ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

二十一日 その二  自衛隊統合幕僚学校教授、伊勢崎賢治さんの演説、全文。

フェイスブック より

上記文抜粋
・・・・・・・
<超重要*拡散> 伊勢崎賢治さん、山尾しおり応援演説 全文

「今、日本の国防の最大の脅威は、安倍政権です。これは、リベラルな立場で言っているんではなくて、極めて専門的な立場で申し上げています。その理由をおはなしします。」
=========

今、僕の紹介にありましたが、NGO職員とか、国連の職員。
僕もたぶん、護憲派で、リベラルで、平和主義者、みなさんと同じ・・(拍手)
・・だという印象をもたれているかもしれませんが・・、(笑い)
実は違った側面もありまして、 実は、僕は防衛省の自衛隊の先生です。もう10年やってます。ただの自衛隊ではありません。東京の目黒に統合幕僚幹部学校というのがあるんですね。陸海空の精鋭を育てる、高級過程というところで、幹部と候補生を10年教えてます。
なにを教えているか。戦争の勝ち方です。それを教える人がいないんです、日本には。なぜかというと、戦争にどう勝つかは、アメリカが考えるんです。自衛隊ってのは、非常にいいにくいんですけど、アメリカの二軍なんです。アメリカが考える戦略にどう従うか、ということだけをずーっと戦後70年考えてきた。
「もしかしたら戦争が回避できるかもしれない」
そういうことを主体的に考えたことが、日本はないんです。70年間。これはほんとなんです。自衛隊のカリキュラム、幹部候補生を教えるカリキュラムがそういうふうにできちゃってるんですね。
ボクはあまりテレビは観ないんですけど、今日の朝、たまたまみたら
朝からですね、自民党の安倍さんが出ているんですねCMに。
「この国を守る!」・・筆頭に出てくるのが、北朝鮮の脅威なんですよ。
僕は自衛隊の先生でありますし、国立大学の教員でもありますし、教えてる自衛隊の最高司令官は、安倍首相です。 その立場で非常に言いにくいんですけども。
今、日本の国防の最大の脅威は、安倍政権です。(笑い、拍手)
これは、リベラルな立場で言っているんではなくて、極めて専門的な立場で申し上げています。その理由をおはなしします。
実は、先月、今から3週間前 ぼくはソウルにいました。トランプ政権がこれから戦争やるやる、って言ってる ソウルって、北朝鮮の国境から、50キロちょっとしか離れてないんですよ。
ここから名古屋駅のちょっと先ぐらいです。そこに敵がいるんです。大砲向けてるんです。そこに呼ばれたんです。 
だれが僕を呼んだんでしょう。
アメリカ軍、陸軍の太平洋地区 最高司令官のロバート・ブラウン大将です。いちばんえらい人です。
ソウルでこの時期に太平洋地区の32カ国の、陸軍の最高司令官だけを呼んだ会議を開くから、そこで講演してほしいと依頼されました。アメリカに呼ばれたんです。
なんで、この時期に、アメリカの陸軍がそういう会議を開くか。
それもソウルですよ、ソウル。
アメリカは、一枚岩じゃないんです。
アメリカには大統領府がある。イケイケどんどんですね。安倍さんみたいに。
アメリカには、国務省があるわけです。外務省にあたる。
国防総省があるんです。軍があるわけです。軍の中でも、陸、海、空とある訳です。その中の陸軍です。戦争回避したいんです。彼らは。
なぜかというと、戦争が始まっていちばんおはちを食うのは、陸軍なんです。
それは、空軍であれば、基地を飛び立って、爆弾落として帰ってくるだけ。それだけですよ。爆弾落として、そのあとどうするんですか?
敵を倒すのは政権を倒すのは簡単なんです。アメリカの技術をもってすれば。
金正恩なんて、すぐ殺せます。
なぜ、それをしないのか。 リスクを考えているからですよ。
戦争というのは、敵国の政権を倒すだけで終わりじゃないんです。
その後に、人民がいるんですよ。
その人たちを統治しないといけないんです。そこではじめて、戦争に勝ったというんです。
日本人わかんないでしょ、この難しさ。だって、我々はうまく統治されたわけですよ。私たちは唯一の成功例なんです。我々が。
ところが戦後、アメリカはアフガニスタンで失敗した。だから私が呼ばれたんです。その前はベトナム。イラク。すべて、敵は倒したけど、そのあとの占領統治で失敗した。つまり、戦争に失敗してるんです。
だから、「開戦した場合のコストとリスクを将軍たちに教えてくれ」、という依頼でした。
これも、アメリカなんです。
大統領は、やれやれ言ってますけど。そこを考えて、じゃぁ日本政府はどうするか、って考えなきゃいけないんですよ。
ところがどうしたわけか、トランプ政権の足元で、きゃんきゃん、きゃんきゃん、小型犬みたいにきゃんきゃん吠えてる国があるわけです。これが残念ながら、我が国の首相なんです。
もし、開戦したらどうなるか。ソウルが火の海になる。50キロしか離れてない。
米軍を胎内に置く我々も狙われるかもしれない。たぶん、そこまでだったら、アメリカは総力をかけてあの政権を倒すでしょう。 倒した後が、問題なんですよ。
だって、200万人いるんですよ。あっちの軍が。
トップの首を落としたら、簡単に投降すると思いますか? しないんです。
そっからが大変なんです。内戦になります。
アメリカはいつでも、手を洗って、自分のとこに帰ってきます。
戦場となるのは、朝鮮半島かもしれない。ソウルかもしれない。もしかしたら日本かもしれない。
これが日本や韓国、こうした立場に置かれた国を「緩衝国家」といいます。
つまり、大国の戦争の狭間にある。戦場となるのは、我々なんです。
アメリカ本土じゃないんです。それも、通常戦力でできるわけです。何万人も死にます。試算が出てます。
だから、気をつけてほしいわけです。だって、アメリカの陸軍の軍人たちが、自分たちの代表に、気をつけさせるために、こういう会議を開いてるんですよ?
なーんで、日本の首相が煽ってるんですか?  ・・でしょ?
今、会場にお子さんたちがいらっしゃいますが、今ある平和がお子さんたちの代に、もし、なかったとしたら、それをそういうふうにさせる、最大の脅威は、
大変申し訳ないけど、安倍政権です。 安倍政権です。
ぜひ、これは、ほんとに ご近所の方に、ここに来られているみなさん、伝えて下さい。このままにしていたら大変なことになります。 ぼくだけじゃないんですよ、実は言ってるのは。自衛隊のOBたち、それも幹部経験者の一部の方はキャンペーンをはじめました、実は。粛々と。反政府運動はできないけども、立場としてね。安倍さんのあのやり方は、まずい。日本の国防を脅かす。
国防をだれよりも知ってる方が、そういってるんですよ。
絶対、安倍政権は倒さなきゃいけない。
山尾さんの話をします。
山尾さんが勝たなきゃならない理由はふたつあります。
一つは、もちろん、ここの自民党に負けるわけにはいかない。あったり前です、こりゃ。 絶対に勝たせてあげて下さい!
もう一つは、たとえ山尾さんがここで勝っても、たぶん、自公の力は弱まらない。つまり、ここで山尾さん勝っても、自公に勝てるわけじゃない。
それに対抗するには、それに反する勢力が、まとまらなきゃいけない。
まとまってますか?いま。 まとめる力が必要なんです。
それを期待しているんです。 (大きな拍手)
今回、幸か不幸か 無所属になったのは、ボクは結構うれしいんですね。逆に。
だからこそ、彼女のしがらみのない発言とか、指導力が、逆に発揮できる。
で、並み居る政党が、逆に彼女の元に集う。
その力を見初めたから、僕は彼女を応援しているんです。(大きな拍手)
野党をまとめるために、山尾しおりが必要です。
それだけじゃないんですね。僕が彼女に期待するのは。
戦後、世界のモラルに影響を及ぼすような、リードするような、日本の指導者、現われましたか?
たとえば、今のカナダの首相、トルドーさん。かっこいいですよ!難民とか、イスラムとの戦いについても、米国にはない新しい価値観。 忘れちゃいけない、ドイツのメルケルさん。また政権を維持しました。ああいう、一国のリーダーだけじゃなく、それ以上のものに。
その力を 彼女に、ボクはみたんです! (大きな拍手、歓声)
絶対、彼女はやるでしょう!  ね。
ボクは、ついて行きますよ(笑)ホントに。 あの、側近として。こき使って結構ですから。(拍手)
そういうわけで、今日の僕のメッセージは二つです。
絶対勝たせなきゃいけない理由は、この地元です。
もう一つは、彼女は、日本を率いるリーダーです。
世界のモラルをリードする人間です。 そこです。
ほんとにほんとに、僕は、なにもしょってません。一研究者ですから。
安全保障専門家を自負しています。
今の自衛隊の幹部すべて、幸か不幸か どんなにえらい自衛隊の幹部でも、戦ったことないんです。それはよかったかもしれない。
ボクは逆に戦う現場にいました。国連の多国籍軍を率いる立場にありました。アメリカ兵とも行動を共にしました。 実際 僕の命令で、人が亡くなっています。
その立場の人間として申し上げます。
今一度、申し上げます。
安倍政権をこのままにしておいたら、我々の子ども、孫、今ある平和は続きません。
最大の 国防の脅威は、安倍政権です。これを、僕の立場で、申し上げます。
ありがとうございました。  (大きな拍手


