁もいいところです。

アメリカ自身がもう世界の警察官を降りると言って降りざるを得ないほどの状況になり、さらに、いろいろな嘘がオモテにでてきつつあるというときに、どうしてアメリカが抑止力になりますか。

もう、冗談にもなりません。


総理は就任から始まった積極的な外遊に、いつも軍需企業の人間を同行させていたそうです。

アメリカがもっとも神経を尖らせていたのはそのことだったのかもしれません。

また、今回の中南米訪問では、防災に関する技術や設備の売り込みに熱心だったということですが、

フクシマは「アンダーコントロール」にありますから、どうぞ安心して買ってくださいということでしょうか。




c0243877_10113331.jpg

[PR]
by michi-no-yuri | 2014-08-02 10:15 | Comments(4)
Commented by どい・としき at 2014-08-02 12:13 x
馬鹿馬鹿しいマスコミや、各種ネットの投稿に
厭きて、PCを開くことも殆どありません。
「不連続」な日が、経済も政治も間もなく、来ます。
それが来たら「不連続」の日々の彼岸で、これまで
準備してきたことに集中します。それが「自然」だから。
百合さんもご自愛下さいませ。
Commented by ミルキー at 2014-08-02 21:37 x
こちらのブログで書かれていましたが、
日本とパレスチナとの包括的パートナーシップの締結は、
とてもショックでした。
パレスチナの子供たちのことを考え、
本当に心が痛みます。
安倍さんは、日本人の意見も聞かず、議論もせず、
とんでもないことをしました。
イスラエルへ武器を売ることが、どんなに罪深いことか。

曽野綾子さんの言動(お説教)は、割ぽう着を着て、
襷をかけた国防婦人会の女性を連想してしまいます。
集団的自衛権の旗振り役として、大活躍ですね。

曽野綾子さんと安倍さんの奥さんは、聖心女子大学の同窓生で、
お友達だそうです。
韓国の朴大統領も韓国の聖心女子大学出身です。

米国在住の日本人ジャーナリストによると、
米国では、帰還兵士が年間8000人以上
自殺しているそうです。一日22人の割合です。
日本の自衛隊員に、同じような目に遇わせたくありません。
現在も、PKOで、アフリカで働いている自衛隊員のことを考え、
心配にもなり、なぜ、日本を守ることなく、
外国へ行かされるかと考え、納得いきません。

与謝野晶子の詩 「君、死にたもふことなかれ」は、
自衛隊の方々へ送りたい詩です。
Commented by michi-no-yuri at 2014-08-03 10:36
どいとしきさま

そうですか。
このブログもいつまで書けるかと思いながら、
一日、一日と先延ばしにしています。
もう、断絶のときがくるのですか。
どっちに転ぶのだろうと不安を感じる毎日ですが、
どうせ、なるようにしかならないのだからと
観念して、書けるところまでガンバッテみようと
思っています。
ありがとうございました。
Commented by michi-no-yuri at 2014-08-03 10:46
ミルキーさま

わたしも「君死に給うことなかれ」というフレーズが
先日来よく胸を過ります。
発表当時は非難囂々だったそうですが、
でもやはり「日露戦争」も仕掛けられたものでしたね。
共産主義の恐怖を煽るだけ煽って戦争をさせられました。
今も同じだと思います。

ガザの子どもたち、胸が痛みます。
同じ人間だと思わないからできるのでしょうね。
もし、日本人を同じ人間だと思っていたら、
とても原爆など落とせるものではないと思います。
阿鼻叫喚の地獄になることは予想していたでしょうから。
<< 美しいということ。 人には微笑みを。 >>