ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

内田樹さんのブログより

内田樹「幼児化する政治とフェアプレイ精神」から。

≪橋下徹という人はほんとうに「いじめ」の達人だと思う。どうすれば、人が傷つき、自尊感情を奪われ、生きる意欲を損なわれるか、その方法を熟知している。
ある種の才能というほかない。減税日本とみんなの党の「いじめ」方をみていると、それがよくわかる。人をいじめるチャンスがあると、どうしてもそれを見逃すことができないのだ。たぶんこれがこの人に取り憑いた病なのだろう。≫


ここに、わたしが書こうとして書けなかった橋下徹という人間の本質、本性があますところなく表現されています。
こういう人間なのです。イジメること。傷つけること。自尊感情を徹底的に痛めつけること。これが、朝鮮民族のメンタリティです。(かれが在日かどうかは分かりませんが)
だれかが、中国の属領として生きぬいていくためには、口だけが武器だったと言っていましたが、かれらのそういうメンタリティの背景には悲しい虐げられた歴史があるということでしょうか。

わたしが、在日とのやり取りでこころがズタズタになったのもそういうことです。

どんな嘘も出鱈目も言いぬけてみせてやるという自信を持ち続けるためには、相手に反論の隙を与えないことですが、そのために、かれは永遠に喋り続けなければならないのです。狂っているのです。

先日も書いたことですが、日本は小泉政権からガラッと変わってしまったのです。
情も血も涙もない、弱肉強食の荒涼とした世界になってしまいました。だれかが筋金入りのヤクザだと言っていましたが、そういう人間を日本人は総理大臣にしてしまったのです。橋下徹は小泉純一郎の政治手法を絶賛していましたから、やはり、同じヤクザの血が呼び合うのでしょう。

亀井静香さんが新党立ち上げの会見で大体次のようなことを言われました。

国民は自分の一生に対して、希望が持てない状況で生きている。
経済は土砂降りで、傘もさせずに明日なき生活を送っている国民から税金を取るとは!
こんな無情な政治が日本の開闢以来ありましたか!


慎太郎が亀井さんの言われることが分からないと言いましたが、亀井さんの言われることではなく、国民の生活が分からないということです。そんなことは考えたこともない人間なのです。
大金持ちも鳩山さんだって、国民の生活の苦しみを分かろうとして、消費税にも反対をされましたが、慎太郎にはそういう想像力もないのです。

わたしは、大同とは政策理念であり、小異とは政治手法だと勝手に思っているのですが、
今回の右往左往は、ほとんどの政治家が大同を捨てて小異で連携したということです。

内田樹さんが続きでこう書いておられます。

≪政治的公約や連帯の約束を一夜にして反古にすること、「勝ち馬に乗る」ことを政治家として生き残るためには「当たり前」のことだと思っているような人間たちばかりが政治家になりたがっている。統治者になるための訓練を受けたことがない人間たちが統治システムに群がっている。中学生的な「いじめの政治学」には長けているが、「フェアプレイ精神」については聴いたこともないという「こども」たちが政治の世界に跳梁している。≫

きょうの新聞によると、元「立ち上がれ日本」の平沼さんと園田さんが「維新の会」から公認を与えられたということです。
人間、年を取るとプライドを持つことさえ負担になるのでしょうか。哀れを留めます。


最後に小沢一郎さんの言葉。

「忍耐の毎日であり、大変厳しい試練の日々でした。」
人々の支援があって耐えられたという小沢さんの言葉は真実だろうと思います。
変わることなく、小沢さんを支えてこられた方々に感激と感謝を。










×
[PR]
by michi-no-yuri | 2012-11-20 19:09 | Comments(0)
<< 「忍耐の毎日であり、大変きびし... 十一月十九日 その二 「わたし... >>