手抜き料理の定番 「おかずイラズ」
c0243877_11134396.jpg











×
[PR]
# by michi-no-yuri | 2017-10-21 11:15 | Comments(0)

二十一日 その一  トランプ政権の足元でキャンキャン吠えている小型犬。

雨の秋葉原での枝野代表の演説をたくさんの人が真剣に耳を傾けていました。
その眼差しには、期待するという以上に切実で一途な気持ちが込められているようでした。
こんなにも、現実の生活にも国の将来にも不安や不満を感じている人が多いのかと思いました。
枝野コールが起きたときはつい涙が溢れました。
わたしも同じ立場なのに、神さま、どうか、この人たちの願いを叶えて上げてくださいと祈るような気持ちになりました。

総理のヨイショ本を出したばかりの小川栄太郎さんが、解散について、「米朝危機に備えるための判断だろう」と言い、トランプ大統領と総理は蜜に連絡を取り合っているから、先制攻撃の可能性も聞いているのではないかと言っています。
これからも分かるように、かれら総理のゴロツキ仲間がいかに戦争を望んでいるかということです。
いよいよ集団的自衛権が行使されるときが来ると胸を高鳴らせているのでしょう。
どうせ死ぬのは他人だから、、、、
(ナニを考えているんだ!!!)


c0243877_10294227.jpg


北のチェ.ソンヒ北米局長が、先の訪ロから一月も経たない17日にまた、核不拡散に関する国際会議に出席のため訪ロしました。
北の核は主権保持のために必要なのだと言いました。
日本に主権はあるのかという、もう考えたくない問題を突き付けられたようで、一挙に気が重くなりました。

きょうの「徽宗皇帝のブログ」に、山尾志桜里さんの応援演説をした伊勢崎賢治さん(自衛隊統合幕僚学校教授)の発言の全文が転載されていました。(文字起こしをされた人に感謝します。)
戦争を知っている人は戦争を忌避します。
総理は戦争を知りません。
子どもといっしょで、戦争は「カッコいい」ものだと思っているのです。
そんな人間が戦争をしようといているのです!
(トランプ政権の足元で、きゃんきゃん吠えている小型犬が、わが総理だそうで、実に言い得ています。)

発言の中で、山尾さんを支持する理由の一つは
「戦後、世界のモラルに影響を及ぼすような、リードするような日本の指導者が現れましたか」
ということで、それを山尾さんに期待すると言っておられるということは、不倫問題なんか歯牙にもかけておられないということでしょう。(わたしもそうですが)
「その二」として、全文を転載します。
拡散されんことを願います。


c0243877_10301792.jpg











×
[PR]
# by michi-no-yuri | 2017-10-21 10:33 | Comments(0)

マスコミはいつだって土壇場で裏切る。

総理は最後の演説を因縁の場所である秋葉原で行うそうです。
「オマエのかあちゃん出べそ」と言われたことが悔しくて悔しくてなんとか仕返しをしたい子どものようです。
自分がなぜ野次られるかなんか考えたこともないでしょう。
やられたらやり返さずにいられないのは小泉さんもそうでしたが、子どもの総理とは違い小泉さんはどこまでも陰険だったように思います。

メディアは、番組や記事の冒頭に、まるで枕詞のように「300議席超え」をくっつけます。
森友、加計では総理を結構追いこんでいたのに、いつだってメディアは土壇場で裏切るのです。
新聞も民放も広告で成り立っているので電通(CIA)には逆らえないということでしょう。

日本は国連からの選挙監視団を三度断ったということですが、どうやらアメリカが反対したからのようです。
どこかの独裁国か後進国に思われてシャクに触ったということもあったのでしょうが、実際、そう思われるようなことをしているではありませんか。
日本は後進国どころかアメリカの属国なのに、だれもそう思っていないことにわたしは絶望するのです。

不正ではないのなら、オンライン投票やシール投票の結果との圧倒的な乖離をどう説明するのでしょう。
オンラインはネット民限定だということなら、シール投票をしているのは、ほんとうにどこにでもいる普通の(底辺の?)国民です。
わたしは、そこにほんとうの国民の声があると思っています。

もう、三〇〇議席超えは既定事実なのでしょう。
そう覚悟しておいて、今後に備えるべきだろうと思います。
にわかには信じられませんが、23日には、加計が認可されいよいよ加計幸太郎が登場するらしいです。
今治市に96億円の補助金を申請して即受理させたという大物の顔をとくと拝見しようではありませんか。


c0243877_10444985.jpg











×
[PR]
# by michi-no-yuri | 2017-10-20 10:49 | Comments(0)

安倍政権5年ですべての分野が中国に追い抜かれた?

ヘリコプターや小型機の墜落事故が相次いでいます。
とくに自衛隊機の事故が目を引きます。
国のトップがアレで、自衛隊のトップの統合幕僚長がアレだからとしか言いようがありません。
実に、実に、そういうことなのです。
二人が今の地位にいる限り事故は続くと思って間違いありません。

中國では19回目の党大会が開かれ、そこで習主席は政策の成果を滔々と述べたようですが、なかでも汚職撲滅の成果を強調したということです。
ところが、わが日本では、汚職という言葉さえ死語になったのか耳にすることが無くなりました。
もちろん、汚職が無くなったわけではなく、むしろ汚職が当たり前になったことが原因だとしか思えません。
権力闘争の側面もあり、中國のように徹底的にやるのがいいのかどうかは分かりませんが、少なくとも、トップが綱紀粛正を掲げて自ら範を垂れないでどうするのかということです。
まあ、総理のことですから、口先で綱紀粛正を言うのは平気でしょうけど。
森友、加計をこれ以上追及することは政治不信を招くとか、北朝鮮問題の前に森友、加計など取るに足らない問題だとか言う人がいますが、その考えは決定的に間違っています。
これをスルーして前に進むことはできないのです。
それをしたら、民主主義が完全に死に絶えるのです。
それをしたら、もう戦争へまっしぐらになるのです。


c0243877_11434340.jpg


中國は、軍隊を今世紀中頃までに世界一流の軍にすると言っています。
閲兵式やパレードでの中國兵を見て感じるのは士気の高さです。
非常に統制がとれていることです。
日本が中国を下に見ている間に、経済、軍事、技術、道義などすべての分野が追い抜かれていたとは言えないでしょうか。
うさぎと亀の、日本はうさぎでした。

神戸製鋼が長年にわたって強度を改ざんしていたことがわかりました。
これほど日本の信用を失墜させた事件もありません。
日本の凋落を象徴する事件となりました。
すべてはトップの責任です。
総理は戦争しか考えていません。
支持者はそういう総理だから支持しているのです。
日本の弱体化が極限まで来ました。
それでも戦争しようと思うような狂った人間が総理なのです。


c0243877_1144124.jpg












×
[PR]
# by michi-no-yuri | 2017-10-19 11:46 | Comments(0)

国を守るとは生活を守ることです。

スペインやイタリアで観光客排斥が起きています。
日本ではそこまで発展することはないでしょうが、相当な不満がくすぶっていることは事実でしょう。
2年前、観光客が日本で使ったお金が3兆5千億弱だったと言いますから凄い金額です。
政府が当てにするのも無理からぬことですが、自分たちの失政、悪政を観光客の賑わいと落とすお金で誤魔化しているのかもしれません。

きのう、そこだけチラッと見たのですが、池上さんが、Pac2の的中率は9パーセントだったが、その後のPac3は性能が良くなったとは言いましたがパーセンテージは言いませんでした。
言えなかったのでしょう。
日本はアメリカからそういう兵器を買うことで、いかにも国を守っているように思わせているのです。
「日本を守りぬく」とはそういう意味なのだと思います。

北が蹴ったとはいえ、ロシアが南北朝鮮の話合いの仲介をしたというのはグッドニュースでした。
米韓軍事演習をしているときに、北が乗れないのは当然でしょう。
アメリカはほんとうに東アジアから出て行ってほしい。
きのう、ベルリンの壁が崩壊したあと、それに続いて南北朝鮮を隔てる38度線もなくなる日も近いのかと期待していた遠い日のことを思い出していました。
しかし、そのときから28年が過ぎました。
アメリカが東アジアでのプレゼンスを維持するために38度線はあるのだろうと思いました。
そのアメリカの覇権の維持に寄与しているのが日本という国なのではないでしょうか。
安保法案、集団的自衛権がいかに日本にとって屈辱的な条約か、それを嬉々として受け入れる政府や自衛隊に日本人はいないのか、日本男児はいないのかと、わたしはどれだけ悲憤慷慨したかしれません。


c0243877_1026447.jpg


冒頭に話を戻しますが、ベネチアの女性が観光客のせいで街から活気が失われたと言っていたのが強く印象に残りました。
なぜだか分かりますか。
活気というのは、生活の中からしか生まれないのです。
かの女は、このへんには魚を売る店が立ち並んでいたのに、いまはそれが土産物店になってしまったと。
すべてが観光客仕様になってしまったと。
活気のもとである生活が観光客によって片隅に追いやられてしまったのです。
観光客は、ただ通り過ぎていくだけの人間です。
通り過ぎていく人間がそこの生活や文化を破壊しているのです。
大のおとながゴンドラに乗って、パスタを食べて、チャチなお土産を買って何が楽しいのでしょう。

国を守るとは、生活を守ることです。
それがまったく分からないのが安倍政治なのです。


c0243877_1027256.jpg











×
[PR]
# by michi-no-yuri | 2017-10-18 10:32 | Comments(0)

敵は危機感を募らせている。

きょうの産経の一面トップは「自公3分の2超え」でした。
きのう出掛けにテレビにチラッと目をやると、情報番組の画面の上に「自公300議席ナントカ」というテロップが出ていました。
テレビはきのう、さかんに世論調査の結果を流していましたが、わたしは耳を塞いでいました。
選挙期間中に予想や世論調査の結果を報じることは許されるのでしょうか。
総理が福島の農村部で最初の演説を行ったとき、集まった人々におにぎりを配ったとかを問題にする人がいましたが、まるで、国民がおにぎり一つで買収されるかもということが前提にあるわけですから、これほど国民をバカにした話はありません。
そんなケチな現物支給で人のこころは動きません。
そんなことより、世論誘導の操作や工作が問題なのです。
なぜ、新聞は3分の2超えなどと書きたてるのでしょうか。
なぜ、テレビは画面に300議席確実などというテロップを出したままにするのでしょうか。
投票を欠かさないわたしでさえ虚しさや無力感に襲われるのですから、他は推して知るべしと言えば傲慢に聞こえるかもしれませんが、実際そういうことではないでしょうか。
わたしはいままで棄権の言い訳に「だれがなっても変わらない」と賢しら顔で嘯く人をどんなに憎んできたかしれません。
だれがなっても同じだから、安倍総理でいいとでも?
モリカケ隠しのために解散するような総理です。
これからも追及が続くようなら、総理はこんどこそ戦争に踏み切るでしょう。
自分一人の嘘を守るために戦争するような人間です。


c0243877_10585670.jpg


前原さんは民進党という泥船から仲間を救うのだと「希望の党」という船に乗り移らせました。
しかし、前原さんも騙されていたのかもしれません。
民進党を潰滅させるために準備、用意されたのがその名も「希望」という奴隷船だったとは考えられないでしょうか。
みんなで「希望の党」へ行くことになりましたと言ったときの前原さんの顔は、言われているような湯上りかと見紛うばかりに艶々していましたが、時の経過とともに艶やてかりが消えていきました。
今更、騙されていたと気がついてももう後に退くことはできません。
だれに騙されたのですか? 
だれに操られていたのですか?

これだけ自公優勢を喧伝するのは、よほど日本の支配者が危機感を募らせている証拠です。
やっぱり、300超えたという結果にするためのアリバイ作りなのです。
もっと危機感を募らせてボロを出せ!


c0243877_1101184.jpg










×
[PR]
# by michi-no-yuri | 2017-10-17 11:01 | Comments(6)

諸悪の根源「電通」を疑え。

きのう書き忘れたのですが、大手の新聞各紙が同じ日に同じ記事を報道したら、電通の関与を疑わなければいけないということです。
朝日は自社独自の調査と分析の結果だと言っているようですが、全マスコミが同じ分析結果になって、同じ日に報じるというような偶然があるのかどうか、わたしには信じられません。
CIA、ジャパンハンドラーが電通に命じ、電通が各社に同じ記事を配信したと考えるのが自然ではないでしょうか。

きのうの報道特集で、ロシアの対日スパイ工作について当事者たちに取材していましたが、わたしは、ロシアだけが禁断のスパイ行為をしているような印象操作を感じないではいられませんでした。
日本が独立国家なら、ロシアだけではなく、たとえ同盟国とはいえアメリカの工作にも同じような対応が求められなければならない筈ですが、実際は、日本のインテリジェンスはアメリカの諜報機関と一体というかその下部組織になっているのではありませんか。
CIAが世界で何をしてきたか、どれだけの陰謀を仕掛け、どれだけの人を殺してきたか、世界を動かしてきたのはCIAだと言っても過言ではないのではないでしょうか。


c0243877_11255956.jpg


日本の選挙も例外ではなく、日本を支配し続けるために不正な工作をすることなど朝飯前です。
マスコミは第四の権力だと言われていますが、権力者が世界を、国民を支配するためにはマスコミの掌握は必須要件です。
これほど有益で便利なツール、装置はないからです。
総理はそれを知悉しているから、マスコミの中にスシ友をたくさん作るのです。

今回の民進党解党ですが、2年以上前から、前原、細野、長嶋などの面々が、そのために動いていたようです。
かれらが橋下徹と会っていたのはそのころだったでしょうか、わたしは嫌な予感がしてならなかったのですが、やはり、維新との合流が決まっていたというのです。
その維新の話が流れて希望の党になったということでしょうか。
小池さんも含めて、かれらはジャパンハンドら―の子飼いと言ってもいい工作員です。
もともとアメリカありきの人たちだったからか、かれらに国を売っているとか、魂を売っているという意識や感覚はなさそうです。
こういうのがもっともタチが悪く、わたしとしては意識して売国してほしいと願わずにいられません。
無意識だから罪が軽いということはありません。
無意識は無明に通じ、もっとも罪が重いのではないでしょうか。


c0243877_11263295.jpg










×
[PR]
# by michi-no-yuri | 2017-10-15 11:28 | Comments(0)

「あんた」ではなく「おまえ」と呼ばれる総理大臣。

公示日翌日の11日に、大手新聞各社が、自公の優勢を一面トップでいっせいに報道しました。(わたしは当初産経だけかと思っていました。)
11日までの世論の動向を分析した結果だということでした。
自民の惨敗という声は聞きましたが、マスコミはどこの声を聞いたのでしょうか。
わたしはすくなからずショックを受け、虚しさに襲われましたがすぐに立ち直りました。
これは電通経由のアリバイ作りだなと。(後で、ポストさんも同じことを言っていたのを知りました。)
ばりばり「ムサシ」を使う気だなと。
いつまでそんなことをするのかと、わたしは怒り悲しみました。

愚直という言葉とは1ミリも縁のない総理が、だれに教えてもらったのか、最近さかんに愚直、愚直と言っていますが、「おまえが言うな」「おまえだけは言うな」と怒鳴りたくなります。
(それにしても、国民から「あんた」ではなく「おまえ」と言われた総理がかって存在したでしょうか。)
何べん裏切られても、わたしは投票所に出向いて貴重な一票を投じ続ける。
千人分くらいの気持ちを込めて一票を投じる。
電通やCIAが何をしようと、わたしは愚直に投票し続ける。
総理、こういうときに愚直という言葉を使うのです。
あんたのどこにそれがありまあすか。
あるのは「愚」だけではありませんか。


c0243877_1061540.jpg


きょうの「徽宗皇帝のブログ」に、新聞が選挙結果の予想を公表するのは公職選挙法違反ではないかという「カマヤン」さんのツイッターを紹介しておられます。
ほんとうにそうです。
大勢に影響するとは思えない微々たる選挙違反に警察は目を光らせて逮捕までするのに、こういう国の未来を左右する重大な局面での世論誘導の印象操作が堂々と行われているのはゼッタイにおかしいのです。

「そういや、誰か教えて欲しいんだが、序盤情勢の公表って、公選法一三八の三「何人も、選挙に関し、公職に就くべき者を予想する人気投票の経過又は結果を公表してはならない」に当たらないんですかね?」

「序盤で自公圧勝と報道し、投票に行っても変わらないと世論誘導していますね。すなわち、有権者を寝かせる戦略ですね。」



c0243877_1065024.jpg







×
[PR]
# by michi-no-yuri | 2017-10-14 10:12 | Comments(0)

十三日  その二  郷原信郎さんのブログから。

郷原信郎さんが、自身のブログで、総理の「籠池氏は詐欺を働く人間、昭恵も騙された」との発言を首相失格の暴言だと厳しく指摘しておられます。
法曹の人の例にもれず、文章が堅苦しくて長いので、わたしなどは敬遠しがちなのですが、今回の郷原さんのブログはぜひ多くの人に読んでほしいと思います。
わたしは、籠池さんが補助金の不正受給で逮捕と聞いたとき、スピード違反で運悪く捕まってしまうような事案で逮捕されることがあるのかと不思議に思ったものでした。
大なり小なり、不正受給は当たり前に行われていることだと思っていたからです。
これは、5キロくらいのスピードオーバーで逮捕され、長期に亘って拘留されるというくらいの前代未聞のことのようです。
総理は、籠池さんは詐欺で逮捕された人間だとまるで犯罪者のように言っていましたが、耳を疑いたくなるような妄言です。
逮捕も例のないことで、まして裁判にもかかっていないのです。
自分を守るために籠池さんを詐欺師にし、夫人を庇うために妻は騙されたと言って憚らない人間が日本の総理であることが悔しくて泣くに泣けない気持ちです。
そういう総理の浅ましい姿を子どもたちが見ていると思うとたまらなくなります。
アメリカ映画などで、自分が助かりたいばっかりに卑怯な行動をとる男がよく出てきますが、そういう人間の末路がどうなるかは言うまでもありません。
これほどまでのモラルハザードをわたしは初めて自分の目で見ました。
もう、道義的に日本は行きつくところまできました。
後はありません。


c0243877_13572126.jpg











×
[PR]
# by michi-no-yuri | 2017-10-13 13:59 | Comments(0)

十三日 その一  わたしはもう家族会の涙を訴えを信じない。

トランプ大統領と横田早紀江さんが面会することを産経が一面で報じています。
総理が先般国連総会に出席した時に直にトランプ大統領に要請したということです。
わたしはすでに家族会には同情しなくなっていますが、このごろは、後世の歴史家は日本の改憲や右傾化をアシストするのに家族会は大きな役割を果たしたと書くのではないだろうかと思っています。
もし、家族会が、「子どもが北にいるのです。どうか制裁や圧力をかけないでください。どうか対話を。」と言ってきたのなら、日本がここまで右傾化することはなかったのではないでしょうか。
安倍総理は拉致問題を徹底的に政治利用してきました。
拉致被害者を取り戻せないのは憲法が壁になっているからだとして改憲を煽ってきました。
北は対話が通じる国ではないと、一回も対話することなく言い続けてきました。
そしていま、北朝鮮憎しの感情を国民に植え付けたせいで、北をやっつけろという好戦的な世論が台頭するに至りました。


c0243877_11235587.jpg


総理は北への圧力強化をアメリカに頼み、トランプ大統領は、日本からお金を引き出すために総理の頼みを聞いているフリを続けています。
「マスコミに載らない海外記事」によるとアメリカは
「アメリカ経済は、中東での戦争と、世界中での膨大な軍事拡大で疲弊しつつある。膨れ上がる赤字と、産業空洞化や世界的貿易協定による壊滅的影響を背負っている」
ということです。
トランプ大統領は日本からお金を引き出したいし、総理は個人的な野心のためにトランプ大統領を利用したいということで、両者はウイン.ウインの関係なのです。
日本は総理一人の野心の為にどんどん貧しくなっていきます。
わたしは、武力攻撃をちらつかせるトランプ大統領に期待する家族会の人たちのこころが理解できません。
だから、わたしはもう家族会の涙の訴えを信じません。
それによって、いままでどれだけ国益を損ねてきたか、この先どれだけの国難をもたらすことになるか分からないのでしょうか。
総理が自分一人の野心のためにアメリカに頼っていることが、日本を滅ぼすことになります。
国民には、北の攻撃からみなさんのいのちと安全を守るのだと嘘をついて戦争へと誘導しています。
その嘘を信じて、森友、加計なんかどうでもいい、日本を守ってくれるのは安部総理しかいないと思っている国民が増えているというのです。


c0243877_1124995.jpg











×
[PR]
# by michi-no-yuri | 2017-10-13 11:32 | Comments(0)

嘘を聞かされることに疲れました。

総理はもう党首討論に出てこなくていい。
嘘を聞かされるのにも限界です。
それに、加計幸太郎さんや昭恵夫人の国会招致にはゼッタイ応じないと固くこころに決めているようですし。
疾しいことがなければ、幸太郎さんだって昭恵さんだって出てきて喋りたいはずなのですが、逃げ回っているところを見るとやはり疾しいのです。
11日の公示日の出陣式では、夫に代わって昭恵さんがこぶしを突き出してガンバロウ三唱をしていましたが、実に元気で堂々としたものです。
元気が有り余ってどこにでも顔を出したい人が、国会だけは嫌だというのはあまりにも虫が良すぎるのです。
普通なら、総理夫人として公費でスタッフも付いている人にそんな我儘は許されないのです。
ほんとうに、同じ人間かと思うほど、理解の外の夫婦です。


c0243877_11204169.jpg


各党首が森、加計問題についてのコメントをフリップに書いて提示したとき、わたしは枝野さんが「単なるスキャンダルではない。税金の無駄遣い。」と書いていたのを見て、思わず、ちがう、ちがうと声に出していました。
税金の無駄遣いなどいう際限の無い話にして、問題を希薄化させないでほしい。
そんなことは問題の本質ではありません。
権力の私的使用、つまり、私物化と、プロセス、手続きの不透明さと不正が問われているのです。
小さい問題どころか、これ以上重要な問題はないのです。
総理はすぐに加戸さんの証言に話を逸らそうとしますが、加戸さんの言っていることも本筋ではありません。
四国に獣医学部をつくりたいという熱意はよく分かりました、で終わる話です。

幸太郎さんが駄目なら、今治市の市長や職員を証人喚問すればいい。
職員は官邸で誰に会い、どんな話をしたのかなど、よもや忘れてはいないでしょうから。
この選挙で総理を退陣させれば、もう忖度する必要もないのですから真実が言えるのではありませんか。
それに、総理一人の犯罪に自民党が巻き込まれることはないのです。
自民党員がほとほと困っているそうです。
森、加計のことは総理しか知らないことで、何も言えないからです。
延々と嘘の説明を求める段階はとうに過ぎているのです。
嘘を聞くのも疲れました。


c0243877_111785.jpg











×
[PR]
# by michi-no-yuri | 2017-10-12 11:23 | Comments(0)

共産党との共闘を渋っているときではない。

志位委員長が、共闘の力でしか政治は変わらないと言っているのに、枝野さんは共闘ではなく連携だとトーンダウンさせて、真の野党共闘に期待する支持者をがっかりさせました。
共闘と連携がどう違うのか、調べてもほぼ同じ意味です。
なぜ、枝野さんは共闘という言葉を避けるのかと考えて、やはり連合の存在があるのかなと思いました。
枝野さんが党を立ち上げてすぐに向かったのが「連合」でしたが、そこで共産党との共闘は駄目だと釘を刺されたのかもしれません。
しかし、そんなことで共闘を忌避している場合でしょうか。
この日本が戦争に向かうかどうかの瀬戸際なのに。

民進党が消滅したのは、党のなかで、小沢さんは嫌、共産党は駄目という偏った頭の固い連中がいていつも足を引っ張っていたからでしょうが、かれらにしたらそれが仕事だったのでしょう。
かれらはトロイの木馬要員だったわけですから。
船長として最後まで残った前原さんも当然そうですが、枝野さんが踏ん切りがつかないのも、少しは木馬に足が掛かっていたからなのでしょうか。
枝野さん、共産党が立憲民主党が立つ選挙区から自党の候補者をさっと引き上げて共闘の強い意志を示しているのに、それに応えないというのは仁義に背くことになりませんか。
「連合」なんてナンボのものですか。
連合の言うことなんかに耳を貸さず、真の野党共闘を熱望する国民の期待に応えてほしい。
そうでないと立党の意味が半減します。


c0243877_1018201.jpg


わたしは、代表選では枝野さんが勝つだろうと思っていたのですが、あっさり前原さんが勝利しました。
「希望の党」構想はきのうきょう始まったことではなく、都知事選以前から練られていたのではないでしょうか。
前原さんが全員「希望の党」に移ると言ったとき、ほとんど異議なく受け入れられたのは、余りにも突然のことで言葉を失ったのかとわたしは想像していたのですが、どうもそうではなかったようです。
先に出て行った細野さんと、最後まで残った前原さんによって相当根回しが出来ていたのではないでしょうか。(だから、前原さんが勝った)
そうでもなければ喧々諤々になっていないとおかしいのです。
もちろん、まったく何も知らされていなかった人もいたのでしょうし、排除される人も前から決まっていたのでしょう。
どちらとも考えが違うようなことを言って無所属で出る人をわたしは怪しいと思っています。
野田さんなんか、洩れた人を支援するためにも無所属がいいと言っていましたが、よくもこんなことをヌケヌケと言えるものです。
あんたのせいでどれだけ前途ある有為な人が落選したことか、、
立憲民主党は躍進はするでしょうが、共産党と共闘すれば大躍進するところです。


c0243877_10542966.jpg










×
[PR]
# by michi-no-yuri | 2017-10-11 10:23 | Comments(0)

安倍昭恵さんには「個」がないらしい。

総理は、加計理事長と昭恵さんの国会招致については十分に説明を尽くしたと言っていますが、なんで未成年でもない昭恵さんに代わって総理が代弁できるのですか。
昭恵さんは自分の行動にたいして、説明も出来ず責任もとれないというのでしたら、そういう人間に公費でスタッフを付けて仕事をさせることを国民は認めないでしょう。
昭恵さんは、あくまで総理夫人であって、個人ではないということでしょうか。
総理のヤジを恐れての予告なしの選挙演説をステルス戦法と揶揄されていますが、夫唱婦随で昭恵さんの存在もステルスなのですか。
表に顔も出せないゴキブリみたいな存在ですか。
昭恵さんに「個」としての尊厳があれば、とても耐えられることではないと思いますが、、
女性の活躍をうたい上げる総理ですが、妻に対するこのような姿勢は女性軽視、女性蔑視の現れではないでしょうか。

加計でも、総理はだれ一人わたしから指示を受けたと言っている人間はいないと言っていますが、加計学園は今治市に96億円の補助金の申請をし、それを今治市長は独断で即決しているのですが、何のお墨付きというか担保もなくこんなことはゼッタイにできません。
また、今治市の職員が官邸を訪ねていますが、官邸側は記憶も記録もないの一点張りです。
そのとき、たまたまだったのか、居合わせたのか、下村元文科大臣から、頑張ってくださいと声をかけられたという証言もあります。
(この人物だけは落選させてほしい。)
しかし、遠からず総理の悪業は白日の下にさらされることでしょう。


c0243877_11574659.jpg


中野正志というオッサン(これ以外に呼びようがない)の「日本のこころ」は参議院議員のオッサン一人だけの党です。
得票率の2パーセントをクリヤーしているようで、民主主義だから我慢していますが、ほんとうに不愉快な人物です。
党代表だった中山恭子さんは「希望の党」にいきましたが、夫のなりあきさんと共にこれほど老醜を晒し晩節を汚している夫婦も珍しい。
小池さんは安倍一強にノーとしながら、安倍さんを首相にと思っている夫のなりあきさんを比例の一番にしています。
松井知事は首相指名は片山虎之助さんだと言っていましたが、初めて聞くことで、ほんとうにおかしなことばかりです。

前原さんは民進党を消滅させた人物として政治史にその名が残るのですが、と同時にというか、それ以上にユダとか裏切り者という名前が人口に膾炙していくことでしょう。
これだけのことをするには、よほど強力なバックの存在があったということで、そのバックは小池さんも共有しています。


c0243877_115817.jpg











×
[PR]
# by michi-no-yuri | 2017-10-10 12:00 | Comments(0)

岩下さん、そういうことは言わないでください。

枝野さんについては、黄門さまの七奉行の一人というイメージが強過ぎていままで好感を持っていませんでした。
しかし、「徽宗皇帝のブログ」にも学生時代のエピソードが紹介されていましたが、わたしも最近の枝野さんのインタビュー記事を読み、偉そうに言うわけではありませんが、この人は経験を踏まえて考え、進化(深化)していく人なのだと思って見直したところでした。
また、間髪置かずに「立憲民主党」を立ち上げた行動力、決断力も評価していいのではないでしょうか。

ところで、きのうの岩下俊三さんの「よたれそつねのつねならず」の記事に、わたしは大いに違和感が残りました。
小池百合子さんは
「(いざとなったら)ペンギン男を前原を通して引き入れる算段もあるようだしペンギン君だって新党を結成したのは前原がこぼした仲間の救済が主で「実は」かの「黨」との親和性があるからではないのだから意外と容易だろう。」(注、ペンギン男とは枝野さんのこと)
と書いておられます。
いままでも、岩下さん、それを言ってはおしまいよと思うような利敵行為に等しい言論がよくありました。
もちろん、先のことは分かりませんし、人間のこころもいつも揺らいでいますから、100%信じることなどできるわけはありません。
しかし、ここは枝野さんを信じて応援するしかないのではないでしょうか。
裏切られることを予想していては何もできません。


c0243877_1146321.jpg


こういうのを敗北主義? ニヒリズム? シニシズム?とでも言うのでしょうか、いえ、もっとしっくりする表現がありそうですが現時点では思いつきません。
(岩下さんをシニカルな人とは思っていませんが)わたしはシニカルな人が嫌いです。
世捨て人も嫌いです。

また、野党だけではなく与党にも手を突っ込まない限り政界再編などできっこないと書いておられるのも「?」です。
わたしはず~つと自民党が割れることを期待してきましたが、そういう形での再編が無いとは言えないのではありませんか。
(自、社、さの例もあることですし)
元厚労大臣の田村憲久さんが街頭に出て、総理は加計疑惑をきっちりと説明せよと言ったそうです。
自民党内でも、加計疑惑隠し解散だという認識を持っている人はたくさんいて、それへの不満や怒りが充満しているかもしれません。

どうか、党首討論で憲法論議はしないでください。
総理はあくまで憲法論議を仕掛けてくるでしょうから、決してそれに乗らないでください。


c0243877_11451725.jpg











×
[PR]
# by michi-no-yuri | 2017-10-08 11:49 | Comments(0)

民主主義が懐かしい。

少しづつ「希望の党」の本心が見えてきたようです。
小池さんが、「自、社、さきがけ」の村山政権を持ち出したことで、
そういう連立を考えているのだということが。
石破さんとも早くから話が出来ていたのでしょうか。
安部総理はカヤの外ということで。
小池さんは昭恵さんや加計理事長の国会招致についての質問に、「ネガティブな印象がついてしまった特区制度をきっちり動かしていく流れにおいて情報公開、国会招致が可能か検討する。」と答えていますが、あくまで特区ありきなのです。
いかに、竹中平蔵に吹き込まれて特区、特区と言っているかということがよく分かります。
大坂の都構想もそうですが、もちろん、竹中平蔵がトップではなく、その上に、小池さんも親しいジョージ.ソロスとかマイケル.グリーンの存在があり、さらにその上に君臨するのが、、、
「戦略特区」とは日本収奪、日本解体だということを肝に銘じておかなくていけないのです。
TPPが流れても、かれらは痛くも痒くもありません。


c0243877_1114243.jpg


アメリカは日本を統治するのに、日本に不満や恨みを持つ人間を重用しました。
在日朝鮮人がそうですが、竹中、橋下両人もそうです。
恨みの因をつくった日本や制度が悪かったということですが、それへの自覚も反省もなく、解禁でもされたかのように中、韓へのヘイトが猖獗を極めています。
「正論」「will」「Hanada」などがそうですが、「言論の自由」の範疇を飛び越えていませんか。
その一方で、言論統制が忍び寄っています。
しかも、こういう雑誌に名をつらねている右翼(保守ではない)言論人やその読者は、自民党ではなく、安倍総理個人を支持しているのです。
なぜなら、自分たちが熱望する戦争を実現してくれるのが安倍晋三だと思っているからです。

加計もそうですが、レイプ魔の山口敬之を必死で逃がしているのは、自分へのヨイショ本を2冊も書いてくれた人間だからです。
そんな人間を逮捕させられるわけがないのです。
しかし、総理がいくら必死で逃がしても、総理自身の命運が尽きかけているというか、尽きているのではないでしょうか。

それにしても、よくも日本国民はここまで総理個人の日本私物化を許してきたものだとホゾを噛む思いです。
失ったものへのノスタルジーのように、民主主義が懐かしく思えます。
それが、ほんとうのノスタルジーになるのかならないかの分水嶺になる選挙かもしれません。
「立憲民主党」 がんばれ!

c0243877_1115769.jpg











×
[PR]
# by michi-no-yuri | 2017-10-07 11:06 | Comments(2)

似たもの同士の異次元夫婦。

テレビが、北朝鮮の核ミサイルが東京に落ちたらというシミュレーションをしていましたが、卑劣な手を使いますね。
とはいえ、投票日までに、北のミサイルがより日本本土に近いところに打ち込まれないとも限りません。
そうなると、やはり、国を守ってくれるのは自民党だということになって一挙に自民党に票が流れないとも限りません。

社民党の選挙用のスローガンが「憲法を生かす政治」だということでがっくりきました。
もっと、具体的な、感情に訴えるような言葉でないと駄目なのです。

(前にも書いたことですが)過日、車である町を通りかかったとき、何本かの電信柱の「打倒安倍」のビラを見て非常なインパクトを受けました。
革命前夜を彷彿させました。
ビラは各戸のポストに入れるのではなく、このように、信号待ちや渋滞で目にすることがいかに効果的であるかをそのとき知りました。
(電信柱のビラは違反なのでしょうが)
「打倒安倍」でないといけないのです。


c0243877_11145275.jpg


きょうの新聞で、総理が「いま、求められているのは国際社会と連携していく外交の力なのです。」と言っているのですが、自分の外交(をしているフリ)がB層に受けていることを知っているのでしょう。
世界と連携などしていません。
アメリカとだけ口先で連携しているだけです。
ほんとうに、一から百、千まで嘘です。
言っていることの逆が真実だと思えば間違いありません。
その典型が「日本を守り抜く」という嘘です。

地元下関の事務所開きで、妻の昭恵さんが、「もう一度、主人に大きな仕事をさせてください」と言ったそうです。
憲法改正を指しているのでしょうが、昭恵さんはそれが戦争への道だということが分からないというか分かろうともしていないようです。
普通の妻なら夫の嘘は簡単に分かるのですが、昭恵さんも夫に劣らず嘘つきの権力大好き人間なのですからお手上げです。
この夫婦はいままでの日本人像、日本人観を根底から覆してしまった異次元夫婦なのです。

「希望の党」ばかりがテレビを独占している感があり、その影にかくれてしまっている総理は、テレビには出たいが、加計のことを言われたくないというジレンマがあって痛し痒しの状態ではないでしょうか。
だれか、総理を引っ張りだしてきて「お前が国難」だと言ってくれ!


c0243877_11151363.jpg











×
[PR]
# by michi-no-yuri | 2017-10-06 11:17 | Comments(3)

五日 その二  生活ってなんでしょう。

櫻井よし子さんが小池百合子さんを大批判しているというので、動画を見てみたのですが、最初の1分半で視聴を止めました。
その1分半で桜井さんが、「都民フアースト」というネーミングを聞いたとき、小沢さんの「国民の生活が第一」とイメージが重なったと言ったからです。
一瞬えっ?と思いましたが、すぐに桜井さんの真意が分かりました。
つまり、かの女はどちらも限定的でちっぽけな取るに足らない問題だと言いたかったのです。
わたしをごらんなさい。
わたしは日本の未来を憂いていつも天下国家のことを語っているでしょ?と言いたいのです。
1回の講演料が100~150万円だと言われている人に生活はありません。
中國との戦争しか眼中にない人に、生活=生きる=いのちは分かりません。
だから勇ましいことをいって戦争を煽っていられるのです。
戦争に行くのは他人です。
生活が大事という政治は間違っていると言った稲田さんも同類です。
妻が防衛大臣なのに、防衛関連株を大量に取得するような夫を持ち、自らも不動産を増やすことに余念がないと言われている人に生活は分かりません。


c0243877_12141597.jpg


「神は細部に宿る」という言葉にならって、わたしは「幸せや歓びは生活の細部に宿っている」と言いたいと思います。
同じような意味だと思ってもいいのではないでしょうか。

0-157で、お総菜屋さんをよく利用している人がいることを知りました。
わたしがお惣菜を買ったことが無いのは(コロッケは年に2回くらい買いますが)そういう気持ちが起きないということ以上に不経済だからです。
家族が多いと家計がもちません。

先日、テレビで、料理の食材がキットで宅配される事を知りました。
「保育園落ちた、日本死ね」で、わたしは初めて0歳児を保育所に預ける人がいることを知りました。
もう、「女は家に」はもちろん、赤ちゃんのうちだけでも家で育てるのがいいのではないかということも言えない社会になっていました。
料理など家で作る方がはるかに経済的なのに、女性は生活のためと称して外へ働きに出ます。
生活の細部に宿っている幸せや歓びを知ることもなく、、
生活って何か分からなくなりました。
何のために生きているのか分からなくなりました。


c0243877_12143520.jpg











×
[PR]
# by michi-no-yuri | 2017-10-05 12:16 | Comments(0)

五日 その一  憲法論議に乗ってはいけない!

けさのニュースを見ていて、いよいよ自民党が憲法論議を仕掛けてきたのではないかと思い焦りを覚えました。
野党はゼッタイのそれに乗らずに無視してほしい。
森友、加計から国民の目を逸らすのが目的なのですから。
憲法を争点にしている場合ではありません。
安倍打倒しかありません。

共産党が、立憲民主党が候補を立てるところから自党の候補者を引き上げるという素早い鮮やかな対応をしたことに、わたしは拍手を送りたい。(こうでなくちゃぁ)

亀井静香さんの政界引退には感慨深いものがあます。
人に裏切られることが多く、自分の思想信念をかたちにできずに最後はほぼ一人になっての寂しい引退となりました。
(テレビで見ましたが、30年くらい前の亀井さんはカッコよかったw)
去る亀井さんに代わって、国民新党では同志だった亀井亜希子さんが立憲民主党から出馬するというのは嬉しいニュースでした。


c0243877_10322932.jpg


枝野さんのインタビュー記事を読んで、枝野さんが、経験=反省から多くのことを学んだことがよく分かりました。
3.11のとき、連日のように「直ちに健康に影響するものではない」と言っていた枝野さんを、当時わたしは恨めしく疎ましく思ったものでしたが、 そこから多くの大事なことを学んだ今の枝野さんは評価してもいいのではないかと思います。
「原発については、絶対の安全はあり得ないということだけが絶対なのです。これが教訓なのです。」
「原発を止めるつて、そんなに左派的なんですか?」

と言っていますが、反原発と言えば左翼=プロ市民という公式ができたのは、自民党や原子力ムラの悪質極まる印象操作で、そっくりそれと同じことが辺野古でも起きています。
しかし、枝野さん、選挙では原発や憲法ではなく、安倍打倒の一点で戦ってくださいよ。

「希望の党」が候補者に突き付けた「政策協定書」ですが、かってこのような協定書というか誓約書の類いのものを出した政党があったのでしょうか。
笑ってしまうのが、一番に「寛容な改革保守政党」を目指すと言っておきながらこのような協定書(誓約書)をつくっていることです。
思想調査まがいのことをしていた橋下元市長と体質が同じで、気が合うのもむべなるかな。
きのう、小池知事の歩く後ろに野田数幹事長の姿がありましたが、とてもカタギとは思えないオーラが漂っていました。


c0243877_10325044.jpg










×
[PR]
# by michi-no-yuri | 2017-10-05 10:35 | Comments(4)

こうなったら、「加計」一点で戦うことです。

一次候補発表に出席した細野、若狭の両人はまるで「宦官」(かんがん)のようでした。
個人の尊厳だけに留まらず、基本的人権も小池さんによって去勢されたみたいでした。
いっぱしの男を男でないばかりか人間でさえなくしてしまう小池さんはつくづく恐ろしい女です。
リセット前は、あんなにウキウキと嬉しそうだったのにと思ってかわいそうでした。

ところで、小沢さんが合流の話まで持ちかけたのかどうかまでは分かりませんが、そうだと仮定して言えば、わたしは合流は「あり」だと思っています。
(さきほど、小沢さんが記者会見で言っていたのは、民進党を何とかしたいということで、希望の党との合流までの話ではなかったよう口ぶりでしたが)
小池さんが個人的野心を満たすために立ち上げた党だとしても、候補者がいません。
政治塾の塾生はまだ育っていないでしょう。
自民党に手を突っ込んでいるという噂もありますが、ここに至ってはそれも無理というものです。
解(壊)党寸前だった民進党を救うためと、落選して不遇をかこっている同志を生き返らせるための、窮余の一策だったとしたらどうでしょう。
前原さんの言うように名を棄て実を取るとしたらこれしかなかったとは言えないでしょうか。(前原さんの真意は分かりませんが)
最大の問題は小池さんですが、かの女と組むのは、それこそ一か八かの大博打だったのだと思います。
結局、小池さんのオウンゴールのような発言によって、希望の党は大きく支持を失い、民進党からの移籍組は苦しい選挙戦を強いられることになりました。


c0243877_11191527.jpg


しかし、逆転の一手がありそうです。
希望の党が公認候補と取り交わした「政策協定書」の最後に、「希望の党が選挙協力の協定を交わしている政党への批判は一切行わないこと」との一項があります。
なぜか党名が記されていないのが狡いところですが、そこが付け目なのです。
選挙戦では安倍政権打倒を叫ぶのです。
加計の追及ということ一点に絞って戦うのです。
小池さんは打倒安倍も加計のことも言いませんから、きっと注意、叱責されるでしょう。
そのときは、あら、知りませんでしたと涼しい顔で言えばいい。
除名だと言われたら、それが勲章になります。
移籍組は改憲反対も安保反対も言えないのです。
しかし、森友、加計を言うなとは言われていないでしょう。
だから、もう全力で加計のことを言うしかないのです。
それをしたら、きっと支持を得られますよ。
小沢さんの計画は失敗したかにみえますが、それが「瓢箪から駒」にならないとも限りません。


c0243877_11201328.jpg











×
[PR]
# by michi-no-yuri | 2017-10-04 11:25 | Comments(0)

「希望の党」は「物言えば唇寒しの党」

ここ三日ほど細野さんの顔が見えません。
きのうは若狭さんがテレビで言った「次の次」発言が、さっそく小池さんに否定されていましたが、この陰気なバガボンのパパのような人物は自分が分かっていなかったようです。
二人は自分たちにまったく発言権がないことを今ごろ思い知ったことでしょう。(そのうち、ホゾを噛むことに。)
だから言ったでしょう?
そっちの水は甘くないって。
小池さんは、前原さんに「私以外の者が言うことは基本的に取り合わないでほしい」と言ったそうです!
細野さんの「三権の長云々」発言を指したものでしょうか。

小池さんは、自分(代表)を補佐する「ガバナンス長」という役職を設け、「党内の統括」を行うということです。
「希望の党」の候補者にマイクを向けると、何も言うなと言われている、言えば公認を取り消すと言われていると答えたそうです。
「希望の党」どころか「もの言えば唇寒しの党」で、言葉を奪われて女王蜂の為にただ黙々と仕える働き蜂にされるということです。
小池さんが重用する野田数という幹事長は悪評紛々のヤクザまがいの人間のようですが、こういうところも野田聖子さんと合うのでしょうか。
解散の三日後に、小池百合子、竹中平蔵、松井知事、橋下徹の4人が会っていたそうですが、総理の人脈と重なり、どちらもゴロツキやチンピラが肌に合うところが同じです。
小池さんはさしずめヤクザの女親分で、自分に背く党員はガバナンス長に命じて、「ちょっと、かわいがってやれ」とか言いそうですw


c0243877_10412927.jpg


自民党が公約を発表し、一番が北への「圧力強化を主導する」となっています。
アメリカでは、トランプ大統領が相変わらず吠えている一方で、ティラーソン国務長官が対話の機会をうかがっていますが、日本にはこういう芸当ができないのですね。
ハシゴを外されるかもと感じていても、総理は内心それを歓迎しているフシがあります。
そのときこそ戦後レジームを終わらせることができると。
あえて、孤立に向かって戦前のような状況をつくりたいという気持ちがありそうです。
ほんとうに恐ろしいことです。
極論すれば、総理は森友、加計から逃げるためなら、戦争も辞さないような人間です。
総理の取り巻きというか、「日本会議」の中はそういう考えの人間が主流なのです。
なぜ、北朝鮮を武力攻撃しないのだと総理はせっつかれているのではないでしょうか。
そういう人間への怒りを持ち続けることがもう嫌になってくる。


c0243877_10444812.jpg











×
[PR]
# by michi-no-yuri | 2017-10-03 10:36 | Comments(0)